麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【4/23 Mリーグ2020 1戦目結果】麻雀格闘俱楽部・高宮が要所のアガリを決めてセミファイナル個人首位をキープする1勝!!

【4/23 Mリーグ2020 1戦目結果】麻雀格闘俱楽部・高宮が要所のアガリを決めてセミファイナル個人首位をキープする1勝!!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナルシリーズ8日目の対局が4月23日(金)に開催された。

4月23日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋・河野 ©ABEMA
4月22日終了時点チームランキング ©ABEMA

第1試合

第1試合はたろう、白鳥、亜樹、高宮の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は高宮が平和ドラ3のリーチをツモって3000・6000のアガリでリードを得る。

東1局 高宮の3000・6000 ©ABEMA

東2局j1本場でも高宮が3900のアガリでリードを広げた。

東2局1本場 高宮の3900 ©ABEMA

高宮は更に親番でドラ暗刻のリーチに出たが、たろうとの2軒リーチのめくりあいでたろうに12000の放銃となり、一転して接戦に戻る。

東4局2本場 たろうの12000 ©ABEMA

南1局はここまで出番のなかった亜樹が2000・4000のアガリを決めてトップ目に浮上する。

南1局 亜樹の2000・4000 ©ABEMA

南2局は亜樹がリーチに出るも仕掛けた高宮が亜樹から2000点のアガリで再びトップ目が入れ替わった。

南2局 高宮の2000 ©ABEMA

南3局は亜樹が平和赤1のリーチ。ツモって裏1の2000・4000を決めて再びトップ目に浮上してオーラスを迎えた。

南3局 亜樹の2000・4000 ©ABEMA

しかし南4局1本場でアガリに向かった亜樹が放ったドラのを仕掛けて高宮が聴牌。白鳥のリーチを受けながらも高宮が4000オールのアガリを決めて抜け出した。

南4局1本場 高宮の4000オール ©ABEMA

その後の2本場、亜樹の条件は跳満ツモとなったが、終盤にタンヤオ平和ドラ赤のリーチに辿り着く。しかし最終手番までアガリ牌はツモれず。白鳥から8000のアガリとなって2着確保の決着。高宮がセミファイナル個人2勝目を決めた。

南4局2本場 亜樹の8000 ©ABEMA
第1試合トップの高宮 ©ABEMA

第1試合結果
1位 高宮(麻雀格闘俱楽部)+63.4
2位 亜樹(風林火山)+19.0
3位 たろう(ドリブンズ)▲23.2
4位 白鳥(ABEMAS)▲59.2

第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合結果はこちら!

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top