麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ドリブンズが2連勝で首位に肉薄 村上・たろうが爆発【Mリーグ 10/5結果】

ドリブンズが2連勝で首位に肉薄 村上・たろうが爆発【Mリーグ 10/5結果】

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は10月5日に、赤坂ドリブンズ 対 KONAMI 麻雀格闘倶楽部 対 TEAM雷電 対 U-NEXT Pirates の対戦が行われた。

1試合目は、ドリブンズの村上は東1局の親で12000点をアガると、持ち前の守備力を発揮。一度も放銃せずに効果的に加点し、プラス65.0ポイントのトップを取った。

続き2試合目、ドリブンズのたろうが好配牌とツモを生かしてアガリを重ね、東場を50700点で折り返した。

南4局、Piratesの朝倉が親で粘るも、普通はに受ける手牌をに受けてリーチをかけるたろう。

これをあっさりツモって、視聴者も解説の白鳥も驚かせた。

村上・たろうの活躍でドリブンズが2連勝となり、トータル206.8ポイントで首位のABEMASに0.8ポイント差の2位につけた。

次回10月8日は麻雀格闘倶楽部、ABEMAS、雷電、Piratesが対戦する。

 

”ゼウスの選択”が炸裂

 ドラ

南4局1本場。北家のたろうは、47400点持ちのトップ目。

切りのヤミテンかと思われたが、切りリーチを選択。すぐに高目のドラをツモった。

解説の白鳥からも思わず「引くわ・・・」と声が漏れた。

ドリブンズの村上・たろうが個人成績1位、2位とチームを引っ張り、前評判通りの活躍を見せている。

 

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 ABEMAS 207.6 4/80
2 ドリブンズ 206.8 6/80
3 Pirates 23.9 6/80
4 風林火山 ▲59.9 4/80
5 フェニックス ▲79.5 2/80
6 麻雀格闘倶楽部 ▲149.2 6/80
7 雷電 ▲149.7 4/80
個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 村上(ドリブンズ) 115.8 2
2 たろう(ドリブンズ) 86.0 2
3 多井(ABEMAS) 75.4 1
4 松本(ABEMAS) 67.5 2
5 白鳥(ABEMAS) 64.7 1
6 朝倉(Pirates) 39.6 2
7 園田(ドリブンズ) 5.0 2
8 勝又(風林火山) 4.1 1
9 小林(Pirates) 1.0 2
10 近藤(フェニックス) 0.0 -
11 石橋(Pirates) ▲2.2 2
12 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲10.8 2
13 黒沢(雷電) ▲14.0 1
14 二階堂(風林火山) ▲19.0 2
15 茅森(フェニックス) ▲21.5 1
16 滝沢(風林火山) ▲45.0 1
17 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲50.9 1
18 魚谷(フェニックス) ▲58.0 1
19 瀬戸熊(雷電) ▲64.1 1
20 萩原(雷電) ▲71.6 2
21 佐々木(麻雀格闘倶楽部) ▲87.5 3

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top