麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【3/9 Mリーグ2020 結果】ABEMAS・多井、ドリブンズ・村上が勝利!ドリブンズがセミファイナル進出に大きく近づく!!

【3/9 Mリーグ2020 結果】ABEMAS・多井、ドリブンズ・村上が勝利!ドリブンズがセミファイナル進出に大きく近づく!!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン88日目の対局が3月9日(火)に開催された。

3月9日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋・矢島亨 ©ABEMA

第1試合

第1試合はたろう、近藤、滝沢、多井の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東2局1本場で親の多井が2600オールのアガリを決めて一歩抜け出す。

東2局1本場 多井の2600オール ©ABEMA

東3局3本場では滝沢が多井から5200のアガリで点差を縮める。

東3局3本場 滝沢の5200 ©ABEMA

東4局1本場は多井が仕掛けて片アガリの純チャンで局を進めて南入。

東4局1本場 多井の2000 ©ABEMA

南2局1本場は多井が2600オールのアガリを決めて更にリードを広げる。

南2局1本場 多井の2600オール ©ABEMA

南2局3本場ではたろうが1300・2600のアガリで2着争いで優位に立った。

南2局3本場 たろうの1300・2600 ©ABEMA

南3局、南4局は多井が着実にアガリきって決着。完璧なゲームまわしで多井が完勝となった。

南3局 多井の500・1000 ©ABEMA
南4局 多井の2000 ©ABEMA
第1試合トップの多井 ©ABEMA

第1試合結果
1位 多井(ABEMAS)+64.2
2位 たろう(ドリブンズ)+6.4
3位 滝沢(風林火山)▲23.6
4位 近藤(フェニックス)▲47.0

第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合は村上、茅森、勝又、多井が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は勝又が赤赤の手で仕掛けて1000・2000のアガリ。

東1局 勝又の1000・2000 ©ABEMA

東2局では多井がドラ赤赤の仕掛けで2000・4000。一歩リードを得た。

東2局 多井の2000・4000 ©ABEMA

東3局は親の茅森のリーチを受けながらも村上がホンイツの仕掛けで3000・6000を決めて一気にトップ目に浮上。

東3局 村上の3000・6000 ©ABEMA

東4局では多井がホンイツの仕掛けで茅森から12000のアガリで村上とのマッチレースに。

東4局 多井の12000 ©ABEMA

南1局1本場では勝又が1000・2000のアガリで3者の競り合いの様相に。

南1局1本場 勝又の1000・2000 ©ABEMA

南2局では茅森が多井から5200のアガリ。トップ目は村上に入れ替わって南3局となった。

南2局 茅森の5200 ©ABEMA

南3局は多井が500・1000のアガリで再び微差のトップ目でオーラス親番を迎えたが、オーラスは村上が仕掛けてアガリきって決着。ここ一番で大きな1勝を勝ち取った。

南3局 多井の500・1000 ©ABEMA
南4局 村上の1000・2000 ©ABEMA
第2試合トップの村上 ©ABEMA

第2試合結果
1位 村上(ドリブンズ)+58.4
2位 多井(ABEMAS)+13.7
3位 勝又(風林火山)▲12.0
4位 茅森(フェニックス)▲60.1

第2試合詳細データ ©ABEMA

3月9日トータル結果

ABEMAS(多井1着・多井2着)+77.9
ドリブンズ(たろう2着・村上1着)+64.8
風林火山(滝沢3着・勝又3着)▲35.6
フェニックス(近藤4着・茅森4着)▲107.1

首位ABEMASが更にスコアを伸ばすことに成功。ドリブンズも村上のトップで3位に浮上。セミファイナル進出をほぼ決定的なものとした。フェニックスは大きく苦しみ8位に陥落。残り2戦での逆襲が必須な状況となった。

3月9日終了時点チームランキング ©ABEMA
3月9日終了時点チームランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top