麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

攻撃のスペシャリスト佐々木、圧巻の2連勝! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第4節 19、20回戦レポート

攻撃のスペシャリスト佐々木、圧巻の2連勝! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第4節 19、20回戦レポート
RTDリーグ
2017年04月16日 19:00

4/13(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第4節 19、20回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

18回戦終了時の成績はこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第4節19-20回戦_1_R               

 

多井vs佐々木の1位2位対決となった19回戦、20回戦の2連戦。

初戦の東1局で先制したのは多井。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節19-20回戦_2_R

オヤリーチを受けて、前巡に佐々木が通した1枚切れの待ちでも驕らずダマテン。

これに佐々木がツモ切りで飛び込み、6400。

多井らしい切れ味鋭いアガリで先制する。

 

RTDリーグ2017_BLACK_第4節19-20回戦_3_R

しかし、ここから、前年度王者・多井に「攻撃のスペシャリスト」とまで言わせる佐々木が攻撃で魅せた。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節19-20回戦_4_R

まずは、オヤ多井のマンズ仕掛けにマンズ待ちのリーチでぶつけ、マンガンツモ。

これで多井に並ぶと、自身のオヤ番ではこの1枚切れ単騎をダマテンに構える。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節19-20回戦_5_R

意外なダマテンだろうか。

佐々木に対し、何でもリーチにいく印象を持っている方も多いと思う。

確かに佐々木のリーチには愚形が多く、「おいおい、そんな待ちまでリーチかよ」と思うのも無理はない。

しかし、その愚形リーチ時の河と相手の手牌進行をぜひ確認してもらいたい。

待ちの絞れない河(リーチされたら嫌な河)で、相手がリャンシャンテンぐらいのときにリーチをかけていることが多いと気づくだろう。

また、ホンイツやチートイツドラ2のように、ダマテンでも高く、待ちが絞られやすい河のときには、ダマテンできっちりアガっている。

ここでも、1枚切れとはいえ、リーチをかけたら出ることのない単騎で、9600のダマテンに構えた。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節19-20回戦_6_R

すると、滝沢のリーチ直後にツモアガリ。

4000オールで、まずは1勝をもぎ取った。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節19-20回戦_7_R

 

続く20回戦でも、佐々木の攻撃が冴える。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節19-20回戦_8_R

白鳥の2巡目1枚切れの単騎リーチ。

リーチのみだが、オヤの現物に照準を合わせたアガれそうな待ちである。

 

これに対し、まず見事な対応を見せたのは多井。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節19-20回戦_9_R

ここから、を打たずに唯一の現物を抜いた。

このケース、オヤの第1打に合わせたチートイツなどの待ちがあり得るとの判断である。

多井の席に座っていたのが並の打ち手なら、ここでを打って終局となるが、多井がこのを抑えたことで、局が続く。

 

一方の佐々木はといえば、まだこの手牌。ひとまず現物のと並べる。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節19-20回戦_10_R

後手を踏んだ状況でアガれそうな手牌にはあまり見えないが、佐々木は言った。

「白鳥は、どうせまたしょうもないリーチなんだろ?と思って、押す気だった」

半分は白鳥に対するいつもの煽りだが、半分は本気であろう。

白鳥のリーチが「しょうもないかどうか」、その判断ポイントはどこか。

その判断には、きっと白鳥が見せたリーチ時のわずかな逡巡も含まれる。

ノータイムとはいえないワンテンポ、そして指の動き、視線の動き。

視線については、対局後、多井も「リーチするとき、オヤの第1打に視線が動いたように見えた」と語っている。

このような所作と、白鳥という戦略を持ったキャラクターを考慮すると、前述した佐々木のコメント「白鳥のリーチはどうせしょうもない」にたどり着くのではないだろうか。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節19-20回戦_11_R

そして、言葉通り、このイーシャンテンからも通っていない両無スジの切り。

その後に無スジのも押した後、カンチーでホンイツへ向かった。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節19-20回戦_12_R

すると、前に出たオヤの達也からが切られてポンテン。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節19-20回戦_13_R

アガリまでは結び付かなかったが、自分を信じて押し切った結果、ホンイツのテンパイで流局を迎えたこと、開けられた白鳥のテンパイ形が想定通りだったことを確認し、気分的にはノったはずである。

 

そして、その後に先制した白鳥を南3局のマンガンツモでかわし、トップ。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節19-20回戦_14_R

ヒト読みも駆使した見事な攻撃で、佐々木が首位攻防戦を2連勝で制した。

RTDリーグ2017_BLACK_第4節19-20回戦_15_R

RTDリーグ2017_BLACK_第4節19-20回戦_16_R

総合2位の多井をラスに沈めてのトップだったため、総合成績ではついに佐々木が大きく抜け出した。

しかし、ポイントを守る気など、佐々木には毛頭ないだろう。

次回以降も、佐々木の攻撃に注目だ。

 

■次回はBLACK DIVISION 21、22回戦を4/7(月)21:00~ AbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/ACrBGFE6qBj959

 

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
——————————————————–
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
——————————————————–

この記事を書いた人

鈴木 聡一郎
鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に29期前期生として入会。
以後10年にわたり、観戦記者として活動中。
最高位戦の対局以外にも、モンドTV、マージャン101などの観戦記を執筆。
観戦記以外には、書籍「麻雀偏差値70へのメソッド」(石井一馬)、コラム「麻雀強者の哲学」(鈴木たろう)の構成としても参画。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)