麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
掴めない猿川の自由な感性! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第7節 39、40回戦レポート

掴めない猿川の自由な感性! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第7節 39、40回戦レポート

CABO求人ニルウッドカバー

6/19(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第7節 39、40回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

前回終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第7節39-40回戦_1_R

 

今シーズンが始まる前、猿川を評して「掴みどころがない柳」のような選手と言ったのは、他でもない私であった。

https://rtdmonthly.amebaownd.com/posts/1903335

39回戦、その猿川が、自由で独特の感覚を存分に披露する。

 

RTDリーグ2017_BLACK_第7節39-40回戦_2_R

東1局に平賀のオヤリーチを受けてアンパイなしで何を切るか。

何を切るかというより、まずはどういう姿勢でこの手牌と対峙するかということだろう。

すなわち、押すのか、引くのかである。

現物なし、両面×2のイーシャンテンでは、ひとまず自分の都合を優先して押すのが現在の主流であり、のトイツ落としになりそうである。

また、現物がない場合には「2巡凌げるトイツ落とし」が今やセオリーとなっており、引く場合でもトイツのに手がかかりそうだ。

きっと多くのプレイヤーはそう打つしかない。

これは、どちらの姿勢を選択しても、切りになるしかない。

そういう手牌である。

そういう手牌であるのにもかかわらずだ。

猿川という掴みどころのない男は、を河に置く。

この手で猿川が選択した姿勢は「引き」であった。

引くにしても、普通はだろう。

 

しかし、猿川は違った。

「この瞬間で1番通りそうな牌にしました」と言うのである。

確かに、両面待ちならば、が3枚見えている分、が最もアタりにくい。

とはいえ、次巡に切る牌がなくなる可能性が高いのだから、のトイツを落としたくなるところだ。

それについては、「はどちらも見えすぎていて、打ちたくないですね」と語った。

確かに、に関しては5枚見え、については4枚見えている。その両面ターツを持っているなら埋まっていない可能性が上がっているということなのだろう。

これが、猿川が見せた、オンリーワンにして「最大限の引き」である。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節39-40回戦_3_R

結果、次巡に引いたで平賀に放銃となるのだが、平賀のリーチは薄いを引き入れてのものだった。

ちなみに、「ドラが1つでもあれば、目をつぶってを打ちそうです」とのこと。

ドラが1枚あったらチャンス手と捉えることもできるのだが、それでも「渋々」といったニュアンスを存分に醸す猿川の感性が非常に興味深い。

 

さらに、佐々木にマンガンを放銃して迎えた自身のオヤ番でも、佐々木のリーチを受ける。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節39-40回戦_4_R

今シーズン、幾度となく訪れた劣勢だが、猿川はドラトイツのタンヤオで押し返すと、ドラがアンコになった後に仕掛けて4000オール。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節39-40回戦_5_R

これであっさり原点まで復活してしまう。

 

すると、1本場、またしても何切る。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節39-40回戦_6_R

下家の佐々木の河にマンズが濃く、ドラ受けも考えるとを打ってピンズとソウズで勝負したくなるところ。

ここは、「真っすぐにアガりにいきたい」。

そういう状況である。

 

しかし、猿川の選択は打

確かに、345、456両方の三色が残るのだが、この打牌の意図はそんなところにはなかった。

「何を切ったら、裏目を引いても一番カバーできるかなと思ってにしました」

直線のアガリではなく、第1にフォローを考えているのである。

この感覚には脱帽した。

確かに、裏目のを引いてもソウズに雀頭を求めればよいし、切りには高打点での安定感がある。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節39-40回戦_7_R

そして、を引き入れると、なんとダマテン。

確かに、河を見ると、佐々木以外の2人はをツモ切りそうで、余剰牌として手牌にある場合でも、切るならば佐々木に対しての先切り的に早く切られそうである。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節39-40回戦_8_R

すると次巡に6000オール。

リーチなら一発ツモで8000オールだったが、今後も対戦する相手に対しては、8000オールよりもこの6000オールのほうが恐怖心をあおることができるだろう。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節39-40回戦_9_R

こうして、猿川の超感性による掴みどころのない半荘は、猿川の大トップで幕を閉じた。

 

続く40回戦では、

RTDリーグ2017_BLACK_第7節39-40回戦_10_R

藤田のこのリーチに対し、丁寧に手を再構築した滝沢が追いかけリーチ一発ツモを決め、トップ。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節39-40回戦_11_R

オーラス、多井、白鳥、藤田の熾烈な2位3位争いは、多井・藤田のリーチに白鳥が仕掛けで押し切ってアガり切り、価値ある2着に滑り込んだ。

RTDリーグ2017_BLACK_第7節39-40回戦_12_R

RTDリーグ2017_BLACK_第7節39-40回戦_13_R

RTDリーグ2017_BLACK_第7節39-40回戦_14_R

猿川がトップを取り、平賀が大きなラスを引いたことで、準決勝進出ラインの4位争いは激化してきている。

 

■次回6/22(木)21:00からBLACK DIVISION 第7節41、42回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9hYgqwfXjPo9M9

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top