麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
Mリーグを支えるスポンサー企業を過去から最新までご紹介!

Mリーグを支えるスポンサー企業を過去から最新までご紹介!

BULL2021求人朝宮あろま

いまや麻雀界に欠かせない存在となったMリーグ。そんなMリーグ発展の歴史のうえで忘れてはならないのがスポンサー企業の存在だ。もちろん、選手やファンがあってのMリーグであることは誰もが認めるところだが、スポンサーがMリーグを支援しなければMリーグは成り立たない。そこで今回は、2022年現在のMリーグスポンサーを紹介するとともに、過去にスポンサーを務めた企業についても紹介していく。この記事を読んで、Mリーグの隆盛に一役買っている企業をあらためて知っていただきたい。

過去のMリーグスポンサー

はじめに、過去にMリーグスポンサーを務めたことがある企業を紹介していこう。

イー・ガーディアン

会社名

イー・ガーディアン株式会社

所在地

〒105-0001

東京都港区虎ノ門1-2-8虎ノ門琴平タワー8F

設立年

1998年

事業内容

ITサービス業など

公式サイト

https://www.e-guardian.co.jp/

「イー・ガーディアン」は、東証プライムに上場するITサービスの会社だ。SNSのコンサルティングや、リアルタイムでネットを監視するサービスなどを行っている。2019レギュラーシーズンのMリーグスポンサーを務めていた。

ジェイリース

会社名

ジェイリース株式会社

所在地

〒870-0034

大分県大分市都町1丁目3番19号大分中央ビル7階

設立年

2004年

事業内容

保証関連事業

公式サイト

https://www.j-lease.jp/

「ジェイリース」は、家賃債務や医療費の保証関連事業を展開している会社だ。Jリーグ大分トリニータのユニフォームスポンサーとなったこともある。2019レギュラーシーズンのMリーグスポンサーを務めていた。

UT・キャリア

会社名

株式会社UT・キャリア(現・株式会社hitocolor)

所在地

〒105-0003

東京都港区西新橋2-39-8鈴丸ビル7階

設立年

2016年

事業内容

求人広告代理店事業など

公式サイト

https://www.hitocolor.co.jp/

「UT・キャリア」は、求人広告や人材派遣などを手掛ける会社だ。2019と2020の2シーズンでMリーグスポンサーを務めた。なお、2022年4月1日に会社名を変更し、現在は「株式会社hitocolor」となっている。

アペックスライン

会社名

株式会社アペックスライン

所在地

〒104-0033

東京都中央区新川1-10-14 FORECAST茅場町5階

設立年

2013年

事業内容

メディアコンサルティング事業など

公式サイト

https://apex-line.net/

「アペックスライン」は、2013年に創業したIT関連の会社だ。メディアコンサルティング事業や広告代理事業など、幅広く事業を展開している。2020シーズンにMリーグのスポンサーとなった。

2022年現在のMリーグスポンサー

ここからは、最新2022年現在のMリーグスポンサーを紹介していこう。

大和証券

会社名

大和証券株式会社

所在地

〒100-6752

東京都千代田区丸の内一丁目9番1号 グラントウキョウ ノースタワー

設立年

1999年

事業内容

有価証券の売買、有価証券関連事業

公式サイト

https://www.daiwa.jp/

「大和証券」は、5大証券と呼ばれる国内大手の証券会社の一角を占める企業だ。Mリーグが創設された2018年から、レギュラーシーズンの冠スポンサーとなった。そのため、Mリーグの放送では「大和証券Mリーグ」と呼ぶのが慣例になっている。

朝日新聞社

会社名

株式会社朝日新聞社

所在地

〒104-8011

東京都中央区築地5-3-2

設立年

1879年

事業内容

新聞・デジタルメディアによるコンテンツ事業など

公式サイト

http://www.asahi-np.co.jp/

「朝日新聞社」は、国内第2位の発行部数を誇る全国紙「朝日新聞」を発行する会社だ。創業は明治12年と長い歴史を持つ企業であり、Mリーグスポンサーの中でも群を抜いて老舗の企業だ。2018シーズンよりMリーグのファイナルシリーズの冠スポンサーとなった。また、2019シーズンからはセミファイナルでも冠スポンサーとなっている。

Trenders

会社名

トレンダーズ株式会社

所在地

〒150-0011

東京都渋谷区東3-16-3 エフ・ニッセイ恵比寿ビル 8F

設立年

2000年

事業内容

マーケティング事業など

公式サイト

https://www.trenders.co.jp/

「トレンダーズ」は、食品業界や化粧品業界向けのマーケティング事業などを展開する会社だ。「MimiTV」や「おうちごはん」といった女性向けメディアの運営を行っている。2020シーズンからMリーグのスポンサーとなった。

ローソンエンタテインメント

会社名

株式会社ローソンエンタテインメント

所在地

〒141-8609

東京都品川区大崎1-11-2ゲートシティ大崎イーストタワー17F

設立年

1992年

事業内容

チケット事業、物販事業など

公式サイト

https://www.ent.lawson.co.jp/

「ローソンエンタテインメント」は、コンビニチェーンのローソンが「ローチケ」という名でも知られるチケット事業などを展開する会社だ。「ローチケ」では、Mリーグパブリックビューイングなどの観戦チケットを販売している。2020シーズンからMリーグのスポンサーとなった。

データX

会社名

株式会社データX

所在地

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7-20-1住友不動産西新宿ビル26階

設立年

2010年

事業内容

ITシステム開発など

公式サイト

https://data-x.co.jp/

「データX」は、ITシステムの開発などを手掛ける会社だ。同社が手掛けた業界トップシェアのデータマーケティングツールである、「b→dash」(ビーダッシュ)の名前を聞いたことがある人は多いだろう。2021-22シーズンよりMリーグのスポンサーとなった。

日清食品

会社名

日清食品株式会社

所在地

〒160-8524

東京都新宿区新宿6-28-1

設立年

2008年

事業内容

即席麺等の食品の製造および販売

公式サイト

https://www.nissin.com/jp/

「日清食品」は、カップヌードルやチキンラーメンなどで知られる即席麺のメーカーだ。創業は1948年だが、2008年より日清食品ホールディングスの子会社となった。2021-22シーズンからMリーグのスポンサーとなり、地和をアガった選手に日清焼そばU.F.O.一生分を贈呈することが発表され話題となった。

Neural Pocket

会社名

ニューラルポケット株式会社

所在地

〒100-0006

東京都千代田区有楽町一丁目1番2号東京ミッドタウン日比谷

日比谷三井タワー32階

設立年

2018年

事業内容

AIエンジニアリング事業など

公式サイト

https://www.neuralpocket.com/

「ニューラルポケット」は、2018年創業のAIエンジニアリングを得意とする会社だ。動画や画像を解析するAIを利用した、駐車場の利用状況解析システムや防犯システムなどを開発している。2021-22シーズンよりMリーグのスポンサーとなった。

丸善ジュンク堂

会社名

株式会社丸善ジュンク堂書店

所在地

〒103-0027

東京都中央区日本橋二丁目3番10号

設立年

2010年

事業内容

出版物販売・文房具販売など

公式サイト

https://www.maruzenjunkudo.co.jp/

「丸善ジュンク堂」は、全国に書店や文房具店を展開している会社だ。2022-23シーズンよりMリーグのスポンサーを務めることとなった。また、スポンサー契約を締結したことで、M.LEAGUE OFFICIAL SHOPを東京の丸善日本橋店と、大阪のMARUZEN&ジュンク堂書店梅田店にオープンする運びとなった。

Mリーグオフィシャルサプライヤー

「スポンサー」とは別に、Mリーグで使用する道具を支給する「サプライヤー」も存在する。ここからは、Mリーグオフィシャルサプライヤーを務める企業を紹介しよう。

ミズノ

会社名

美津濃株式会社

所在地

〒559-8510

大阪府大阪市住之江区南港北1-12-35

設立年

1906年

事業内容

スポーツ用品の製造・販売など

公式サイト

https://jpn.mizuno.com/

「ミズノ」は、日本屈指の総合スポーツ用品メーカーだ。野球・サッカーや陸上競技など、多くのスポーツ競技でミズノ製の製品が使われている。Mリーグとは2020年よりオフィシャルサプライヤー契約を結び、出場全選手の試合用ユニフォームを支給している。

大洋技研

会社名

大洋技研株式会社

所在地

〒644-0003

和歌山県御坊市島584番地

設立年

2014年

事業内容

麻雀製品製造事業

公式サイト

http://www.taiyo-chemicals.co.jp/business/mahjong/

「大洋技研」は大洋化学グループの子会社で、麻雀用品のトップシェアを誇るメーカーだ。2020年よりMリーグのオフィシャルサプライヤーとなった。Mリーグの試合で使われる全自動麻雀卓や麻雀牌は、大洋技研が製造したものだ。

スポンサーへの感謝を忘れずにMリーグを楽しもう

今回は、現在と過去のMリーグスポンサーを紹介した。今回ご紹介したように、Mリーグは多くのスポンサーの協力によって成立している。どの企業もMリーグに対する熱意を持った企業ばかりだ。Mリーグを支えるスポンサーに感謝する気持ちを忘れずに、Mリーグを心から楽しんでいただきたい。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top