麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【4/23 Mリーグ2020 2戦目結果】ABEMAS・多井が隙のない立ち回りで完勝!チームのセミファイナル初勝利を決める!

【4/23 Mリーグ2020 2戦目結果】ABEMAS・多井が隙のない立ち回りで完勝!チームのセミファイナル初勝利を決める!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナルシリーズ8日目の対局が4月23日(金)に開催された。

4月23日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋・河野 ©ABEMA
4月22日終了時点チームランキング ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合は園田、多井、滝沢、寿人が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は親の寿人が仕掛けて滝沢から3900のアガリ。

東1局 寿人の3900 ©ABEMA

その後の1本場では滝沢が多井から5200のアガリを決めた。

東1局1本場 滝沢の5200 ©ABEMA

東2局は滝沢と多井の2軒リーチ。滝沢が2000点のアガリで連荘。

東2局 滝沢の2000 ©ABEMA

東3局にはここまで失点が続いた多井が寿人から12000のアガリを決めて一気にトップ目に浮上。

東3局 多井の12000 ©ABEMA

その後の1本場でも多井が滝沢から7700のアガリでリードを広げた。

東3局1本場 多井の7700 ©ABEMA

東4局3本場でも多井が寿人のリーチをかいくぐって2000・4000のアガリで大きくリードを広げて南入。

東4局3本場 多井の2000・4000 ©ABEMA

南1局は親の寿人がホンイツ・七対子のリーチで滝沢とのめくりあいになるも滝沢が寿人から8000のアガリで寿人は苦しい立場となった。

南1局 滝沢の8000 ©ABEMA

南2局1本場では3軒聴牌を制して多井が滝沢から2000点のアガリ。かなり優位な立場で南3局を迎えた。

南2局1本場 多井の2000 ©ABEMA

南3局では園田と寿人がどちらも満貫の仕掛け。寿人が2000・4000で箱下から地上に浮上。3着浮上の可能性を残してオーラスを迎えた。

南3局 寿人の2000・4000 ©ABEMA

南4局では寿人が着順浮上条件を満たす赤赤のツモれば三暗刻の3巡目先制リーチ。園田は聴牌まで遠い手牌だったがドラの頼りの仕掛けで前進。自力で暗刻にすることに成功して寿人から12000のアガリを決めた。

南4局 園田の12000 ©ABEMA

その後の1本場ではほぼ条件のない寿人がリーチ。倍満までなら放銃してもトップな状況の多井が一発目から抜き打ち寿人に差し込んで決着。園田は5800聴牌を入れていただけに多井の隙の無い立ち回りが功を奏した形となった。

南4局1本場 多井は手を崩して寿人に放銃 ©ABEMA
南4局1本場 寿人の5200 ©ABEMA
第2試合トップの多井 ©ABEMA

第2試合結果
1位 多井(ABEMAS)+62.2
2位 滝沢(風林火山)+10.6
3位 園田(ドリブンズ)▲12.1
4位 寿人(麻雀格闘俱楽部)▲60.7

第2試合詳細データ ©ABEMA

4月23日トータル結果

風林火山(亜樹2着・滝沢2着)+29.6
ABEMAS(白鳥4着・多井1着)+3.0
麻雀格闘俱楽部(高宮1着・寿人4着)+2.7
ドリブンズ(たろう3着・園田3着)▲35.3

トップはなかったものの風林火山が2着2着で粘りこんでプラスを確保。来週以降に4位以内への浮上に臨む。ABEMASはセミファイナル初勝利を挙げ、ファイナル進出に向けて大きな一歩を踏み出した。

4月23日終了時点チームランキング ©ABEMA
4/23終了時点セミファイナル個人成績 ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top