麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【11/9 Mリーグ2020 結果】1戦目は雷電・瀬戸熊、2戦目は麻雀格闘倶楽部・藤崎が勝利!下位争いを一歩抜け出す!

【11/9 Mリーグ2020 結果】1戦目は雷電・瀬戸熊、2戦目は麻雀格闘倶楽部・藤崎が勝利!下位争いを一歩抜け出す!

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン21日目の対局が11月9日(月)に開催された。

11月9日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は小林、園田 ©ABEMA

 

第1試合

第1試合は前原、朝倉、茅森、瀬戸熊の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東2局 親の瀬戸熊が4000オールで一歩リードを得る。

東2局 瀬戸熊の4000オール ©ABEMA

東4局には朝倉が前原から8000のアガリを決めて2着に浮上して南入。

東4局 朝倉の8000 ©ABEMA

南1局にはメンホンのイーシャンテンだった前原がドラ引きで方針転換。見事にツモを捉えての一発ツモ。マンズを捉えた的確な満貫ツモとなった。

南1局 前原の2000・4000 ©ABEMA

南3局でも前原が茅森から5200のアガリを決めて瀬戸熊との点差を縮めてオーラスを迎えた。

南3局 前原の5200 ©ABEMA

しかしオーラスでは瀬戸熊がスムーズに平和の聴牌を入れ、あっさりアガリを決めた。第一試合は20時前の高速決着となった。

南4局 瀬戸熊の2000 ©ABEMA
第1試合トップの瀬戸熊 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 瀬戸熊(雷電)+55.7
2位 前原(麻雀格闘倶楽部)+8.0
3位 朝倉(Pirates)▲21.3
4位 茅森(フェニックス)▲42.4

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は藤崎、石橋、近藤、黒沢が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東2局1本場に石橋が七対子のリーチをツモって1600・3200で一歩リード。

東2局1本場 石橋の1600・3200 ©ABEMA

東3局2本場では石橋が先制リーチで更に加点を目指したが、藤崎がツモ・七対子・ドラ2・赤1・海底の3000・6000で一躍トップ目に浮上した。

東3局2本場 藤崎の3000・6000 ©ABEMA

東4局では黒沢が近藤から12000。上位3者接戦になる展開となった。

東4局 黒沢の12000 ©ABEMA

南1局では藤崎が高め三色の平和で満貫のアガリを決めてトップ目に浮上した。

南1局 藤崎の8000 ©ABEMA

南3局2本場では藤崎が石橋から8000のアガリを決めてかなり余裕のある点差でオーラスを迎えた。

南3局2本場 藤崎の8000 ©ABEMA

オーラスでは藤崎が更に加点を決める2000・4000で決着。今シーズン初勝利を飾った。

南4局1本場 藤崎の2000・4000 ©ABEMA
第2試合トップの藤崎 ©ABEMA
第2試合詳細データ ©ABEMA

第2試合結果
1位 藤崎(麻雀格闘倶楽部)+78.9
2位 黒沢(雷電)+10.3
3位 石橋(Pirates)▲17.4
4位 近藤(フェニックス)▲71.8

11月9日トータル結果

麻雀格闘倶楽部+86.9
雷電+66.0
Pirates▲38.7
フェニックス▲114.2

麻雀格闘倶楽部がトータルポイントをプラスに。雷電も5位に浮上を決めた。フェニックスは厳しい連続4着となって8位に沈んだ。

11月9日終了時点チームランキング ©ABEMA
11月9日終了時点個人ランキング

 

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top