麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
年中無休の多井ストア!フル稼働で6連勝を飾る!決勝 最終節 2回戦レポート

年中無休の多井ストア!フル稼働で6連勝を飾る!決勝 最終節 2回戦レポート

CABO求人ニルウッドカバー

11/23(水・祝)16:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDマンスリーリーグ決勝 第2節 2回戦の様子をお届けします。

対局者は、起家から順に

佐々木 寿人(日本プロ麻雀連盟)

瀬戸熊 直樹(日本プロ麻雀連盟)

多井 隆晴(RMU)

藤田 晋(株式会社サイバーエージェント代表取締役社長)

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

2016RTD_決勝2節2回戦_1

 

開幕5連勝で優勝を決定的にした多井は、この半荘でも東3局のオヤ番で2局連続のアガリを決め、トップ目に立った。

そして、緩めることなく、3本場でもこのフリテンをリーチ。

2016RTD_決勝2節2回戦_2

は、当然ヤマにごっそり残っている。

この攻め続ける姿勢が、追いかける側からすると実に厄介。

ここで怯むと多井を逃がしてしまうし、突っ込んで多井に放銃しても加点されてしまう。多井が前に出れば、多井以外からの見逃しもかけにくい。

小刻みながら、1局たりとも休む気がない多井のスタイルは、このポイント状況だと特に活きてくるというわけだ。

2016RTD_決勝2節2回戦_3

しかし、今局は、瀬戸熊が同巡にツモ切りで追いかけ、700・1300でなんとかかわした。

 

すると、その瀬戸熊に波が押し寄せる。

2016RTD_決勝2節2回戦_4

次局には、をアンカンした後、カンリーチを一発でツモってウラ3の3000・6000を決めると、南入しても勢いが止まらない。

 

2016RTD_決勝2節2回戦_5

藤田のこのリーチにカンを引いて追いかけると、藤田からを打ち取って8000。

2016RTD_決勝2節2回戦_6

 

2016RTD_決勝2節2回戦_7

続いて、オヤ番でも藤田のリーチを受けるが、ここでも追いかけリーチで1000オール。

2016RTD_決勝2節2回戦_8

4局連続のアガリで多井をかわし、瀬戸熊がトップ目に立った。

 

しかし、絶対に休まない多井も、とにかく手を止めない。

オヤ番を迎え、このドラなしチートイツを躊躇なくリーチ。

2016RTD_決勝2節2回戦_9

周りの手牌進行を制限しながら、流局でオヤ権を維持すると、1本場では4000オールで再びトップを逆転した。

2016RTD_決勝2節2回戦_10

 

さらに、テンパイ流局を挟んで、この2巡目のポンテンを佐々木からアガって2900でダメ押し。

2016RTD_決勝2節2回戦_11

 

しかし、多井の攻撃はこれで終わらない。むしろ、真骨頂は4本場だった。

2016RTD_決勝2節2回戦_12

藤田のリーチを受けたときにはこの形。

2016RTD_決勝2節2回戦_13

並みのプレイヤーなら、完全にベタオリの手順を踏むべく、辺りから並べていくのではないだろうか。

しかし、多井は1枚切れのとした。

少しでも形を維持したということだ。

これは、つまり、「隙あらば、やり返すよ」、そういう意味である。

2016RTD_決勝2節2回戦_14

そして、流局間際、をチーして、藤田のハイテイをズラしながらイーシャンテンに構えると、次巡にを引いて無スジのを勝負。

2016RTD_決勝2節2回戦_15

見事にテンパイでオヤ番をつないで見せたのだ。

このテンパイ取りにこそ、多井麻雀の神髄が隠されていると思うのである。

多井のように、緻密に堅実に1つ1つ積み上げていくタイプの打ち手は、「休んだら終わり」だ。

本人が、それを一番よくわかっているはずである。

だから、一切手を抜かないし、その上、おごりもない。

 

例えば、次局がそうだ。

2016RTD_決勝2節2回戦_16

次局に果たしたこのテンパイ。佐々木が、をポンしてソウズのホンイツ模様なのである。

そこに、多井はを打ってダマテンに構えた。

ここには、正にその多井麻雀のエッセンスが多分に含まれている。

1つは、佐々木ならイーシャンテンがありえるという読みと、仮にテンパイで佐々木に打ったとしてもよいという冷静な判断力。

もう1つは、という絶好の待ちでも、優勝がほぼ決まっていても、このテンパイをダマテンにできる「おごらない心」である。

2016RTD_決勝2節2回戦_17

そして、多井がを打った直後、佐々木にテンパイが入るも、1手違いで多井の4000オールが炸裂した。

2016RTD_決勝2節2回戦_18

追う3者にとっては、これが事実上の投了宣告。

オーラスでは、藤田が粘って6本場まで積むものの、多井には届かず。

2016RTD_決勝2節2回戦_19

どんな状況になろうと決して休まず、冷静に持ち味を発揮した多井が、驚異の6連勝で優勝を決めた。

そして、24時間365日年中無休の多井ストアは、残り2半荘でも当然の全力稼働だ。

それが、店主・多井隆晴の、麻雀打ちとしての心意気である。

 

 

藤田晋invitationalRTDマンスリーリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、7節28回戦を争う。
優勝者には2016年麻雀最強戦ファイナルへの出場権が与えられる。

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

PC版:http://abema.tv
iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
AbemaTV麻雀ch:https://abema.tv/now-on-air/mahjong
RTDマンスリーリーグ公式サイト:https://rtdmonthly.amebaownd.com/
AbemaTV麻雀ch公式Twitter:https://twitter.com/abema_mahjong
RTDマンスリーリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送):https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top