麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
内川、逆転通過に向けた決断のリーチ! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第7節 37、38回戦レポート

内川、逆転通過に向けた決断のリーチ! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第7節 37、38回戦レポート

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

6/5(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグWHITE DIVISION 第7節 37、38回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

前回終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_WHITE_第7節37-38回戦_1_R

 

37回戦、トータル首位の小林がオヤで仕掛け始める。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節37-38回戦_2_R

終盤に差し掛かろうかという深い巡目に、チートイツのイーシャンテンからポンして打

仕掛けの利くイーシャンテンに組み替えた。

この仕掛けはなかなかできない。必要牌が絞り切れない序盤ならまだしも、この巡目ともなればなかなか鳴ける牌が出るイメージを持ちにくいからである。

しかし、小林は、を先に打っているためが悪くない点なども考慮し、仕掛けていったのである。

この仕掛けこそが、小林のアガリ回数と流局時テンパイ回数を支える仕掛けに映った。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節37-38回戦_3_R

すると、ドラを2枚引いた後にツモアガリ。

これでトップ目に立つと、オーラスには差し込みを誘発する鳴きで勝又からの援護を受け、逃げ切りに成功。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節37-38回戦_4_R

小林がさらにポイントを伸ばした。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節37-38回戦_5_R

 

38回戦では、石橋が先行する展開となるが、これを追ったのは、石橋と同じく逆転での予選通過を目指す内川。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節37-38回戦_6_R

4枚見えで、を切っていないプレイヤーが第1打にを打っているという、絶好のカンでテンパイを果たすと、小林の仕掛けに対して通りそうなドラを切ってリーチ。

内川の読み通り3枚ともヤマに残っていたを小林が掴んで2600。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節37-38回戦_7_R

反撃の狼煙を上げる。

 

RTDリーグ2017_WHITE_第7節37-38回戦_8_R

すると、続くオヤ番では、マンズの多いこの手牌から一気にマンズに寄せ切って6000オール。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節37-38回戦_9_R

これでトップを逆転していったのだが、今度は勝又に6000オールが出て逆転されてしまう。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節37-38回戦_10_R

 

南3局3本場、その勝又がをポンしてホンイツテンパイ。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節37-38回戦_11_R

この時点ではピンズに絞り切れないが、両面ターツ落としが見えているため、安い仕掛けではないことが想定される。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節37-38回戦_12_R

その危機を感じ取り、内川も直後にこの手牌からトイツ落としで受けていった。

トップを取らねばならない立場でも、冷静に押し引きできている印象である。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節37-38回戦_13_R

絶好の受けも泣く泣く外して迂回した内川だったが、ここでテンパイが入った。

勝又のツモ切りが続いており、徐々にピンズが浮き彫りになってきたところ。そのため、はかなり押しにくくなっている。

自身の待ちも場に5枚切れと、かなり薄い。

そう考えると、を切っておき、にくっついたら勝負というのがオーソドックスな気がしてくる。

しかし、内川の決断はを勝負。

しかもリーチのおまけつきである。

トップを取るにはどこかで前に出なければならないが、内川はそのポイントをここに見出した。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節37-38回戦_14_R

すると、内川決断のリーチは、勝又から直撃でウラも乗るという最高の結果で実を結ぶ。

この直撃でトップを決定づけた内川が、プラス圏まで後2トップというところまで浮上してきた。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節37-38回戦_15_R

RTDリーグ2017_WHITE_第7節37-38回戦_16_R

 

■次回6/8(木)21:00からWHITE DIVISION 第7節39、40回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9EnrZpqJvkuVbm

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

新着記事

Return Top