麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【4/29 Mリーグ2020 1戦目結果】ABEMAS・日向が南場の親番で逆転勝利!麻雀格闘倶楽部・前原は倍満ツモを決めるも一歩及ばず!

【4/29 Mリーグ2020 1戦目結果】ABEMAS・日向が南場の親番で逆転勝利!麻雀格闘倶楽部・前原は倍満ツモを決めるも一歩及ばず!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナルシリーズ11日目の対局が4月29日(木)に開催された。

4月29日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は日吉・土田 ©ABEMA
4月27日終了時点チームランキング ©ABEMA

第1試合

第1試合は岡田、黒沢、前原、日向の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は岡田と黒沢の2軒リーチをかわして日向がアガリを決める。

東1局 日向の700・1300 ©ABEMA

東2局は前原が先制リーチで1000・2000のアガリ。

東2局 前原の1000・2000 ©ABEMA

東3局には前原が4巡目に門前ホンイツのリーチ。倍満ツモを決めて一気に抜け出した。

東3局 前原の4000・8000 ©ABEMA

前原以外の3者が接戦で南入となったが、南1局1本場は日向が平和のリーチをツモって局を進める。

南1局1本場 日向の700・1300 ©ABEMA

南2局は親の黒沢とドラのを仕掛けた前原のめくりあい。前原が制して2000・4000のアガリを決め、ここで親番がなくなった雷電・黒沢は厳しい立場となった。

南2局 前原の2000・4000 ©ABEMA

しかしここから日向が高打点の連荘。まずはダマテンで黒沢から12000 

南3局 日向の12000 ©ABEMA

その後の1本場では日向が仕掛けてホンイツ聴牌。前原がリーチに出るも日向が12000の直撃を決めて一気にトップ目に立った。

南3局1本場 日向の12000 ©ABEMA

南3局2本場では黒沢が2000・4000。オーラスでの役満ツモ条件を残してオーラスを迎えた。

南3局2本場 黒沢の2000・4000 ©ABEMA

南4局は親の前原のリーチを受けながらも日向が七対子ドラ2を前原からアガって決着。終盤の重要な1戦で逆転トップをもぎ取った。

南4局 日向の6400 ©ABEMA
第1試合トップの日向 ©ABEMA

第1試合結果
1位 日向(ABEMAS)+70.2
2位 前原(麻雀格闘倶楽部)+8.6
3位 岡田(サクラナイツ)▲28.9
4位 黒沢(雷電)▲49.9

第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合結果はこちら!

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top