麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【1/2 Mリーグ2020 結果】第一試合はサクラナイツ・堀が親四暗刻を決めて今シーズン最高スコアトップ!第二試合は連闘のフェニックス・茅森が序盤のリードで逃げ切る!

【1/2 Mリーグ2020 結果】第一試合はサクラナイツ・堀が親四暗刻を決めて今シーズン最高スコアトップ!第二試合は連闘のフェニックス・茅森が序盤のリードで逃げ切る!

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン49日目の対局が1月2日(土)に開催された。

1月2日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋、渋川 ©ABEMA

第1試合

第1試合は堀、茅森、寿人、日向の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局 最初のアガリを決めたのは茅森。ドラドラの先制両面待ちをツモって2000・4000で今年のMリーグ初アガリを決めた。

東1局 茅森の2000・4000 ©ABEMA

しかし東2局には堀がドラ単騎の七対子をツモって2000・4000。すぐさま茅森に並びかける。

東2局 堀の2000・4000 ©ABEMA

その後東4局に親番を迎えた堀は1000オールのアガリの後の1本場、9巡目にツモり四暗刻の聴牌を入れてリーチ。待ちのはどちらも山に1枚ずついたが、暗刻のを引いて暗槓。その嶺上牌からを引き当て見事な四暗刻の一撃を決めた。

東4局1本場 堀の四暗刻 ©ABEMA

▼四暗刻を決めた瞬間の動画はこちら!

大きく突き放された2着争いは寿人が東4局3本場に3軒リーチを制して8000のアガリで一歩抜け出す。

東4局3本場 寿人の8000 ©ABEMA

南3局2本場では日向の先制リーチを受け、ダマテンを入れていた堀が二人で局を流す意思表示の追いかけ立直。見事に一発ツモの2000・4000を決めて更なる加点に成功した。

南3局2本場 堀の2000・4000 ©ABEMA

オーラスは寿人が2着確定のアガリで決着。堀が92900点持ちでゲームを終え、今シーズン最高スコアのトップを獲得した。

南4局 寿人の2000 ©ABEMA
第1試合トップの堀 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+112.9
2位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲1.4
3位 茅森(フェニックス)▲39.3
4位 日向(ABEMAS)▲72.2

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は沢崎、茅森、前原、多井が出場。茅森のみ連続出場となった。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局に幸先よくアガリを決めた茅森が東2局には高め三色のフリテンリーチ。安めながらもツモって裏1で一歩リードを得た。

東2局 茅森の2600オール ©ABEMA

その後の1本場では前原のリーチを受けるも茅森が一発目にをプッシュ。しっかりドラのをツモって4000オールのアガリを決めて更に加点に成功した。

東2局1本場 茅森の4000オール ©ABEMA

更に連荘を続けた茅森だったが、3本場では多井がダマテンの8000を沢崎からアガって連荘を食い止める。

東2局4本場 多井の8000 ©ABEMA

南1局1本場では多井が競り合いを制して2000・4000のアガリで茅森にならびかけた。

南1局1本場 多井の2000・4000 ©ABEMA

その後もしぶとくアガリを決めた多井が僅かながら茅森をかわしてトップ目に立った。

南2局 多井の1000・2000 ©ABEMA
南3局 多井の3900 ©ABEMA

南3局1本場では沢崎が2000・4000のアガリ。沢崎は3着目に浮上。多井は親被りで再び2着目となりオーラスを迎えた。

南3局1本場 沢崎の2000・4000 ©ABEMA

南4局を4着目で迎えた前原だったがしぶとく連荘し、2本場では多井のリーチ宣言牌を捉えて12000のアガリで一時2着目まで浮上した。

南4局2本場 前原の12000 ©ABEMA
南4局3本場 前原の1500 ©ABEMA

しかし最終局は多井が仕掛けて前原から3900のアガリで再び2着に浮上して決着。序盤にリードを重ねた茅森が逃げ切りトップ。苦しいチームにまたも勝利を持ち帰った。

南4局4本場 多井の3900 ©ABEMA
第二試合トップの茅森 ©ABEMA

第2試合結果
1位 茅森(フェニックス)+61.0
2位 多井(ABEMAS)+9.3
3位 前原(麻雀格闘倶楽部)▲16.2
4位 沢崎(サクラナイツ)▲54.1

第2試合詳細データ ©ABEMA

1月2日トータル結果

サクラナイツ(堀1着・沢崎4着)+58.8
フェニックス(茅森3着・茅森1着)+21.7
麻雀格闘倶楽部(寿人2着・前原3着)▲17.6
ABEMAS(日向4着・多井2着)▲62.9

堀が92900点のトップを獲得して今シーズン最高スコアを更新。しかし沢崎は苦戦が続いており今後にやや不安を残した。フェニックスは唯一好調の茅森でトップを獲得。今年の今後に浮上の芽を残した。

1月2日終了時点チームランキング ©ABEMA
1月2日終了時点個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top