麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【麻雀クイズ王】明治42年日本に初めて持ち込まれた麻雀牌はどこで使われた?【梶やんの歴史クイズ】

【麻雀クイズ王】明治42年日本に初めて持ち込まれた麻雀牌はどこで使われた?【梶やんの歴史クイズ】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

週2回出題される問題に答えていけば、あなたも麻雀の歴史マスターに!

今日の問題はこちら!


梶本琢程さん(@takutei)から麻雀の歴史についての問題が出題!

問題

明治42年(1909年)、大連で英語教師をしていた名川彦作によって日本に初めて麻雀牌が持ち込まれましたが、その牌はどこで使われていたでしょう?
1.サハリン(樺太) 2.沖縄 3.横浜
  

正解はこちらをクリック
1.サハリン(樺太) 
名川は帰国後、樺太の女学校に赴任したため、麻雀牌もそこに行くことになりました。名川は教え子や同僚に麻雀の手ほどきをしたそうです。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top