麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【5/17 Mリーグ2020 2戦目結果】風林火山・勝又が要所の攻勢で連勝!遂に首位に浮上して完全にABEMAS、サクラナイツと横並びに!!

【5/17 Mリーグ2020 2戦目結果】風林火山・勝又が要所の攻勢で連勝!遂に首位に浮上して完全にABEMAS、サクラナイツと横並びに!!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のファイナルシリーズ5日目の対局が5月17日(月)に開催された。

5月17日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋・渋川 ©ABEMA
5月14日終了時点のチームランキング ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合はたろう、多井、勝又、堀が出場。多井、勝又は連続出場となった。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は3軒聴牌を制して勝又が多井から5200のアガリでスタート。

東1局 勝又の5200 ©ABEMA

東2局も勝又が多井のリーチに押し返して8000のアガリで更にリードを広げた。

東2局 勝又の8000 ©ABEMA

東3局は多井が堀のリーチをかわして1000点のアガリ。

東3局 多井の1000 ©ABEMA

南1局1本場、リードを得て南場に進めた勝又が仕掛けて8000の聴牌。親の堀からのアガリを決めて2戦連続で最高の並びに近づいた。

南1局1本場 勝又の8000 ©ABEMA

南2局では多井が三色確定のペン[三]ドラ待ちリーチ。しかしツモれずに流局となった。

南2局 多井のリーチは流局に ©ABEMA

南2局1本場はホンイツ仕掛けの堀が700・1300のアガリで3着目に浮上して多井の親番をかわした。

南2局1本場 堀の700・1300 ©ABEMA

南3局も堀が仕掛けて1000点のアガリ。2着から4着が大接戦の状況でオーラスを迎えた。

南3局 堀の1000 ©ABEMA

南4局は多井が赤赤の嵌[6]聴牌、場に一枚切れで難しい判断となったが、多井は取らずを選択、その後[二][三]待ちのリーチとなった。

結果は堀から5200のアガリで決着。多井は3着、堀が4着での決着となった。大詰めとなるファイナル5日目は勝又の連勝で風林火山の大躍進の一日となった。

南4局 多井の5200 ©ABEMA
第2試合トップの勝又 ©ABEMA

第2試合結果
1位 勝又(風林火山)+65.7
2位 たろう(ドリブンズ)+1.2
3位 多井(ABEMAS)▲20.4
4位 堀(サクラナイツ)▲46.5

第2試合詳細データ ©ABEMA

5月17日トータル結果

風林火山(勝又1着・勝又1着)+133.3
ドリブンズ(村上2着・たろう2着)+8.5
サクラナイツ(沢崎3着・堀4着)▲62.9
ABEMAS(多井4着・多井3着)▲78.9

5月17日終了時点のチームランキング ©ABEMA

本日は風林火山が大きくプラスし、ABEMAS、サクラナイツが苦戦。上位3チームが16.9ポイント差となる大激戦となった。最終日は完全に着順勝負の様相となるだろう。ドリブンズは優勝のためには9万点近くの連勝を決めてかつ並びを適切に整える必要がある。現実的にはどこかのチームと連続トップラスで3位を狙いにいくという所が落としどころと言えるだろう。

2020シーズンもいよいよ最終日、19時からの2戦に要注目!

5月17日終了時点ファイナル個人成績 ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top