麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
多井が決め手を作るとき!小林が仕掛けを捨てるとき! RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 5、6回戦、BLACK DIVISION 1、2回戦レポート

多井が決め手を作るとき!小林が仕掛けを捨てるとき! RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 5、6回戦、BLACK DIVISION 1、2回戦レポート

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

2/5(月)および2/8(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 5、6回戦およびBLACK DIVISION 1、2回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

 

▼▼▼WHITE 5回戦:フリテンも辞さない石橋のテンパイ取らず▼▼▼

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_1_R

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_2_R

前回トップで2連勝を狙う石橋は、東1局でポンテンをツモって2000・4000で先制すると、今度はをアンカンしてリーチを放ち、達也から12000でトップを盤石にする。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_3_R

 

そして迎えたオヤ番、石橋が手を止めた。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_4_R

リーチの有無は割れそうだが、を切っているためカンテンパイには受けそうである。

一方、石橋が打ち出したのはだった。

なんとテンパイ取らずである。

石橋「を引いても高目ドラのフリテンリーチすればいいし、フリテンやカンならリーチ。とにかくリーチできる牌を多く構えておきたかった」

なるほど。フリテンを度外視すれば、確かに打の方がリーチできる牌が多い。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_5_R

実際には、を引いてリーチするため、テンパイを取っていても同じ形になっているのだが、石橋らしい思い切りの良さが出た1打に、2018シーズンに向けた準備が見て取れた。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_6_R

 

▼▼▼WHITE 6回戦:佐々木流、打点と好形のバランス▼▼▼

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_7_R

オヤの佐々木がここから打でイーシャンテンに構えるが、次巡のツモは無情にも裏目の

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_8_R

ツモ切りかと思いきや、佐々木はここで打とし、フリテンに受けなおした。

カン固定よりはからの伸びでリャンペーコーまで見るが、フリテンとはいえ両面になればで十分。

といった感覚なのだろう。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_9_R

そして、イメージ通りフリテンリーチにいくと、ツモウラ2で6000オール。

その後もアガり倒し、特大トップを決めた。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_10_R

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_11_R

 

▼▼▼BLACK 1回戦:ここでを切るために休まずかわし手を入れてきた▼▼▼

いよいよBLACK DIVISIONも開幕。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_12_R

俳優の萩原、現發王位の新鋭・松本が初参戦となる。

そんなメンバーを迎え撃つのは、2016シーズン王者・多井。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_13_R

「王者として絶対に負けられない」と意気込みを語ってくれた。

 

開局と同時に先制したのはその多井。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_14_R

いったん先制すると、サボらずにかわし手で的確に局消化していくのが多井スタイル。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_15_R

このピンフ高目タンヤオもが3枚切れのためダマテンに構え、後にかかった瀬戸熊のリーチをあっさりかわす。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_16_R

 

南2局でも、萩原のドラポンを受け、このテンパイをダマテン。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_17_R

すると、同巡の萩原。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_18_R

で打を選択し、多井がアガり切った。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_19_R

仮に多井がリーチで決めにいっていたら、萩原は打としていたため、確実にもつれていた。

 

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_20_R

南3局でも仕掛けて3900を2着目白鳥から直撃すると、安全圏でオーラスのオヤを迎える。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_21_R

2着目が離れて打点を狙えるこの点数状況なら、思い切ってを切っていける。

逆に、もし2着目と競っていたら、ここでを切って広く受けるしかなかっただろう。

そう、多井が入れてきたダマテンや仕掛けは、すべてこのを打つための過程なのである。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_22_R

すると、電光石火の18000。

仮に、あの巡目でを切らなかった場合、がくっついてしまうため、このアガリになったかどうかはわからない。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_23_R

昨年は他家の攻撃をかわし切れなかった印象があるが、今期は多井らしい最高の形でのスタートとなった。

 

▼▼▼BLACK 2回戦:小林が仕掛けない手牌▼▼▼

上家の村上がをポンしてマンズのホンイツ模様。

小林は、ここで打ち出されるをスルーして、ヤマに手を伸ばす。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_24_R

6巡目、2枚目の

これをスルーした後、仮にが埋まってもホンイツの色と待ちがかぶり、が埋まってもドラそばで端が2枚切れのが残ってしまう。

これは、普段の小林からするとかなり鳴き寄りに見える。

実際、対局後に小林はこう語っている。

小林「これは、鳴かなくても間に合うかもしれないギリギリのライン。鳴いた方がいいかもしれないと思いながらも鳴かずに勝負に出た」

迷いながらも鳴かなかったというのである。

例えば手牌にドラがなかったり、マンズの部分がだったりすると鳴いていくのだろうが、打点(タンヤオピンフドラ1)と好形が確定しているため、スルーとした。

これが大正解。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_25_R

3000・6000で松本を追走する。

「そもそもこんなの鳴かないよ」という視聴者の方も多いだろう。

しかし、これは本当に、小林という打ち手にとってのベースはチー。

つまり、小林にとってはかなりギャンブル要素の強いスルーなのである。

そして、その勝負所を最高の形で制した。

 

その後、松本との差を維持しながら、オーラスのオヤを迎えた小林が配牌を取ると、かなり整った形。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_26_R

さて、第1打に何を切るか。

好形ターツは足りているため、ピンフになる牌で雀頭を作りたい。また、他の3者ともに打点ではなくアガリがほしいため、他家に役牌が重なる前に切ってしまいたい。

といった理由で三元牌から切り出すのが現代風だろうか。

一方、小林の選択は打

小林「役牌が重なったシャンポンリーチも狙いたい」

ピンフではなく、役牌の重なりを期待したのである。

小林「リーチする予定のとき、符が安くなるピンフの1ハンは他の役より価値が低いので、狙いにいくほどではない」

 

では、みなさんが最も気になる質問をしてみよう。

― 役牌が重なったとき、鳴くことはありそうか?

小林「役牌は重なってもほぼ鳴かない。リーチする手牌でしょう」

そう。小林といえど、この点数状況・手牌での鳴きはないのである。

確かに、上下ともに離れているため、アガリ自体の価値は小さく、好形リーチの価値が高まっている。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_27_R

結果、役牌は重ならなかったが、4000オールでトップに並ぶと、あっという間に抜き去った。

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_28_R

RTD2018_WH5-6回戦_BL1-2回戦_29_R

昨年、予選で敗退した多井と、決勝戦で敗れた小林。

ともに超一級品のかわし手を持つ2人が、決め手を作って大きなトップで2018シーズンのスタートを切っている。

 

■次回2/12(月)21:00からBLACK DIVISION 3、4回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定

https://abema.tv/channels/mahjong/slots/AkyYudjJTZ3NnB

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

新着記事

Return Top