麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
灰かぶり姫の不屈と逆境の物語~開幕戦で、彼女たちは何を伝えたか。【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2018 第1節予選Aブロック1卓

灰かぶり姫の不屈と逆境の物語~開幕戦で、彼女たちは何を伝えたか。【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2018 第1節予選Aブロック1卓

CABO求人全自動麻雀卓スリム

「ねぇねぇ、こんなにレベル高いの!? 今回がすごすぎるだけだよね!?」

「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2018」(以下シンデレラリーグ)の開幕戦終了後、そう僕に問いかけたのは、この日の解説を務めた多井隆晴プロ。RMU代表にして、Mリーグでは「渋谷Abemas」を牽引する麻雀界の第一人者だ。そんな立場の方だから、とくに解説中は対局者へのリスペクトを欠かさない。真意はともかく、聞いていると「もしかしてリップサービスかな?」と思うようなこともある。が、今回のケースは別だ。視聴者を含め、誰に発信しているわけでもない。麻雀スリアロチャンネルの、一スタッフに過ぎない僕に対しての発言だ。話を聞いた時点で、この観戦記を書くことも決まっていない。100%、オフの場面での感想だった。まだまだ若手だと思っていた選手たちが想像以上に台頭していたことに驚き、うれしかったのだと思う。

そのくらいのインパクトがある対局だった。シンデレラリーグは最高位戦日本プロ麻雀協会、日本プロ麻雀協会、RMUの麻雀プロ3団体から選ばれた24名の新鋭女流雀士にスポットを当てた対局番組だ。昨年に続き2回目の開催で、今年は麻雀スリアロチャンネルだけではなく、AbemaTVでも同時生放送されている。視聴者数は倍増し、その中でプロ歴3年~5年ほどの容姿端麗な雀士たちがしのぎを削る。じつに華やかだ。華やかだが、それだけではなかった。きらびやかに着飾った衣装の下に忍ばせていた刃は、あまりに鋭く、そして美しかった。

およそ1年前、企画会議の席で「シンデレラリーグ」のネーミングを提案したのは僕だった。その席で多くは語らなかったが、僕はそこに一つの意味を込めていた。

女流雀士の総数は一昔前よりだいぶ増えたが、彼女たちを軽視するような意見は今も耳にすることがある。「女だから」「若いから」。そんな理由から色眼鏡で見るわけである。「麻雀界における男女比が~」とかいろいろ思うところはあるけれど、ここで、その是非について討論を交わしたいわけではない。何が言いたいのかというと、今をときめく女流プロたちは、僕ならメンタルブレイク確実な世界において耐え忍び、いつか花開くために腕を磨き続け、それを結実させた人たちなのだということ。だから「シンデレラ」なのだ。逆境に身を置かれた「灰かぶり姫」が、輝きを放つきっかけとなる舞踏会になればいい。そんな思いで命名した大会名は、運良く採用された。

なお、その理屈に照らし合わせると僕らは魔法使いになってしまうのだけれど、スリアロは基本、三十路を過ぎても●貞だとなれるという噂の魔法使い集団でしかなく、しかも実際には何の魔法も習得できていない。なので開幕戦の盛り上がりを生んだのは、純粋に彼女たちが秘めたポテンシャルの結果なのだと思う。魔法なんて、なかったんだ……。

そんな活況を生んだ開幕戦に挑んだ対局者は、以下の4名。

さらっとシステムとルールを紹介をします。ご存じの方は、読み飛ばしてください。

予選はA~Cブロックに8名ずつ分かれ、1節4回戦を3節、計12回戦を行う。各ブロックの1位と2位は無条件で準決勝に進出。さらに3位の選手はプレーオフ2nd、4位の選手、そして各ブロック5位の選手の中でトータルポイントが最も多い選手が、プレーオフ1stへと進む。

プレーオフのシステムは、1stに進出した4名で対局を行い、トップ者のみが2ndへと進出。2ndでは上位2名が準決勝へと勝ち進む。準決勝進出者8名は2卓に分かれて対局を行い、各卓の上位2名が決勝進出という流れだ。

ルールは赤アリのアガリ連荘、順位点・オカを加えて10-40となっている。

システム・ルール説明ここまで!

シンデレラリーグの予選は1位と2位が同価値。3位の準決勝突破率が1/2、4位が1/8、5位の選手にもワンチャンスがある。第1節時点ではさほど関係はないが、終盤になるにつれて選手各人の狙い目が変わってくるのが面白い。また赤アリルールということで高打点が生まれやすいが、反面、アガリ連荘ということでリーチ判断、押し引き判断にもテンパイ連荘とは違った駆け引きが要求される。

この日、このルールの恩恵を最大限に受けたのが、RMUの「手役のお花奈」里中花奈だった。

終始ドラが押し寄せてきて、テンパイ速度もズバ抜けて早い。この日4戦の成績は1-1-3-1と絶好調。トータルポイントは+140.7pと、一人浮きの結果となった。多井プロが「今日の里中には絶対敵わない」と舌を巻くほどの圧勝劇だった。

これだけだとバカヅキで終わったとしか思われないが、無論それだけではない。例えば1回戦の南1局。

親番で、2着目の鶴海とは23300点差の大きなリード。ここで篠原のリーチを受け、1シャンテンから現物のを河に置いた。篠原が5巡目にを切っており、は通りやすそう。くらいはと、前に出る人もいそうだ。だが好形の1シャンテンとはいえ、見えているドラは篠原が切ったのみ。567の三色もうっすらと見えるが、安く仕上がるケースの方がはるかに多い。運良く567になったところで、のどちらかが出ていく公算は高く、が絡んで8000点放銃なんていうことになれば、目も当てられない。ラス親には、当面のライバルである鶴海が控えているのだ。打としておけばも篠原に通るので、比較的安全にテンパイへとこぎつけられるかもしれない。エンディングで多井プロが「あんなにしっかり降りるんだね」と感心していたが、里中の慌てず、騒がず、安定してリードを守り抜く姿勢を高く評価したのだろう。

その反面、勝負所での押し引きにも目を見張るものがあった。

1回戦オーラスの、この場面。

2着目の鶴海とは7300点差で、2000オールで引っくり返る接戦だ。そこでうれしい先制テンパイ。鶴海が切ったばかりの単騎待ちに構えた。

その2巡後、鶴海がを引き入れて、リーチ・イーペーコー、3900点のリーチをかける。ツモればひとまず逆転。裏や一発が絡んで満貫になれば、次局に伏せることも可能だ。だが、鶴海がリーチをかけたことで、現物のが場に切られる可能性が飛躍的にアップ。奇しくもこの時、山田がを一枚確保していた。安牌をツモ切れれば、里中に軍配が上がりそうな局面だ。安牌……安牌……。祈る様に手を伸ばした里中が持ってきたのは――。

無筋、かつ不要牌の。小考した後、里中は――、

そっとをツモ切った。ここで鶴海の河に注目。 を手出し、をツモ切りしている。その後、ツモ切り、 とは手出しだ。何としてでもアガリが欲しいこの局面、さらにアガリ連荘ルールということも考えると、待ちで固定している可能性はそこまで高くはなさそうだ。は引っ張らず、 とを残している。ピンズで当たるケースの本線はで、前述と同様の理由で固定はないと睨んだか。実際、里中にこの局を振り返ってもらうと「ピンズの上目は完成していると読んだ」という。この判断が功を奏し、山田から1600点を出アガり、里中が快進撃を続けるきっかけを作った。

この日、大きく抜け出たのは里中だが、他の選手もそれぞれの持ち味を十全に発揮してみせた。

次ページ 注目のグラビアアイドル・篠原冴美は・・・

 

新着記事

Return Top