麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
村上・瀬戸熊の、強さを支える地味な一打! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第7節 43、44回戦レポート

村上・瀬戸熊の、強さを支える地味な一打! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第7節 43、44回戦レポート

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

6/26(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグWHITE DIVISION 第8節 43、44回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

前回終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_1_R

 

43回戦、東1局から勝又のドラ待ちチートイツ、小林のタンヤオ仕掛けテンパイが入ったが、これをかいくぐって村上が2600オールで先制する。

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_2_R

一時は200ポイント近く持っていた村上だが、現在マイナスにまで落ちてきてしまった。村上の出番はこの半荘を入れて残り6回戦。ここでトップを取って、後がない状況に陥らないようにしておきたいところ。

すると、続く1本場で村上に妙手が出る。

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_3_R

瞬間の効率だけを見るなら打だが、からの好形変化や万が一の456三色も気になるところ。

村上の選択は打

の3枚切れからピンズのイッツーを見切り、ピンフになるペンチャン受けだけ残して打とし、へのくっつきも残した。

村上のこういった手順は昨年までも多々あったのだが、その多くは「アンパイの確保」という守備意識を持ってのものだった。

そのため、ここでも中盤に差し掛かってアンパイを引いたらを切るのかなと思っていた。

そして、その予想通り9巡目のツモ

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_4_R

2枚切れので、絶好の安全牌なのだが、村上がこれをノータイムでツモ切ったのには少し驚いた。

今までなら、わりと(もしくは)を切っていた印象があったからだ。

これはどういうことか。

そもそも今シーズンに臨むにあたり、村上はアンパイを持つ回数を少なくしている。

それに加えて、この河情報。

特段早そうなプレイヤーがおらず、もっとも濃い数牌が切られ始めた石橋の安全牌としてはのトイツがあるため十分である。

そこで、目をつぶってグレーな闇(漆黒というほどではない)に飛び込む覚悟で打、というわけだ。

この打は、村上にとってはけっこうな勝負打牌なのである。

そして、うまくの方から入って一発ツモ。

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_5_R

結果は変わらないのだが、河に並んだの順番。

この順番を作り上げるために、相当な練習量を積んできたであろうことが見て取れる。

続く2本場でも得意のリーチで、石橋の宣言牌を捉えて7700。

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_6_R

東1局で勝負を決めた村上が、逃げ切りトップを決め、トータルをプラスに戻した。

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_7_R

 

続く44回戦では、瀬戸熊の、地味にも瀬戸熊らしい一打を紹介しよう。

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_8_R

藤田の早いリーチを受けて、オヤ番でこのイーシャンテン。を通したため、マンズはほぼ安全で、も今通ったところ。

安全にいくなら打かもしれないが、オヤ番ということを考慮すると、少し押し気味に辺りを切りたくなってしまう。

一方、瀬戸熊は打

「やりすぎない」が信条の瀬戸熊は、やはりを抜いた。

アンパイが豊富にできたこの手牌で、イーシャンテンから無スジのを打つのはやりすぎということだろう。

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_9_R

すると、ソウズ模様の下家たろうにでチーされた後にテンパイ。

愚形ながら、今度はテンパイである。

打点的にもオヤでリーチドラ1ならば、リーチで勝負をかけたくなるところ。

しかし、私は、瀬戸熊ならそう打つだろうなと見ていた。

瀬戸熊の選択は打のダマテン。

これである。

役なしの無スジプッシュ。

これで幾度となく他家の手をつぶすところを見てきた。

今回はアガリにはつながらなかったが、オヤのドラ1テンパイでもダマテンで「謙虚に押せる強さ」が、瀬戸熊を支えていると思うのである。

 

決め手が出ないまま南入すると、瀬戸熊が2枚目のをポンしてこのテンパイ。

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_10_R

ここからすぐにをポンして1枚ずつ切れているシャンポンに受ける。

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_11_R

すると、これをすぐさまツモって2000・4000。

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_12_R

一撃でトップをまくってしまう。

 

続く南2局では、ここからダマテン。

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_13_R

タンピンドラ1なのだが、ドラまたぎで、マンズが場に高い。

他の待ちにも変えることができるため、ここでリーチをかけるのはやりすぎということなのだろう。

しかし、たろうからリーチが入ると、ツモ切りで追いかけリーチを敢行。

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_14_R

もうは切れないし、めくりあいなら勝負になる。

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_15_R

これをツモって瀬戸熊がトップを決めた。

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_16_R

RTDリーグ2017_WHITE_第8節43-44回戦_17_R

ついに、最後の2日間が幕を開けた。

4位に滑り込み、準決勝進出を果たすのは誰なのか。

残すはラスト10回戦!

 

■次回6/29(木)21:00からWHITE DIVISION 第8節45、46回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9hYgpj2iSULgGP

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top