麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【11/11 Mリーグ2021 第1試合結果】勝又健志が5勝目で個人首位をひた走る!近藤誠一は四暗刻テンパイも流局!

【11/11 Mリーグ2021 第1試合結果】勝又健志が5勝目で個人首位をひた走る!近藤誠一は四暗刻テンパイも流局!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」23日目が11月11日(木)に開催された。

11月11日の対戦カード ©ABEMA
解説:小林剛 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:勝又健志

南:内川幸太郎

西:近藤誠一

北:本田朋広

第1試合

東1局、親の勝又がタンヤオ・一盃口・赤の[6]単騎をヤミテンに構え、七対子一向聴の内川が捕まり、勝又好スタート。

東1局 内川の手牌 ©ABEMA
東1局 勝又 タンヤオ・ドラ・赤 7700 ©ABEMA

東1局1本場、カン[2]のテンパイを取らずに浮かした[⑥][⑤]をくっつけてピンフのリーチ。

東1局1本場 内川リーチ ©ABEMA

近藤も盤石の一向聴からテンパイして[④]を切ってリーチをするも放銃。[⑧]を切れば放銃にはならなかったが、[③]が場に3枚見えていたこと、[⑤][⑧]を自分で5枚使っていることから[④]を切って[②][⑤]のテンパイを選択したが放銃となった。

東1局1本場 近藤リーチ ©ABEMA

東2局、近藤が5巡目でタンヤオ、ドラ赤3のカン[7]を待ちをヤミテン。これに飛び込んだのが勝又。序盤から配牌が良いとは言えず、字牌を多く抱えたピンズのホンイツへ向かうところだった。

東2局 勝又の手牌 ©ABEMA
東2局 近藤 タンヤオ・ドラ・赤3 8000 ©ABEMA

東3局、これまでの試合で苦しい展開が続く近藤の親番。5巡目で[五][六]待ちのツモリ四暗刻をテンパイし、リーチ。リーチ時山には[五][六]は3枚残り。

東3局 近藤リーチ ©ABEMA

すると[東]をポンした勝又が[三][北]のシャンポン待ちでテンパイするも、道中通ってない[四]を引き、撤退。

東3局 勝又の手牌 ©ABEMA

子方が全員撤退し一人旅となった近藤。[六]が1枚残っていたが、王牌に眠っていた。流局。

東3局 流局 ©ABEMA

東3局1本場、勝又が[③][⑥][⑨]待ちのピンフリーチ。近藤もカン[③]の三色テンパイでリーチも残り1枚。ここは勝又のアガリで局が進む。

東3局 近藤 リーチ ©ABEMA
東3局 勝又 リーチ・ピンフ・ツモ 700・1300 ©ABEMA

東4局、親の本田がカン[④]の先制リーチも、索子のホンイツ仕掛けの内川がテンパイ。すると危なげなく近藤が[③][⑥]待ちのピンフテンパイ。すぐに本田が[③]を掴み、近藤の3900のアガリに。

東4局 本田リーチ ©ABEMA
東4局 近藤 ピンフ・ドラ・赤1 3900 ©ABEMA

南1局、本田が二盃口は崩れたが、[二][五]高目一盃口のリーチ。内川もドラを重ねてカン[⑦]でリーチをすると、親の勝又がカン[三]をチーしてカン[七]テンパイ。

南1局 本田 リーチ ©ABEMA
南1局 内川 リーチ ©ABEMA
南1局 勝又の手牌 ©ABEMA

内川が[七]を掴み勝又のアガリに。勝又の親番継続。

南1局1本場、内川がカン[八]のチーから仕掛け、[中]の後付け。つづけてカン[2]もリーしてチャンタになり、ドラの[西]でもアガれる形に。

南1局1本場 内川の手牌 ©ABEMA

親の勝又も[白][発]をポンして筒子のホンイツへ。勝又の上家の本田は筒子がうちにくい状況だが、筒子を切りながらタンピン赤赤のテンパイをヤミテンに。

南1局1本場 勝又の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 本田の手牌 ©ABEMA

勝又も[東]単騎でテンパイ。3人がテンパイしている状況の中、本田のもとへあらわれたのがドラの[西]。勝又、内川どちらにも危険な[西]で、撤退。流局した。

南1局1本場 本田の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 流局 ©ABEMA

南1局2本場、勝又が5巡目にタンピン赤赤ドラのテンパイをヤミテンに構える。ツモれば6000オールの大物手に、近藤が123の三色が見え、[①][④]を入れ替え放銃。2着目の近藤からのアガリで勝又盤石か。

南1局2本場 勝又 タンヤオ・ピンフ・ドラ・赤2 12000 ©ABEMA

南1局3本場、近藤、本田の二人テンパイで流局。

南2局4本場、本田が[6][9]待ちでリーチをかけると、勝又が[9]を暗槓。新ドラが1枚乗った近藤も追いかけ、ツモ。裏ドラも乗って跳満になり、勝又に一気に迫る。

南2局4本場 沢崎の手牌 ©ABEMA
南2局4本場 勝又の手牌 ©ABEMA
南2局4本場 近藤 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ3 3000・6000 ©ABEMA

南3局、またも勝又の早いテンパイ。[③]なら三色の高打点をリーチを[⑥]でツモ。近藤に条件を押し付ける。

南3局4 勝又 リーチ・ツモ・ドラ1 1300・2600 ©ABEMA

オーラス、勝又がダブ南の[南]対子、[白]対子、ピンズのホンイツまで見える手牌で[白]をポン。テンパイして内川の[⑨]対子落としを捉え、3900のアガリで第1試合終了。

勝又は個人4連勝。

南4局 勝又 白・ホンイツ 3900 ©ABEMA

 

勝又は7戦中5勝で個人首位をひた走る。

第1試合トップの勝又 ©ABEMA

第1試合結果
1位 勝又(風林火山)+70.5
2位 近藤(フェニックス)+14.2
3位 本田(雷電)▲28.4
4位 内川(サクラナイツ)▲56.3

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

第2試合結果はこちら

第2試合は沢崎が万全の攻守でトップ!

 

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top