麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
紺野真太郎が大逆転でプレミアトーナメント決勝に進出/麻雀最強戦2018 アース製薬杯男子プレミアトーナメント 下剋上合戦

紺野真太郎が大逆転でプレミアトーナメント決勝に進出/麻雀最強戦2018 アース製薬杯男子プレミアトーナメント 下剋上合戦

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

 竹書房が主催する麻雀日本一決定戦「麻雀最強戦2018」のアース製薬杯男子プレミアトーナメントの2戦目「アース製薬杯 男子プレミアトーナメント 下剋上合戦」が7月14日に行われ、日本プロ麻雀連盟の紺野真太郎が優勝してプレミアトーナメントの決勝進出を決めた。

 決勝戦はA卓から石原真人と藤原隆弘、B卓から紺野真太郎と井出康平が勝ち上がった。

 決勝戦は石原が先行してリードを得るも、藤原が南1局の親番で大連荘。56000点まで素点を伸ばした。南2局に親の石原が粘るも藤原の満貫のあがりとなり、大勢決したかと思われた。しかし南3局時点で藤原と48900点差だった紺野が南3局からあがりを重ね、南4局2本場ではリーチ・ツモ・嶺上開花・ドラ2・裏1の6200オールの大きなあがり。その後もあがりを重ね、藤原を逆転。最終的には藤原は満貫ツモ条件となった。満貫ツモ条件となった藤原は最終局にリーチをかけるもあがりには結びつかず、紺野が優勝を果たした。

 優勝した紺野は「北家を引いたのでどこかでチャンスが来ると思っていました。悔いが残る局もありましたが、通常のリーグ戦とは全く違う戦い方をして、結果が出せたので良かったです。」と喜びを語った。

紺野は7/29日に開催される男子プレミアトーナメント決勝へ足を進めた。

【下剋上合戦 決勝】

1位 紺野真太郎(日本プロ麻雀連盟)
2位 藤原隆弘(日本プロ麻雀連盟)
3位 石原真人(麻将連合)
4位 井出康平(日本プロ麻雀連盟)

関連URL

麻雀最強戦公式サイト

麻雀最強戦公式ルールが変更 「オーラスの親のアガリやめ”なし”」にー麻雀ウォッチ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top