麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
7面張に勝つカンチャン!斜め上を行く勝又の悔しがり方!? RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 25-28回戦レポート

7面張に勝つカンチャン!斜め上を行く勝又の悔しがり方!? RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 25-28回戦レポート

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

4/23(月)、4/26(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 25-28回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

前回までの成績はこちら↓

RTD2018_WHITE_25-28回戦_1_R

 

25回戦:漫画!?カンチャンで7面張に勝つ!

RTD2018_WHITE_25-28回戦_2_R

石橋が絶好のを引き入れ、の3面張でリーチすると、達也も負けじとの4面張リーチといった。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_3_R

2人併せてなんと7面張!!

これは2人がやりあって決着かと思いきや、そこに割って入ったのは勝又だった。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_4_R

をチーしてカンテンパイを組むと、リーチの2人をケアしたたろうからが打ち出され、勝又が7面張をカンチャンでかわす。

 

すると、つないだ1本場でウラ2の6,000オール。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_5_R

これで勝又が大きくリードするが、食い下がったのは達也。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_6_R

トイツを捉えるのがうまい達也のイメージからすると、トイツには手をかけず、辺りを打っていくイメージを持っていたが、達也はを切っていった

RTD2018_WHITE_25-28回戦_7_R

すると、次巡にを引き、さらに打

これは打点基準を高く設定している達也らい。

カン受けを切り捨て、ドラのだけ受けられるようにすると同時に、が重なってのホンイツを見たというわけだ。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_8_R

実際には直接を引いてリーチをかけ、ツモウラでマンガンとしたが、反撃もここまで。

勝又が逃げ切って今期2勝目を決めた。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_9_R

 

▼▼▼28回戦:2連勝を決めた勝又の、斜め上をいく悔しがり方▼▼▼

さきほどトップを取った勝又が、ここでも素晴らしい手順を見せる。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_10_R

序盤からしつこくを残すと、ここでもを切らすにリャンシャンテン戻しとした。

これは、イッツーか123の三色を見た、決め手を逃さない柔軟な1打である。

すると、構想通りイッツーでテンパイし、リーチツモ。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_11_R

このマンガンで頭1つ抜けると、次局でもテンパイ。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_12_R

を切ってにするか、を切ってとするか。

枚数がさほど変わらないのであれば、単純両面よりも変則待ちに受けた方がアガりやすさは上がる。

例えばこの手を待ちでリーチしても、絶対にノーチャンスになることはないが、でリーチすれば、が4枚見えてがノーチャンスになることがあるからだ。

枚数はさほど変わらないが、出アガリ面での優位性、出アガリ時やツモアガリ時の打点上昇を考慮し、勝又は切りリーチに踏み切った。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_13_R

そして、和久津のリーチ宣言牌を一発で捉えて5,200。

トップの地盤を固めた。

 

2着以下を大きく引き離した勝又は、3着落ちやラス落ちのリスクがないと見るや、オヤでさらなる加点を狙う攻撃姿勢を見せる。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_14_R

達也がこの3フーロでカンテンパイを組んだところ。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_15_R

ここに対し、勝又がをツモ切った。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_16_R

ソウズの3フーロに対してソウズを勝負である。

確かに、トイトイがつかなければで当たっても5,200であり、下位が混沌とする分、失点に比べると自分のトップ率は低下はかなり小さく済むだろう。

また、達也の切り順が、の後にターツ外しになっており、その直後にポン打

これだと、染まり切っていないことがあってもおかしくない。

そういった要素を加味してだろう。勝又はと通して1,300オールを決め、盤石の逃げ切り体制を構築した。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_17_R

しかし、オーラスに勝又が意外な動きをしたので驚く。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_18_R

オリて流局トップのオーラス、勝又はでチーする遠い仕掛けを始めたのである。

確かに、勝又にとっては唯一マンガンを放銃できない和久津が仕掛けてくれたため、仕掛け返しやすい状況ではあるだろう。

それはわかるのだが、そもそも遠い仕掛けを入れてまでアガリに向かう必要がないため、この仕掛けに驚いたのである。

結果、平賀が和久津からアガり、勝又が逃げ切りで2連勝を決めた。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_19_R

それにしても、オーラスの仕掛けは一体どういう意図だったのだろうか。

実は勝又、南3局に和久津のリーチと平賀のダマテンに挟まれていた。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_20_R

チートイツ気味の和久津に対し、一発でを打ち出した平賀は5,800の現物待ちをダマテンにしている。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_21_R

これに対し、勝又は共通アンパイがあるところからで平賀に放銃。

残り巡目を考えると、ここでを打っておく方が有利にも見えるが、勝又にとっては「ヌルイ放銃」だった。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_22_R

このオリ打ちが、オーラスの仕掛けに関わっている。

勝又「5,800オリ打ちしちゃったから、オリ打ちした分は絶対に取り返してやると思って、オーラスに連荘しにいった」

想像の斜め上をいく面白さ。

実にユニークな発想である。

しかも、あの冷静な勝又がこういう発想をしているのが面白さに拍車をかける。

オーラスの仕掛けは実らなかったが、勝又が2連勝でプラスを100付近まで持ってきた。

 

▼▼▼26回戦:「またか・・・」佐々木の針穴トップ▼▼▼

RTD2018_WHITE_25-28回戦_23_R

オーラス、カンをチーした平賀にアガリトップのテンパイが入った。

もちろん、アガらなくてもトップになるケースは多い。

しかし、当然のようにここに割って入る首位独走中の佐々木。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_24_R

ドラでアガってウラ1という針の穴に糸を通すような条件だったが・・・

RTD2018_WHITE_25-28回戦_25_R

ドラではない方でアガったにも関わらず、なんとウラドラが2枚乗って8,000。

トップをまくってしまった。

この牌姿でウラが2枚乗る確率は実にわずか9%。

9%をあっさりクリアした佐々木が、今期何回目かわからない逆転トップで一人旅を続ける。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_26_R

 

▼▼▼27回戦:全部自分でアガればいいんです!猿川流逃げ切り法▼▼▼

細かくアガリを重ねて4万点のトップ状態を築いた猿川は、南場のオヤが流れても攻撃の手を緩めない。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_27_R

佐々木からのリーチに追いかけ、佐々木からを打ち取ると、次局も高目タンヤオを躊躇なくリーチ。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_28_R

オヤ番がなく、放銃して逆転を許せば再逆転するのは難しいおそれがあるが、そんなことには構わず2局連続でリーチをかけていった。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_29_R

すると、佐々木からを捉え、勝負あり。

RTD2018_WHITE_25-28回戦_30_R

RTD2018_WHITE_25-28回戦_31_R

自力で勝負を決めにいった猿川がトップで、ついにマイナスを100台まで回復させてきた。昨年の大逆転の再現なるか。

『逆転の猿川』、その反撃が幕を開けた。

 

■次回は、4/30(月)21:00からWHITE DIVISION 29、30回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定

https://abema.tv/channels/mahjong/slots/EdZVBJ64FmT8KZ

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

新着記事

Return Top