麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【11/11 Mリーグ2021 第2試合結果】沢崎誠が老練な場の見極めで完勝!二階堂亜樹は2着を確保で風林火山は首位街道を独走!

【11/11 Mリーグ2021 第2試合結果】沢崎誠が老練な場の見極めで完勝!二階堂亜樹は2着を確保で風林火山は首位街道を独走!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」23日目が11月11日(木)に開催された。

11月11日の対戦カード ©ABEMA
解説:小林剛 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合結果はこちら

第1試合は勝又が5勝目! ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:魚谷侑未

南:本田朋広

西:二階堂亜樹

北:沢崎誠

本田がユニフォームを着替え、連闘。

第2試合

魚谷が終盤でテンパイ。終盤ゆえにヤミテンに構えると、本田、沢崎からリーチがくる。

東1局 本田リーチ ©ABEMA
東1局 沢崎リーチ ©ABEMA
東1局 魚谷リーチ ©ABEMA

合わせて魚谷もリーチとするも、[⑦]は本田への当たり牌。本田の満貫のアガリとなった。

東2局は亜樹がドラの[北]を2枚持っているところに[白]を重ねてポン。亜樹のテンパイ濃厚の気配に本田、沢崎は引いていくも、踏み込んだ魚谷からアガって3900の加点。

東2局 亜樹 白・ドラ2 3900 ©ABEMA

 

東3局、本田がペン[7]から仕掛け、[発][中]のシャンポン待ちでテンパイ。[発]をツモって400・700。

東3局 本田 發 400・700 ©ABEMA

東4局、親の沢崎の早い[2][3]待ちのリーチ。魚谷の手には打つ牌がなく、自分の手の都合で[2]が一発で選ばれ、沢崎の9600の加点。

東4局 沢崎リーチ ©ABEMA
東4局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東4局 沢崎 リーチ・一発・白 9600 ©ABEMA

東4局1本場、沢崎がピンフ・ドラ・赤のダブル立直。そこで自風の[北]が対子でドラ3の亜樹一向聴の亜樹から[四]が打ちだされた。沢崎の12000。

東4局1本場 沢崎 ダブルリーチ ©ABEMA
東4局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 沢崎 ダブルリーチ・ピンフ・ドラ・赤 12000 ©ABEMA

東4局2本場、亜樹がカン[四]待ちのドラドラをリーチしてツモ。2000・4000で失点をすぐに回復。

東4局2本場 亜樹 リーチ・ツモ・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

南1局、900点持ちの親の魚谷が[白]をポンしてテンパイ。[三]を大明槓して打点をあげるが、アガリは出ず、魚谷の一人テンパイで流局。

南1局 流局 ©ABEMA

南1局1本場、沢崎が一盃口が完成した[五][⑤]のシャンポン待ちでテンパイ。魚谷も[中]をポンして[1][4][7]テンパイも、沢崎が[五]ツモ。1000・2000でトップ目からさらに加点。

南1局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 沢崎 ツモ・一盃口・赤1 1000・2000 ©ABEMA

南2局、親の本田の手が[二]単騎から変化しピンフ・ドラドラ・赤の[1][4][7]待ちでテンパイ。

南2局 本田の手牌 ©ABEMA

亜樹が索子仕掛けで、沢崎が今のうちと索子に手をかけたところだったが、亜樹から字牌が余ったところで完全に撤退。

沢崎から放たれないと思ったところで本田がリーチをかけると、魚谷がペン[3]で追いかけリーチ。魚谷が一発でツモって2000・4000。魚谷も着順アップが見えてきた。

南2局 魚谷 リーチ・一発・ツモ・ドラ・赤 2000・4000 ©ABEMA

南3局魚谷が[北]をポンしたのちに加槓し、萬子のホンイツへ向かう。

南3局 亜樹 リーチ ©ABEMA

すると亜樹が5巡目に[6][9]待ちピンフリーチ。魚谷が一向聴で[6]をキャッチ。苦しい表情を浮かべるが、完全な安全牌はなく、自分の手の都合を優先し、放銃。亜樹の12000のアガリとなり、魚谷は箱下に沈んだ。

南3局 魚谷の手牌 ©ABEMA
南3局 亜樹 リーチ・ピンフ・ドラ2 12000 ©ABEMA

南3局1本場、本田が[五]をポンして萬子の清一色一向聴だが、[南]が重なり、[南][九]のシャンポン待ちでテンパイ。亜樹が七対子の[白]単騎テンパイから打ちだされた[二]を本田が大明槓。すると新ドラが[二]でホンイツドラ4の跳満になる。

南3局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 新ドラ2m ©ABEMA

これには他3者も撤退。本田の待ちは山にはなかったが、一人テンパイで流局し、満貫ツモでトップになるオーラスへ。

南3局1本場 流局 ©ABEMA

南4局2本場、箱下の魚谷が素点回復のための[①][④][⑦]待ち先制リーチ。本田が[①]を一発で掴む。テンパイを目指して[発]をポンして手を進めるも、[①]が打ちだされ魚谷に8000の放銃。

南4局 魚谷 リーチ ©ABEMA
南4局 本田の手牌 ©ABEMA
南4局 魚谷 リーチ・ピンフ・ドラ・赤 8000 ©ABEMA

沢崎が的確な守備力で放銃0で試合をまとめ個人3勝目をあげた。

第2試合トップの沢崎 ©ABEMA

第2試合結果
1位 沢崎(サクラナイツ)+61.6
2位 亜樹(風林火山)+11.4
3位 本田(雷電)▲19.4
4位 魚谷(フェニックス)▲53.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月11日トータル結果

風林火山(勝又1着・亜樹2着)+81.9
サクラナイツ(内川4着・沢崎1着)+5.3
フェニックス(近藤2着・魚谷4着)▲39.4
雷電(本田3着・本田3着)▲47.8

風林火山は勝又が個人4連勝。亜樹も2着でまとめさらに首位街道を独走することとなった。現在の個人連勝記録は4連勝(多井、寿人、勝又)で、もし次戦で5連勝を決めるとMリーグ新記録となる。次戦は自身のレギュラーシーズン通算100戦目となり、記念となる試合で新記録を達成できるか注目が集まる。

フェニックス、雷電は更に苦しい状況となり、チームポイントは▲200ポイントを越えてしまった。これ以上突き放されない為にも次回の試合が重要な1戦となるだろう。

11月11日終了時点のチームランキング ©ABEMA
11月12日の対局チーム ©ABEMA
11月11日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top