麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【5/10 Mリーグ2020 2戦目結果】風林火山・滝沢が高打点をしっかり決めてトップ!勝又との連勝を決めて優勝に向けて前進!!

【5/10 Mリーグ2020 2戦目結果】風林火山・滝沢が高打点をしっかり決めてトップ!勝又との連勝を決めて優勝に向けて前進!!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のファイナルシリーズ1日目の対局が5月10日(月)に開催された。

5月10日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は日吉・寿人・高宮 ©ABEMA
ファイナル開始時点のチームランキング ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合は園田、多井、勝又、堀が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は内川がピンズに寄せるも園田がドラ4のタンヤオ嵌[三]聴牌をダマテン。白鳥から8000のアガリを決めた。

東1局 園田の8000 ©ABEMA

その後は細かいアガリの応酬となるも、東3局で滝沢が3軒聴牌を制して2000・4000のアガリで一歩抜け出す。

東3局 滝沢の2000・4000 ©ABEMA

東4局では白鳥に勝負手が入るも内川が園田から5200のアガリを決めた。

東4局 内川の5200 ©ABEMA

南2局1本場は滝沢と白鳥の2軒リーチ。滝沢が一発ツモの6000オールで一気に抜け出した。

南2局1本場 滝沢の6000オール ©ABEMA

南2局2本場では白鳥が3000・6000のアガリで一気に2着目に浮上となる。

南2局2本場 白鳥の3000・6000 ©ABEMA

しかし南3局は白鳥のリーチをかわして内川が滝沢から8000のアガリで2着目に浮上した。

南3局 内川の8000 ©ABEMA

南4局は白鳥と園田の熾烈な2軒リーチとなるも流局。

南4局 2軒リーチは流局に ©ABEMA

南4局1本場は白鳥が3900のアガリで一旦2着目に浮上する。

南4局1本場 白鳥の3900 ©ABEMA

しかしその後の2本場では内川が園田からのアガリで再び2着に浮上して決着。風林火山が連勝を飾り、ドリブンズ、ABEMASは苦しい連続逆連対となった。

南4局2本場 内川の5200 ©ABEMA
第2試合トップの滝沢 ©ABEMA

第2試合結果
1位 滝沢(風林火山)+61.9
2位 内川(サクラナイツ)+10.3
3位 白鳥(ABEMAS)▲12.9
4位 園田(ドリブンズ)▲59.3

第2試合詳細データ ©ABEMA

5月10日トータル結果

風林火山(勝又1着・滝沢1着)+119.4
サクラナイツ(岡田2着・内川2着)+22.9
ABEMAS(松本4着・白鳥3着)▲69.2
ドリブンズ(丸山3着・園田4着)▲73.1

5月10日終了時点のチームランキング ©ABEMA

風林火山が連勝を決めて3位に、首位ABEMASとのポイント差を120ポイント弱まで縮めた。ドリブンズは一歩置いて行かれてしまったが、今日の風林火山のように連勝を決めればまだまだ分からない状況に一転する。引き続き目の離せないファイナルシリーズとなりそうだ。

5月10日終了時点ファイナル個人成績 ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top