麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【10/15  Mリーグ2020 結果】雷電・瀬戸熊、ABEMAS・日向が今季初トップ!チームの浮上につながる1勝!

【10/15 Mリーグ2020 結果】雷電・瀬戸熊、ABEMAS・日向が今季初トップ!チームの浮上につながる1勝!

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン7日目の対局が10月15日(木)に開催された。

10月15日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋、土田 ©ABEMA

第1試合

第1試合は寿人、石橋、松本、瀬戸熊の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

この半荘は熾烈な叩きあいとなった。まずは寿人のドラポンに対して果敢に攻め込んだ瀬戸熊が寿人から8000のアガリを決める。

東1局1本場 瀬戸熊の8000 ©ABEMA

東2局には松本のリーチを受けながらも石橋がタンヤオ・七対子・赤2・ドラ2の12000を松本からアガりトップ目に立つ。

東2局 石橋の12000 ©ABEMA

東4局には仕掛けた寿人が瀬戸熊から12000のアガリ。全者に大きなアガリが乱立して混戦模様となる。

東4局 寿人の12000 ©ABEMA

しかし混戦を吹き飛ばしたのは南3局で親番を迎えた瀬戸熊の「クマクマタイム」。まずは苦しい形の5800で寿人との競り合いを制すると、更に18000、12000と3連続で寿人からのアガリを決めて一気に大トップ目に浮上。6万点トップで今季初勝利を飾った。

南3局2本場 瀬戸熊の5800 ©ABEMA
南3局3本場 瀬戸熊の18000 ©ABEMA
南3局4本場 瀬戸熊の12000 ©ABEMA
第1試合トップの瀬戸熊 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 瀬戸熊(雷電)+80.9
2位 石橋(Pirates)+11.3
3位 松本(ABEMAS)▲23.0
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲69.2

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は前原、朝倉、日向、瀬戸熊が出場。瀬戸熊は連戦出場で早くも今季4試合目となった。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東2局に前原が平和ドラ3のリーチをツモり3000・6000の好発進。

東2局 前原の3000・6000 ©ABEMA

しかし、日向がメンホン・七対子の8000、続く親番では朝倉との2軒リーチを制して12000と立て続けに大物手を決めトップに浮上する。

東3局 日向の8000 ©ABEMA
東4局 日向の12000 ©ABEMA

南3局4本場には4着目の朝倉がホンイツ仕掛けで4000オールのアガリを決めて2着に浮上。

南3局4本場 朝倉の4000オール ©ABEMA

オーラスは日向以外の3者は跳満ツモでトップになる条件。しかし超僅差の戦いとなったため4着目の前原は2着を目指すリーチを敢行。

結果は瀬戸熊から1300のアガリで3着に浮上しての決着となった。

南4局 前原の1300 ©ABEMA
第2試合トップの日向 ©ABEMA
第2試合の詳細データ ©ABEMA

第2試合結果
1位 日向(ABEMAS)+57.6
2位 朝倉(Pirates)+1.9
3位 前原(麻雀格闘倶楽部)▲18.8
4位 瀬戸熊(雷電)▲40.7

10月15日トータル結果

雷電 +40.2
ABEMAS +34.6
Pirates +13.2
麻雀格闘倶楽部 ▲88.0

麻雀格闘倶楽部のみがマイナスとなり、開幕8戦で約200のマイナスと苦しいスタートとなった。しかし毎年中盤以降にしっかり巻き返しを見せる麻雀格闘倶楽部。今後の戦いに注目が集まる。

10月15日終了時点チームランキング ©ABEMA
10月15日終了時点個人ランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top