麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
多井、珍しい転落からの再逆転! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第7節 37、38回戦レポート

多井、珍しい転落からの再逆転! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第7節 37、38回戦レポート

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

6/15(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第7節 37、38回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

前回終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_1_R 

後がない5、6、7、8位卓という組み合わせになった37回戦、先制した多井を追うべく、オヤリーチをかけたのは滝沢。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_2_R

これに対し、トップ目の多井。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_3_R

滝沢のリーチ一発目にテンパイにたどり着く。

を切ればテンパイなのだが、両面待ちとはいえ、リーチのみでオヤリーチに対抗するのは好ましくない。

しかも、リーチの主は滝沢である。

期待値の高いリーチをかける滝沢に対し、この手牌で追いかけるのは損だと判断し、現物のを抜いていった。

もしを打っていれば、一発で18000の放銃である。

見事な放銃回避。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_4_R

迂回した多井だったが、終盤に再度テンパイを果たす。

見事に滝沢のアタリ牌を使い切ってのテンパイだ。

打ち出す 3枚見えで切りやすくはある。

ダマテンかリーチか。

いったん受けに回った以上、ダマテンにする印象のある多井だが、ここはリーチに打って出た。

「もう1度を引いた場合に備えてダマテンという選択もあるが、より引く方が早いと思った」

と語る多井の読み通り、ヤマに2枚生きていたを一発で引き当て、2000・4000。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_5_R

が完全アンパイであればダマテンもあったかもしれないが、小さいながらワンチャンスの牌を切り出すというリスクを背負うのであれば、リーチしてのリターンがないと見合わないという思考もあっただろうか。

見事な切り返しで、リードを広げた。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_6_R

リードすると、そのまま駆け抜ける印象のある多井。

猿川のマンズ染めを見て、チーから仕掛け始めると、がポンできて絶好のテンパイ。

怠けずにこういった仕掛けを入れていくのが多井の持ち味だが、今局では次巡に引いたをツモ切ると、達也のダマテンに捕まってしまう。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_7_R

強烈な12000。

これでまくられるのだが、粘りを重ね、南3局にアガリを取りにいくリーチを放つと、出アガリしたがウラドラで8000。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_8_R

トップ目に再浮上してオーラスのオヤを迎えると、4000オールでトップを決めた。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_9_R

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_10_R

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_11_R

しかし、オーラスの1本場で猿川に12000を放銃してのトップだけに、内容には満足していないというコメントを残した。

 

続く38回戦では、平賀がハネマンツモで抜け出す。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_12_R

すると、リードを維持したまま南3局にリーチで決めにいった。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_13_R

ところが、これに待ったをかけたのはをポンしていた藤田。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_14_R

三色同刻で、平賀の現物のスジで白鳥からアガり、オーラスアガリ勝負に持ち込んだ。

 

しかし、オーラスは平賀に軍配。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_15_R

1枚目のがポンできると、あとは一直線。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_16_R

白鳥のリーチをひらりとかわし、トップを決めた。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_17_R

RTDリーグ2017_BLACK_第7節37-38回戦_18_R

平賀はこれでプラスを200台に乗せ、3位を大きく引き離している。

 

■次回6/19(月)21:00からBLACK DIVISION 第7節39、40回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9hYgpRqkhsZnbR

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

新着記事

Return Top