麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
局面を読み切った白鳥のツモ切りリーチ! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第3節 13、14回戦レポート

局面を読み切った白鳥のツモ切りリーチ! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第3節 13、14回戦レポート

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

3/23(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第3節 13、14回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

12回戦終了時の成績はこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_1_R                 

 

13回戦、達也がトップ目でオーラスを迎えたが、猿川に逆転手。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_2_R

をポンして単騎の倍満テンパイしているところに、ドラを引く。

単騎のままならどこから出てもトップ。

待ちならどこからでも2着以上だが、トップには達也直撃かでアガるしかない。

難しい選択だが、長考の末に猿川は打を選択した。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_3_R

すると、すでにテンパイしていた達也がドラを掴んでしまう。

「まだイーシャンテンだと思っていた」と語る達也は、を勝負。

猿川が倍満をアガってトップを逆転し、初トップを決めた。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_4_R

 

14回戦の対局者は、起家から順に

白鳥 翔(日本プロ麻雀連盟)

滝沢 和典(日本プロ麻雀連盟)

多井 隆晴(RMU)

猿川 真寿(日本プロ麻雀連盟)

 

オヤ番で先制した白鳥だったが、東2局を迎えて多井に逆転を許していた。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_5_R

と立て続けにポンして打でテンパイを果たしたのは滝沢。

裏側を見てしまえば、のみのペンという苦しい手牌なのだが、ホンイツやトイトイを匂わせる捨て牌を作ってあるため、他家としては真っ直ぐには押しにくい。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_6_R

そんな状況で追いついた北家白鳥は、やはり打のダマテンを選択する。滝沢の現物に期待してかわしにいく選択だ。

白鳥も「滝沢さんの仕掛けがトイトイ含みのホンイツに見えたため、苦渋の選択でかわし手にした」と語っている。

しかし、数巡後、突如ツモ切りリーチに打って出た。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_7_R

これについて、白鳥は次のように語る。

「他家2人はオリており、滝沢・白鳥2人に対してオリるのは難しいはずなのに、真っ先に打たれるはずのが出てこない。したがって、がヤマに残っているのではないかと思い、リーチに踏み切った」

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_8_R

白鳥の読み通り、はこの時点でヤマに3枚。この自信の待ちを一発でツモり、マンガンに仕上げた。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_9_R

読みがピタリとはまった会心の手順にもかかわらず、全く表情を変えない白鳥。

麻雀中には非常にクールに見える白鳥だが、内心はと言えば・・・

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_10_R

「いっぱつうれしいいいお」である。

このように、番組を観ている選手がTwitterでリアルタイムにコメントしていることも多い今期のRTDリーグ。

番組を観ながら、選手のTwitterもぜひチェックしてみよう。

 

さて、このマンガンでトップを逆転した白鳥だったが、多井に再逆転を許して迎えたオーラス。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_11_R

最初に動いたのは、オヤの猿川。

をチーしていく。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_12_R

数巡後、白鳥もテンパイ。

ダマテンでは多井から直撃かツモ条件になってしまい、前に出てくるはずの猿川からアガれないため、リーチをかけるのが圧倒的多数派だろう。

一方、白鳥は切りのダマテンを選択。

ほぼ前に出てくる猿川の打点とスピードを探りにいった。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_13_R

すると、さらに数巡後、猿川がを手出しする。

白鳥はこれを見逃さなかった。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_14_R

「こので猿川さんがイーシャンテンくらいになったと思った」と語る白鳥は、を引くと、手牌のと入れ替えてリーチといった。

「猿川さんの持ち点なら普通はオリないが、猿川さんならタイプ的にオリも十分あると思っていた。長いリーグ戦ということもあり、手牌があまりに整っていなければオリもあるかと。しかし、イーシャンテンならオリない可能性が高くなり、猿川さんからの出アガリ率も上がったためリーチに踏み切った」

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_15_R

すると、直後にトップ目の多井がチーテン。

が薄いため、アガリを目指して打とし、白鳥がアガリを手にした。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_16_R

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_17_R

局面を読み取った見事なツモ切りリーチと空切りリーチの2発で、白鳥が逆転トップを達成している。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節13-14回戦_18_R

 

■次回は15、16回戦を 3/27(月)21:00~ AbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/8Zgv1x6qcM1DS7

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top