麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【4/26 Mリーグ2020 2戦目結果】雷電・黒沢が1回の跳満ツモのリードを守りきる!多井は5巡目6面張リーチが空振りに

【4/26 Mリーグ2020 2戦目結果】雷電・黒沢が1回の跳満ツモのリードを守りきる!多井は5巡目6面張リーチが空振りに

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナルシリーズ9日目の対局が4月26日(月)に開催された。

4月26日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は日吉・土田 ©ABEMA
4月23日終了時点チームランキング ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合は亜樹、黒沢、沢崎、多井が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局1本場、多井にドラ暗刻使いの5巡目6面張リーチ。幸先よく加点を決めるかと思われたが・・・

東1局1本場 多井のリーチ ©ABEMA
東1局1本場 多井と沢崎のリーチは流局 ©ABEMA

なんと結果は流局に。沢崎が終盤に嵌待ちで追いかけたが、最後までお互いのアガリ牌が河に出ることは無かった。

なかなかアガリが出ないまま東2局3本場、全員聴牌の局面を黒沢が制して3000・6000のアガリで一歩リードを得た。

東2局3本場 黒沢の3000・6000 ©ABEMA

東3局は沢崎が亜樹から2600のアガリを決める。

東3局 沢崎の2600 ©ABEMA

その後もしばらくアガリが出ない聴牌となったが、南2局2本場に亜樹が沢崎から3900のアガリで2着目に浮上した。

南2局2本場 亜樹の3900 ©ABEMA

南3局は多井が沢崎との2軒リーチを制して2600のアガリで3着目に浮上してオーラスを迎えた。

南3局 多井の2600 ©ABEMA

オーラスは満貫ツモ、跳満ロンならトップに浮上する多井がリーチ、平和、赤、高めタンヤオのリーチに辿り着いた。沢崎から一発ででのアガリとなり、裏が1枚乗ればトップとなる場面だったが裏は乗らず2着止まり。トップは跳満のアガリのリードを守り切った黒沢となった。

南4局 多井の8000 ©ABEMA
第2試合トップの黒沢 ©ABEMA

第2試合結果
1位 黒沢(雷電)+53.4
2位 多井(ABEMAS)+9.8
3位 亜樹(風林火山)▲12.9
4位 沢崎(サクラナイツ)▲50.3

第2試合詳細データ ©ABEMA

4月26日トータル結果

ABEMAS(松本1着・多井2着)+71.8
雷電(瀬戸熊3着・黒沢1着)+40.3
サクラナイツ(内川2着・沢崎4着)▲38.6
風林火山(勝又4着・亜樹3着)▲73.5

ABEMASが大きく加点してサクラナイツを逆転、再び首位に立った。雷電はなんとか踏み止まりファイナル出場圏内まで150ポイントほどとなんとか芽を残した。しかし依然として雷電、風林火山は厳しい戦いが続く。

明日は3位から6位のチームの対決となり、ファイナル進出に向けてどのチームも負けられない1日となる。

4月26日終了時点チームランキング ©ABEMA
4/26終了時点セミファイナル個人成績 ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top