麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【4/20 Mリーグ2020 2戦目結果】ドリブンズ・たろうがチーム初の役満・四暗刻を決めてここ一番で大きなチーム連勝!

【4/20 Mリーグ2020 2戦目結果】ドリブンズ・たろうがチーム初の役満・四暗刻を決めてここ一番で大きなチーム連勝!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナルシリーズ6日目の対局が4月20日(火)に開催された。

4月20日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋・金 ©ABEMA
4月19日終了時点チームランキング ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合はたろう、黒沢、亜樹、松本が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は松本が黒沢との2軒リーチを制して3900のアガリ。

東1局 松本の3900 ©ABEMA

東2局1本場では亜樹のリーチにたろうが手詰まりとなり中筋ので亜樹が8000のアガリを決めた。

東2局1本場 亜樹の8000 ©ABEMA

東3局では、前局失点に回ってしまったたろうが思い切った手順での四暗刻寄せ。山に2枚残りの四暗刻リーチに辿りついてツモアガリ。3年目にしてチーム初の役満となる四暗刻を決めた。

東3局 たろうの四暗刻 ©ABEMA

▼チームも大盛り上がり!

東4局、南1局でも8000、4000オールと立て続けにアガリを決めた。

東4局 たろうの8000 ©ABEMA
南1局 たろうの4000オール ©ABEMA

2着争いは混戦となったが南1局1本場で亜樹が30006000のアガリを決めて一歩抜け出す。

南1局1本場 亜樹の3000・6000 ©ABEMA

南2局は親の松本がたろうから7700のアガリを決めて連荘。

南2局 松本の7700 ©ABEMA

南2局1本場ではたろうのリーチを受けながらも4着目の黒沢がドラ3のダマテン。2着目の亜樹から8000の直撃を決めて再び2着争いは大接戦となった。

南2局1本場 黒沢の8000 ©ABEMA

東3局2本場では松本が黒沢から8000のアガリを決めて2着目に浮上。

南3局2本場 松本の8000 ©ABEMA

オーラスはたろうが仕掛けて2000・4000のアガリで決着。園田に続いて大きな連勝を決めてドリブンズは大きく加点に成功する一日となった。

南4局 たろうの2000・4000 ©ABEMA
第2試合トップのたろう ©ABEMA

第2試合結果
1位 たろう(ドリブンズ)+80.9
2位 松本(ABEMAS)+2.1
3位 亜樹(風林火山)▲22.7
4位 黒沢(雷電)▲60.3

第2試合詳細データ ©ABEMA

4月20日トータル結果

ドリブンズ(園田1着・たろう1着)+162.7
風林火山(滝沢3着・亜樹3着)▲46.7
ABEMAS(日向4着・松本2着)▲55.9
雷電(瀬戸熊2着・黒沢4着)▲60.1

3位は変わらずとなったもののドリブンズが大きな連勝を決めて、ここまで上位2強、下位4チームでのファイナル争いという様相だったが、一気に様相が変わって上位3チーム、下位3チームで大きくポイント差が離れることとなった。下位同士の争いを抜け出すのはどのチームか、1日1日見逃せない重要局面が続く。

4月20日終了時点チームランキング ©ABEMA
4/20終了時点セミファイナル個人成績 ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top