麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【4/27 Mリーグ2020 1戦目結果】風林火山・滝沢が的確にアガリを重ねて完勝!

【4/27 Mリーグ2020 1戦目結果】風林火山・滝沢が的確にアガリを重ねて完勝!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナルシリーズ10日目の対局が4月27日(火)に開催された。

4月27日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋・渋川 ©ABEMA
4月26日終了時点チームランキング ©ABEMA

第1試合

第1試合は村上、瀬戸熊、滝沢、高宮の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は滝沢が平和赤1のリーチ。でツモって2000・4000のアガリを決める。

東1局 滝沢の2000・4000 ©ABEMA

東2局には瀬戸熊のリーチを受けながらも滝沢が七対子をアガリきる。

東2局 滝沢の800・1600 ©ABEMA

滝沢は東3局の親番でもダブ東ポンからホンイツに向けて進行するも、柔軟にツモに対応して2600オールのアガリで更に加点。

東3局 滝沢の2600オール ©ABEMA

東3局1本場は村上が1000・2000のアガリで2着目に浮上。

東3局1本場 村上の1000・2000 ©ABEMA

東4局では親の高宮がドラをポンして聴牌を入れるも瀬戸熊が決意のリーチで高宮から満貫のアガリを決める。

東4局 瀬戸熊の8000 ©ABEMA

南1局は瀬戸熊が高宮との2軒リーチに。親の瀬戸熊がリーチ・ドラ3・赤1・裏1の18000を決めて一気にトップ目た滝沢に詰め寄った。

南1局 瀬戸熊の18000 ©ABEMA

南1局1本場は高宮が仕掛けて2000・4000のアガリを決める。

南1局1本場 高宮の2000・4000 ©ABEMA

南2局は高宮が七対子ドラ3、滝沢がタンヤオ一盃口のどちらも待ちとなった。瀬戸熊から放たれそうな瞬間もあり、高宮もいつ待ちが変わってもおかしくない状況だったが、高宮はそのままの待ちでツモ切りリーチを選択。しかし同巡に滝沢がツモって1000・2000のアガリを決めた。

南2局 滝沢の1000・2000 ©ABEMA

南3局は滝沢と瀬戸熊の2軒リーチに、ここでアガリを決めたほうが大きくトップに近づく場面だったが、ここでアガリを決めたのは高宮。瀬戸熊から三色赤2で8000のアガリとなった。

南3局 高宮の8000 ©ABEMA

南4局1本場では高宮が2000オールをアガって一旦3着目に浮上したが、その後の2本場では村上がアガりきって再び3着に浮上して決着。滝沢がここ一番の場面で大きな一勝を挙げた。

南4局1本場 高宮の2000オール ©ABEMA
南4局2本場 村上の1000 ©ABEMA
第1試合トップの滝沢 ©ABEMA

第1試合結果
1位 滝沢(風林火山)+60.1
2位 瀬戸熊(雷電)+5.3
3位 村上(ドリブンズ)▲22.5
4位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲42.9

第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合結果はこちら!

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top