麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【2/2 Mリーグ2020 結果】ドリブンズ・丸山、フェニックス・魚谷が勝利!ドリブンズが6位に浮上でセミファイナル争いは更に激化!!

【2/2 Mリーグ2020 結果】ドリブンズ・丸山、フェニックス・魚谷が勝利!ドリブンズが6位に浮上でセミファイナル争いは更に激化!!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン68日目の対局が2月2日(火)に開催された。

2月2日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は小林・渋川 ©ABEMA

第1試合

第1試合は丸山、萩原、滝沢、茅森の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は親の丸山と南家茅森の2軒リーチ。アガリがなかなか生まれずに訪れた茅森の最終ツモが丸山のアガリ牌で河底の1ハンもプラスされての跳満のアガリで丸山が大きなリードを得た。

東1局 丸山の18000 ©ABEMA

しかし東2局2本場に親の茅森が滝沢から12000のアガリを決めて失点を取り返す。

東2局2本場 茅森の12000 ©ABEMA

茅森は連荘を続けたが、東2局4本場には茅森のリーチに萩原が追いかけて茅森から一発で5200のアガリを決めて2着争いで一歩上に立つ。

東2局4本場 萩原の5200 ©ABEMA

東4局には滝沢が思い切った手順で門前のチャンタ三色を完成させて2000・4000のアガリを決めて南入。

東4局 滝沢の2000・4000 ©ABEMA

南3局では萩原が2000・4000のアガリを決めて丸山との点差を縮めてオーラスを迎えた。

南3局 萩原の2000・4000 ©ABEMA

萩原は1局連荘したが、1本場では丸山がダブ南ポンからドラを重ねて聴牌。滝沢から8000のアガリを決めて決着。久々の出場で苦しいチームにトップを持ち帰った。

南4局1本場 丸山の8000 ©ABEMA
第1試合トップの丸山 ©ABEMA

第1試合結果
1位 丸山(ドリブンズ)+64.4
2位 萩原(雷電)+12.9
3位 滝沢(風林火山)▲24.6
4位 茅森(フェニックス)▲52.7

第一試合詳細結果 ©ABEMA
第一試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合は村上、黒沢、亜樹、魚谷が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東2局1本場に親の村上が先制リーチで4000オール。チーム連勝に向けて大きなアガリを決める。

東2局1本場 村上の4000オール ©ABEMA

東4局2本場には魚谷が亜樹との競り合いを制して2000・4000のアガリで2着目に浮上して南入。

東4局2本場 魚谷の2000・4000 ©ABEMA

南1局にも魚谷が8000をアガって微差ながらトップ目に浮上した。

南1局 魚谷の8000 ©ABEMA

南3局は村上の親番、魚谷は高め三色のタンヤオ手をリーチ。高めを一発ツモで3000・6000のアガリを決めて一気に抜け出した。

南2局 魚谷の3000・6000 ©ABEMA

南3局は黒沢と村上の2軒リーチ。黒沢が2000・4000のアガリで3着目に浮上してオーラスへ。

南3局 黒沢の2000・4000 ©ABEMA

オーラスは黒沢はダマテンで3900のアガリを決めて2着まで浮上して決着。魚谷が要所の高打点でトップを勝ち取った。

南4局 黒沢の3900 ©ABEMA
第2試合トップの魚谷 ©ABEMA

第2試合結果
1位 魚谷(フェニックス)+56.1
2位 黒沢(雷電)+4.3
3位 村上(ドリブンズ)▲17.4
4位 亜樹(風林火山)▲43.0

第2試合詳細データ ©ABEMA

2月2日トータル結果

ドリブンズ(丸山1着・村上3着)+47.0
雷電(萩原2着・黒沢2着)+17.2
フェニックス(茅森4着・魚谷1着)+3.4
風林火山(滝沢3着・亜樹4着)▲67.6

ドリブンズから久々の出場となった丸山がトップを獲得して順位を6位に上げた。しかしフェニックスも魚谷がトップを死守してポイントを加算。今後のセミファイナル争いが更に激しくなることを予感させた。

2月2日終了時点チームランキング ©ABEMA
2月2日終了時点チームランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top