麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【2/8 Mリーグ2020 結果】サクラナイツが岡田、内川の連勝で2位まで浮上!セミファイナル進出に大きく近づく!

【2/8 Mリーグ2020 結果】サクラナイツが岡田、内川の連勝で2位まで浮上!セミファイナル進出に大きく近づく!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン71日目の対局が2月8日(月)に開催された。

2月8日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋・多井 ©ABEMA

第1試合

第1試合は岡田、小林、魚谷、瀬戸熊の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東場は細かいアガリが続いたが、東4局に岡田が瀬戸熊から8000のアガリを決めて一歩抜け出す。

東4局 岡田の8000 ©ABEMA

南1局の親番でも岡田が立て続けにアガリを決めて一気にリードを広げた。

南1局 岡田の4000オール ©ABEMA
南1局1本場 岡田の1300オール ©ABEMA

その後の2本場も岡田が先制リーチに出たが瀬戸熊が追いかけて一発ツモの2000・4000を決めて3着目に浮上した。

南1局2本場 瀬戸熊の2000・4000 ©ABEMA

南2局は小林が1局連荘するも、1本場では岡田が先制リーチで1000・2000のアガリを決めて局を進める。

南2局1本場 岡田の1000・2000 ©ABEMA

南3局は親の魚谷が平和赤赤の先制リーチ。瀬戸熊から12000のアガリを決めて2着目に浮上した。

南3局 魚谷の12000 ©ABEMA

その後の1本場では小林が平和のリーチをツモって再び2着目に浮上してオーラスを迎えた。

南3局1本場 小林の700・1300 ©ABEMA

南4局、魚谷と小林の点差は2400点。魚谷は仕掛けて南バックの2000点の聴牌を入れていた。親の瀬戸熊が聴牌にたどりつき、リーチ宣言牌で切り出した南を魚谷はスルー。リーチ棒込みでのアガリ、あるいは次局の着順浮上に賭けた。その後魚谷が南をツモって2着再逆転の大きなアガリを決めた。

トップはサクラナイツの岡田が悠々と逃げ切った。

南4局 魚谷の500・1000 ©ABEMA
第1試合トップの岡田 ©ABEMA

第1試合結果
1位 岡田(サクラナイツ)+74.0
2位 魚谷(フェニックス)+4.9
3位 小林(Pirates)▲16.2
4位 瀬戸熊(雷電)▲62.7

第一試合詳細結果 ©ABEMA
第一試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合は内川、朝倉、茅森、萩原が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東3局は茅森と内川の2軒リーチ。茅森が内川から8000のアガリを決めて一歩リード。

南3局 茅森の8000 ©ABEMA

東4局は萩原が4巡目にタンヤオ・平和・ドラ・赤2の跳満以上リーチに出るも内川が仕掛けて1000・2000のアガリでかわした。

東4局 内川の1000・2000 ©ABEMA

南1局は萩原がリーチ。内川からアガって裏3で8000のアガリを決めた。

南1局 萩原の8000 ©ABEMA

南2局は朝倉が積極的な仕掛けで1300・2600のアガリを決めてトップ争いは僅差に。

南2局 朝倉の1300・2600 ©ABEMA

南3局の親番を4着目で迎えた内川だったが、2局連続で4000オールのアガリを決めて一気にトップ目に浮上した。

南3局 内川の4000オール ©ABEMA
南3局1本場 内川の4000オール ©ABEMA

南4局3本場の最終局は2着争いが3者1300点差以内という僅差で迎えた。内川と朝倉が仕掛けて聴牌を入れ、門前聴牌にたどり着いた萩原のリーチ宣言牌を内川が捉えて決着。萩原は悔しい4着落ち、内川はトップ逃げ切りで大きなチーム連勝を決めた。

南4局4本場 内川の2000 ©ABEMA
第2試合トップの内川 ©ABEMA

第2試合結果
1位 内川(サクラナイツ)+60.2
2位 茅森(フェニックス)+1.6
3位 朝倉(Pirates)▲18.9
4位 萩原(雷電)▲42.9

第2試合詳細データ ©ABEMA

2月8日トータル結果

サクラナイツ(岡田1着・内川1着)+134.2
フェニックス(魚谷2着・茅森2着)+6.5
Pirates(小林3着・朝倉3着)▲35.1
雷電(瀬戸熊4着・萩原4着)▲105.6

今日は各チームが2戦連続で同じ着順となった。Pirates、雷電はそれぞれ今日まで7戦、6戦連続連対でスコアを伸ばしてきたが今日はどちらも苦しい戦いとなった。サクラナイツは一気に2位に浮上してセミファイナル進出に大きく近づいた。

2月8日終了時点チームランキング ©ABEMA
2月8日終了時点チームランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top