麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
小林と勝又、対照的な逃げの形! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第4節 23、24回戦レポート

小林と勝又、対照的な逃げの形! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第4節 23、24回戦レポート

CABO求人ニルウッドカバー

4/10(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグWHITE DIVISION 第4節 23、24回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

22回戦終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_1_R                  

 

23回戦に登場したのは小林。

小林といえば、仕掛けて、相手がくる前にアガリ切ってしまうという、「先制テンパイとアガリ回数」の選手である。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_2_R

東1局、この形からもポンせず、を引いてテンパイを果たす。

テンパイとはいえ、ドラのを切って1枚切れのペンだ。ここはをトイツ落としする手順を思い浮かべる打ち手が多いのではないだろうか。

しかし、小林はあっさりテンパイ取り。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_3_R

そして、次巡に1300のアガリを手にした。

仕掛けだけではなく、門前でもアガリやすさを重視する小林らしいアガリである。

 

すると、東2局でもアガリに向けた手順。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_4_R

を切ればカンから入ったときにピンフがつく。すでにという受けがあり、を引いても受けがかぶってしまうため、切りも自然な1打に見えるが、小林の選択は打

2枚切れのため、ピンズの変化の弱さと、に振り替わった場合のタンヤオ仕掛けも考慮し、アガリ優先の打である。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_5_R

すると、狙い通りソウズを伸ばしてリーチツモで3000・6000。

トップまで駆け上がった。

 

極めつけの門前手順はこれ。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_6_R

サンアンコを見て、打とする打ち手が多いのではないだろうか。

ドラを使い切る構想なら打もある。

しかし、小林の選択はツモ切り。

リーチのみになる可能性も残した1打で、絶好に見えるでアガリを取りにいった。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_7_R

すると、がカンドラになった後にを引き入れリーチ。これが石橋から一発で出て12000。

宣言牌がの場合、石橋がを打たなかったかもしれないことを考えると、イーシャンテンの時点でを切っておかなければ、実現しなかったアガリだろう。

 

こうなると、完全に小林のペース。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_8_R

こんな不安定に見える形でをポンすると、影をも踏ませぬ速さでアガり切る。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_9_R

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_10_R

これが、小林の必勝パターン「先制テンパイとアガリ回数」である。

 

一方、24回戦で登場した勝又は、小林とは対照的に「後手を踏んだときの斬り込みと、打点」の選手である。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_11_R

フリテンのこのイーシャンテンから、勝又はなんと打を選択する。

そして、12巡目のもポンせず、を引いてリーチ一発ツモ。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_12_R

意志を持ってハネマンに仕上げ、トップ目に立った。

 

そのまま勝又がトップ目を維持して南入したところで、オヤの瀬戸熊がポン、チーで、このテンパイ。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_13_R

ここに、藤田がを勝負してリーチ。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_14_R

対する勝又は、この形。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_15_R

ひとまずを打てるようになったが、2軒テンパイではさすがにオリることになりそうだ。

しかし、次巡にを引いた勝又は、1枚切れのを勝負。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_16_R

さらにを引くと、ワンチャンスのも押して待ちのダマテンで前に出る。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_17_R

これに瀬戸熊がツモ切りで飛び込み、紙一重で2人の攻撃をかわし切った。

 

フラットな状況では打点を作り、点数を持って後手を踏んでもきっちり斬り込む。

「打点と後手でかわす」勝又の、見事なトップが決まった。

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_18_R

RTDリーグ2017_WHITE_第4節23-24回戦_19_R

小林と勝又という、何やら対照的な辛さを持った2人が、それぞれのスタイルで逃げ切りを決め、ポイントを3桁に伸ばして3節目を終えている。

 

■次回4/13(木)21:00からBLACK DIVISION 19、20回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定https://abema.tv/channels/mahjong/slots/8TTADRLTj4aFeF

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top