麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
待ちに対する信頼度設定が高めの白鳥! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第7節 41、42回戦レポート

待ちに対する信頼度設定が高めの白鳥! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第7節 41、42回戦レポート

CABO求人ニルウッドカバー

6/22(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第7節 41、42回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

前回終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第7節41-42回戦_1_R

41回戦、トータル最下位で後がない滝沢が、南3局にラス目から渾身のリーチ。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節41-42回戦_2_R

この手をアガってトップ争いに食い込まなければ、トータルでもかなり厳しくなるところだったが、結果はツモウラ2で4000・8000。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節41-42回戦_3_R

滝沢が一躍トップ目に立つ。

しかし、オーラスにドラマが待っていた。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節41-42回戦_4_R

ハネマンツモ条件の達也が、同じくチートイツドラ2でリーチをかけると、ハイテイでツモってトップを逆転。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節41-42回戦_5_R

滝沢と同じく崖っぷちの達也が、大逆転で、準決勝進出4位の滑り込みに向け、粘りを見せた。

 

7節最終の42回戦は、準決勝進出ライン上の2~5位の組み合わせ。

現在、3位とはいえ、少しマイナスすればすぐに5位まで転落する可能性のある白鳥は、直接対決の今回でぜひともトップがほしいところ。

 

思うに、白鳥とは、実に慎重な男である。

一口に慎重と言っても、様々な慎重がある。

すなわち、何に対して慎重なのかということだ。

例えば、別DIVISIONの村上は、後手を踏んだ場合の備えに対して慎重であり、とにかくアンパイを残す傾向がある。ところが、一転門前でテンパイを果たせば、待ちの良さをそこまで求めない大胆さを併せ持つ。

一方、白鳥はといえば、村上とは逆に、無理にアンパイを持つことをしない代わりに、自身の待ちへの信頼度に対して慎重である。

特に、リーチ+1翻時の信頼度がかなり高めに設定されている。

つまり、それなりに信頼度の高い待ちになっていなければリーチをかけない、それが白鳥という打ち手なのだ。

 

その白鳥が、平賀のリーチに対して追いかけリーチを放った。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節41-42回戦_6_R

白鳥の追いかけリーチとあらば、高打点が確定しているときを除いて、ほぼ両面以上で、かつ勝算のあるリーチである。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節41-42回戦_7_R

ここでも、3面張で平賀から3900を打ち取った。

 

続いて、南入してリーチ。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節41-42回戦_8_R

今度は先制ながら、をアンカンしてリスクを負ってのリーチであるため、他家からはほぼ両面以上が想定されるところ。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節41-42回戦_9_R

これをきっちりツモると、ウラが5枚乗って4000・8000。

この倍満でトップ目に立つと、オヤ番では誰からもこぼれそうなを万全のダマテンに構え、4000オールでダントツとなる。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節41-42回戦_10_R

 

すると、続く1本場では、このチートイツをダマテンに構えた。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節41-42回戦_11_R

南や發をポンしたホンイツを見てのダマテンで、かつが1枚切れでさほどよくない。

やはりリーチ+1翻の手牌では待ち取りが慎重である。

しかし、4巡ほどツモ切りを続けると、を引いてツモ切りリーチといった。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節41-42回戦_12_R

を引いてがスジに掛かったからかと思いきや、そうではなかった。

前巡に猿川からがツモ切られ、自分の目からが4枚見えたことにより、2枚がほぼヤマに残っている、と待ちに信頼が持てたため、リーチに踏み切ったとのこと。

実は、白鳥は若手にしては珍しく、ツモ切りリーチが少なくない(↓の記事など参照)。

//mj-news.net/news/rtd/2017032662286

もちろん、なんとなくツモ切りリーチしているわけではなく、そこにはいつも明確な理由がある。

今回も、はきっちりヤマに2枚残っていたのだが、ここで仕事をしたのが猿川。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節41-42回戦_13_R

白鳥のリーチ宣言牌をチーして打

明確な一発消しである。

そして・・・

RTDリーグ2017_BLACK_第7節41-42回戦_14_R

なんと白鳥の一発ツモを回避!

離された点数状況からでもきっちり一発消しをする猿川の妙手により、白鳥のリーチは流局に持ち込まれた。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節41-42回戦_15_R

RTDリーグ2017_BLACK_第7節41-42回戦_16_R

とはいえ、鋭いリーチ見せながら、危なげなくトップを取り切った白鳥、ついに2位まで順位を上げ、7節を終えている。

 

■次回6/26(月)21:00からWHITE DIVISION 第8節43、44回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9hYgpjXZ8b8wkK

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top