麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
第18期雀竜位決定戦 3日目11回戦観戦記 著:田籠 謙介

第18期雀竜位決定戦 3日目11回戦観戦記 著:田籠 謙介

CABO求人MEWS

2月16日に開催された第18期雀竜位決定戦3日目の戦い11回戦の観戦記!著者は雀王戦D2リーグ所属の田籠謙介プロ(@ctyudoku_co)です。

当観戦記は日本プロ麻雀協会公式HPにて公開されたものの転載になります。

日本プロ麻雀協会公式HP

▼配信アーカイブ

 

 

11回戦(千貫→坂本→大浜→矢島)

【担当記者:田籠 謙介】

残すところ5半荘となった第18期雀竜位決定戦。
坂本が大きくリードしているものの、現状4位の千貫にも充分優勝の可能性が残っている。
矢島・大浜・千貫は常に坂本との着順を意識してラスを押し付けられるか、はたまた坂本がこのまま逃げ切るか、最後まで目が離せない状況である。

先制したのは矢島。
東1局

ここは仕掛けて坂本から3900点の出アガリ。

そして次局、早くもこの半荘での各々の立場を決めてしまう攻防が発生した。
まずは親番の坂本が親マンをテンパイ。

は1枚切れ、は2枚切れ、は1枚切れで自身がアンコとアガリやすそうな場況。

その同巡、下家の大浜がツモからの打でリーチ。

が2枚切れであるものの、場にが3枚切れとこちらも場況良し。

さらに同巡にドラを引き入れた千貫がリーチをかけ、これを一発ツモ。

3000/6000のアガリとなり、親被りの坂本には痛い結果となった。

ここからは千貫の独り舞台。
東3局に1000点をアガると、続く東4局でまたも先行リーチに追っかけて一発ツモ。

裏ドラ乗らずも2000/4000とし、現状坂本との差を110ポイント以上も縮めた。

南2局の矢島。

待望のを引き入れてリーチ。
これをでアガれれば坂本とのトップラスの並びを千貫からそのまま頂戴できるチャンスもある。

しかし12巡目に南家の大浜も追っかけリーチ。

さらに親番の坂本もホンイツトイトイのテンパイ。

いずれも打点が高く、ここが正念場か。
結果は一番待ちの広い大浜が2000/4000をツモりあげた。

だが先ほどは勝負手を逃した矢島も、南3局に一通確定のリーチを一発ツモ。

オーラス矢島の親番での追い上げもあったが、最後は千貫がアガりトップを守りきった。
ラスを坂本に押し付けたことで、坂本以外はまずまずの出足となった。

いずれも決勝戦最終日に相応しい対局内容であったが、中でも注目したい一手はこちら。

2着目の矢島とは16300点差、1本場で供託が1本ある状況なので、着順を上げるにはマンガン直撃かハネマンツモと厳しい条件。
捲れてもオカが付かないのであれば、マンガンのアガリを優先して打と受けそうだが、大浜の選択は打
打点の平均値はの方が高くなるが、着順上昇を考えてハネマンに繋がるの受けを残した選択は秀逸である。
一発ウラ無しルールのオータムチャンピオンシップ覇者の大浜ならではの、可能な限り着順アップの条件を残した一打と言えよう。

・・・って、某団体時代の大会予選で、17人中16位まで予選通過の条件で17位を取った私に褒められても嬉しくないか(笑)

新着記事

Return Top