麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【2/9 Mリーグ2020 結果】麻雀格闘倶楽部・高宮、ドリブンズ・村上がトップ!ポイント差はほぼ変わらず熾烈な終盤戦が継続!

【2/9 Mリーグ2020 結果】麻雀格闘倶楽部・高宮、ドリブンズ・村上がトップ!ポイント差はほぼ変わらず熾烈な終盤戦が継続!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン72日目の対局が2月9日(火)に開催された。

2月9日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は小林・渋川 ©ABEMA

第1試合

第1試合は丸山、白鳥、亜樹、高宮の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局、東2局と白鳥が打点は小さいが他家のチャンス手をかわすアガリを決める。

東1局 白鳥の2000 ©ABEMA
東2局 白鳥の2600 ©ABEMA

東3局は丸山が先制リーチに出るも亜樹が役役三暗刻ドラドラの聴牌。丸山から跳満のアガリで一気に白鳥に並びかけた。

東3局 亜樹の12000 ©ABEMA

東4局は高宮が2000オールのアガリで更に僅差の争いに。

東4局 高宮の2000オール ©ABEMA

南1局2本場では白鳥が亜樹から5200のアガリを決めて一歩抜け出した。

南1局2本場 白鳥の5200 ©ABEMA

南3局1本場では高宮がドラ赤のリーチをツモって2000・4000でトップ目に浮上してオーラスへ。

南3局1本場 高宮の2000・4000 ©ABEMA

オーラスは丸山に国士無双のイーシャンテンの手が入るも、亜樹の一人聴牌で流局。高宮がチームの連続4着を3回で止めてトップを獲得した。

南4局 亜樹の一人聴牌で流局に ©ABEMA
第1試合トップの高宮 ©ABEMA

第1試合結果
1位 高宮(麻雀格闘倶楽部)+56.3
2位 白鳥(ABEMAS)+9.3
3位 亜樹(風林火山)▲12.5
4位 丸山(ドリブンズ)▲53.1

第一試合詳細結果 ©ABEMA
第一試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合は村上、日向、滝沢、前原が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東2局に滝沢がタンヤオ・ツモ・三暗刻の2000・4000を決めて一歩リード。

東2局 滝沢の2000・4000 ©ABEMA

東3局は日向が前原との2軒リーチを制して2000・4000を決めて僅かながらトップ目に浮上。

東3局 日向の2000・4000 ©ABEMA

東4局は滝沢と日向の2軒リーチ。滝沢が前原から6400のアガリで再びトップ目に浮上した。

東4局 滝沢の6400 ©ABEMA

南1局には満貫の仕掛けをしている前原から村上が12000のアガリを決めて2着目に浮上。

南1局 村上の12000 ©ABEMA

南2局では日向が700・1300のアガリで2着目に浮上。トップ争いは3者の大接戦の様相に。

南2局 日向の700・1300 ©ABEMA

南3局には村上が5巡目リーチ。滝沢から8000のアガリを決めてトップ目に浮上してオーラスを迎えた。

南3局 村上の8000 ©ABEMA

オーラスは3着目の滝沢が先制リーチ。2000・4000を決めてばトップの状況だったがリーチ時点でアガリ牌は山に無く、全者が受けに回り流局。村上が逃げ切りトップを決めた。

南4局 滝沢のリーチは流局に ©ABEMA
第2試合トップの村上 ©ABEMA

第2試合結果
1位 村上(ドリブンズ)+60.3
2位 日向(ABEMAS)+11.7
3位 滝沢(風林火山)▲9.3
4位 前原(麻雀格闘倶楽部)▲62.7

第2試合詳細データ ©ABEMA

2月9日トータル結果

ABEMAS(白鳥2着・日向2着)+21.0
ドリブンズ(丸山4着・村上1着)+7.2
麻雀格闘倶楽部(高宮1着・前原4着)▲6.4
風林火山(亜樹3着・滝沢3着)▲21.8

今日は珍しくトップを取っていないABEMASがデイリートップ。セミファイナル争いのドリブンズと麻雀格闘倶楽部は共にトップラスで痛み分けとなった。終盤戦に向けて負けられない試合が各チーム続いていく。

2月9日終了時点チームランキング ©ABEMA
2月9日終了時点チームランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top