麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【4/27 Mリーグ2020 2戦目結果】風林火山・滝沢が混戦を抜け出す6000オールを決めてここ一番での連勝を決める!

【4/27 Mリーグ2020 2戦目結果】風林火山・滝沢が混戦を抜け出す6000オールを決めてここ一番での連勝を決める!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナルシリーズ10日目の対局が4月27日(月)に開催された。

4月27日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋・渋川 ©ABEMA
4月26日終了時点チームランキング ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合はたろう、黒沢、滝沢、寿人が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は親の黒沢が高めなら跳満確定のリーチに出たが流局。

東1局 黒沢のリーチは流局 ©ABEMA

東1局1本場は寿人が1000・2000のアガリでトップ目に浮上。

東1局1本場 寿人の1000・2000 ©ABEMA

東2局は滝沢が平和のアガリで連荘したが、1本場ではたろうのリーチに捕まり8000の放銃となり滝沢がビハインドを背負う。

東2局1本場 たろうの8000 ©ABEMA

東4局1本場では滝沢が2000・4000のアガリで3着目に浮上して南入。

東4局1本場 滝沢の2000・4000 ©ABEMA

南2局1本場の親番で滝沢がドラののシャンポン待ちリーチ。ドラは寿人と持ち持ちだったが、山に二枚いたをツモって6000オールを決めて一気に抜け出した。

南2局1本場 滝沢の6000オール ©ABEMA

南2局2本場ではたろうがホンイツの仕掛け。黒沢から12000のアガリでたろうが2着目に浮上した。

南2局2本場 たろうの12000 ©ABEMA

南3局はたろうがすんなり平和のアガリを決めてオーラスへ。

南3局 たろうの1000 ©ABEMA

南4局は黒沢がホンイツ七対子の聴牌。跳満変化もあり、即リーチか迷う場面だがダマテンを選択。そこに親のたろうがドラ切りリーチ。それに対して滝沢もプッシュしている局面。寿人からアガリ牌が放たれ黒沢は4着そのままだが8000のアガリでの決着を決断した。

南4局 黒沢の8000 ©ABEMA
第2試合トップの滝沢 ©ABEMA

第2試合結果
1位 滝沢(風林火山)+63.3
2位 たろう(ドリブンズ)+12.2
3位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲25.4
4位 黒沢(雷電)▲50.1

第2試合詳細データ ©ABEMA

4月27日トータル結果

風林火山(滝沢1着・滝沢1着)+123.4
ドリブンズ(村上3着・たろう2着)▲10.3
雷電(瀬戸熊2着・黒沢4着)▲44.8
麻雀格闘倶楽部(高宮4着・寿人3着)▲68.3

3位から6位の決戦となった本日は連続出場の滝沢が連勝という結果で風林火山は4位に浮上、ファイナル進出に大きく近づいた。麻雀格闘俱楽部と雷電は最終日に試合がないため、少なくともお互いより上に立ったうえで最終日の風林火山の結果待ちとなる。少なくともトータル▲60ポイント程度まではポイントを乗せた上での結果待ちにしたいため、雷電はほぼ確実に連勝が必須となる状況に追い込まれた。

一旦上に立った風林火山は木曜日の麻雀格闘倶楽部、雷電の結果を見た上で最終的に必要なポイントを見て最終日の戦いに挑むことになる。

4月27日終了時点チームランキング ©ABEMA
4/27終了時点セミファイナル個人成績 ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top