麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【4/29 Mリーグ2020 2戦目結果】ABEMAS・松本が四暗刻を含む多くのアガリで特大トップ!雷電は敗退、麻雀格闘倶楽部は苦しい状況の結果待ちに!

【4/29 Mリーグ2020 2戦目結果】ABEMAS・松本が四暗刻を含む多くのアガリで特大トップ!雷電は敗退、麻雀格闘倶楽部は苦しい状況の結果待ちに!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナルシリーズ11日目の対局が4月29日(木)に開催された。

4月29日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は日吉・土田 ©ABEMA
4月27日終了時点チームランキング ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合は内川、瀬戸熊、寿人、松本が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局1本場、松本が四暗刻の聴牌、内川のリーチを受けながらもラスト1枚をツモっていきなり8000・16000のアガリを決めた。

東1局 松本の四暗刻 ©ABEMA

その後も松本が1300・2600、2600オール、3000・6000と立て続けにアガリを決めて大量リードを確保して南入。

東2局 松本の1300・2600 ©ABEMA
東3局 松本の2600オール ©ABEMA
東4局2本場 松本の3000・6000 ©ABEMA

南1局でも瀬戸熊から8000のアガリ、ここで雷電の最後の親番が終わった。

南1局 松本の8000 ©ABEMA

南2局1本場は親の寿人のリーチに内川が追いかけ立直。一発ツモの2000・4000を決めて麻雀格闘倶楽部の親番は終わった。

南2局1本場 内川の2000・4000 ©ABEMA

南4局1本場では内川と瀬戸熊の2軒リーチ。内川が河底での瀬戸熊からのアガリを決めて裏4の24000のアガリで大きく加点した。

南4局1本場 内川の24000 ©ABEMA

南4局2本場は松本が一盃口の聴牌。寿人からのアガリを決めて決着した。

南4局2本場 松本の1300 ©ABEMA
第2試合トップの松本 ©ABEMA

第2試合結果
1位 松本(ABEMAS)+113.7
2位 内川(サクラナイツ)+21.4
3位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲39.5
4位 瀬戸熊(雷電)▲95.6

第2試合詳細データ ©ABEMA

4月29日トータル結果

ABEMAS(日向1着・松本1着)+183.9
サクラナイツ(岡田3着・内川2着)▲7.5
麻雀格闘倶楽部(前原2着・寿人3着)▲30.9
雷電(黒沢4着・瀬戸熊4着)▲145.5

4月29日終了時点チームランキング ©ABEMA

5位の麻雀格闘倶楽部、6位の雷電がどこまで4位風林火山に迫れるかという一日だったが、ポイント差はより開いての決着となった。

風林火山は、明日の最終日で▲68.3ポイント差の麻雀格闘倶楽部より下にならなければファイナルに進出となる。

また、首位争いでは僅差だったABEMASとサクラナイツに大きく差がついた。ファイナルでは半分となるが、それであっても効果的なポイント差と言えるだろう。

4/29終了時点セミファイナル個人成績 ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top