麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
EX風林火山の紅一点 | 二階堂亜樹の魅力に迫る

EX風林火山の紅一点 | 二階堂亜樹の魅力に迫る

BULL2021求人ニルウッドカバー

最年少の女流プロ雀士として名を馳せ、現在は現役のMリーガーである二階堂亜樹。Mリーグファンにとっても2020年レギュラーシーズンでの持ち点700からの鮮やかな大逆転勝利は記憶に新しいだろう。その強さと美貌から、プロ雀士を目指す女性の憧れの存在でもある。幼い頃から麻雀に触れ、麻雀と共に歩んできた彼女の人生、そして培われた雀風とは──。本記事では二階堂亜樹の魅力に迫る。

目次

二階堂亜樹の基本情報・プロフィールデータ

名前 二階堂 亜樹(にかいどう あき) 
異名 卓上の舞姫
生年月日 1981年11月15日
出身地 神奈川県鎌倉市
血液型 O型
趣味・特技 ドライブ、漫画
本人公式SNS Twitter
YouTube
所属団体 日本プロ麻雀連盟
所属チーム EX風林火山
プロ入会年 1999年
主なタイトル 第3期プロクイーン
第3回モンド21王座
第2・3期女流桜花
第14回女流モンド杯優勝
他多数

プロデビューから20年以上が経ち、数々のタイトルを獲得しながら今もなお第一線で活躍を続ける二階堂亜樹。そんな彼女には安藤満と小島武夫という二人の恩師の存在がいる。安藤には”流れ”という「技術の先にある存在」を、小島には「プロとしてのあるべき姿」を教わった。二人の師から学んだ教えを胸に、卓上の舞姫は更に上のステージへ舞い上がろうとしている。

経歴

1999年:日本プロ麻雀連盟15期生としてデビュー
2005年:第3期プロクイーン
2006年:第3回モンド21王座
2007年:第2期女流桜花
2008年:第3期女流桜花
2011年:自伝漫画『aki』が連載開始
2016年:第14回女流モンド杯優勝
2017年:映画『女流闘牌伝 aki アキ』が公開
2018年:EX風林火山からドラフト1位指名

麻雀との出会い・きっかけ

亜樹が麻雀と出会ったのは3歳の時だ。親戚と麻雀を打っていた両親の姿を朧げながら覚えているという。その後両親は麻雀店を経営。亜樹は中学2年生の時にはルールを覚え、麻雀はとても身近な存在になった。そして中学卒業と同時に上京する。「どうせ働くなら好きなことがしたい」と安藤満に弟子入りし、麻雀店で働きながら腕を磨いた。そして当時18歳、1999年に日本プロ麻雀連盟15期生として女流雀士では最年少でプロ入りを果たしたのであった。

二階堂亜樹「麻雀プロ人生に光を灯してくれた二人の恩師」 Mリーガー列伝(12)

二階堂亜樹の打ち方や雀風

©ABEMA

亜樹は、アガることを念頭に置きながらも守備寄りの雀風が特徴的だ。しかし、Mリーグでは高打点を狙うシーンも多く見られた。実際に、2020シーズンの平均打点は6880点で、リーグ平均を200点近く上回っている。EX風林火山の成績が振るわなかったことから、「勝ち」にこだわる意識を強く持って試合に臨んだという亜樹。団体戦であるMリーグと、通常の個人対局、それぞれの場面で打ち方を変えられるのは、高い麻雀センスと豊富な経験を兼ね備えた亜樹ならではといえる。

二階堂亜樹の対局時の様子

Mリーグ2020 2月12日 第1試合

©ABEMA

2020シーズンで待望の初優勝を飾ったEX風林火山の軌跡、そして亜樹の麻雀スタイルを振り返るうえで外せないのがこの対局だ。東1局は亜樹がアガって上々のスタートを決めたかに見えたが、徐々に苦しい展開に。他の3人が次々とツモあがりを決め、点棒を削られていく。テンパイにこぎ着けても追いかけられてアガれず、わずか700点持ちで南入となった。

亜樹が徐々に巻き返すも、場も進んで南3局1本場。ドラなしのチートイツをテンパイした亜樹は、[北]の地獄待ちでリーチ。これをまさかの一発ツモ、さらに裏ドラも乗せ、一気に2着目まで浮上した。全員が2万点台で迎えたオーラス1本場、ダブ[南]を暗刻とした二階堂プロはトイトイにして逆転条件を満たすと、瑞原からのアガリを決め再逆転でトップを獲得、メークドラマが完結した。

【2/12 Mリーグ2020 結果】風林火山・亜樹、サクラナイツ・堀がトップ!どちらも熾烈な展開からの逆転勝利!

麻雀最強戦2020  最強「M」トーナメント 2020年9月26日

©麻雀最強戦2020

麻雀最強戦ファイナルへの切符を争うのがMリーガーのみ、それも全員ドラフト1位という超ハイレベルな戦いとなったトーナメント。決勝に進んだ亜樹の前に立ちはだかったのが多井隆晴だった。

序盤からアガリを重ねた多井が、一時は60000点を超える独走状態を作る。トップのみに意味がある対局のため、トップを目指して積極的な反撃に出る亜樹は、まず東4局5本場に満貫をアガると、南場の親番で6000オール。多井との点差を一気に詰めて、南3局には軽いアガリでついに逆転、オーラスも自らアガって決着をつけた。

一時57400点差を大逆転!二階堂亜樹が逆転勝利でファイナルに進出!/麻雀最強戦2020 最強「M」トーナメント

麻雀最強戦2017 女流プロ代表決定戦 2017年3月4日

©麻雀最強戦公式

女流プロの中からタイトルホルダーのみを選抜して行われた試合で、亜樹はB卓を2位で通過する。一発勝負のトーナメントは激しさを増し、大物手が飛び交った決勝戦。亜樹は宮内から12000のアガリで好発進を決めた。

しかし、東3局に痛恨の18000振り込みで3着目まで落ちてしまう。それでも亜樹は南2局3本場で、6000オールをツモって再びトップに立つ。オーラスでは朝倉に差を詰められる場面もあったが、辛くも逃げ切った。

二階堂亜樹が3年ぶりのファイナル進出/麻雀最強戦2017 女流プロ代表決定戦 激突!タイトルホルダー

SNSでの評価・評判

SNSでの亜樹に対するコメントは「かわいい、綺麗」「強い」という声が大半で、「卓上の舞姫」という愛称がぴったりだ。

「強くてかわいい」。亜樹を一言で表すと、一番しっくりくるのがこのコメントだ。

亜樹にあこがれて麻雀を始め、プロを目指す人も多い。

同卓したことがある人なら、その強さは身をもって理解できるのだろう。かわいさもしくは綺麗さと強さを兼ね備えた雀士というのが亜樹のSNSでの評判であった。

亜樹のニュース・こぼれ話

姉妹YouTuber、登録者数は5万人

亜樹は、姉の瑠美と二人でYouTubeチャンネル「るみあきChanねる」を開設している。チャンネル登録者数は約5万人(2021年6月時点)で、麻雀対決や解説はもちろん、テーマトークや食レポなど、バラエティ豊かな内容となっている。

波乱万丈な半生を描いた自伝漫画

人気女子プロは数多けれど、漫画の主人公にまでなっているプロは、そうそういないだろう。実は、亜樹の波乱万丈な半生を描いた漫画『aki』が、出版されている。単行本は全2巻で、1巻は中学生時代を、2巻はプロを目指す東京での修行が描かれている。Mリーグをきっかけに亜樹のファンになった人にとっては、手に取ってみてはいかがだろうか。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top