麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【5/11 Mリーグ2020 2戦目結果】ABEMAS・多井が南場の連続アガリで大逆転!チーム連勝で大きくリードを広げて優勝に向けて前進!!

【5/11 Mリーグ2020 2戦目結果】ABEMAS・多井が南場の連続アガリで大逆転!チーム連勝で大きくリードを広げて優勝に向けて前進!!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のファイナルシリーズ2日目の対局が5月11日(火)に開催された。

5月11日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋・瀬戸熊・黒沢 ©ABEMA
5月10日終了時点チームランキング ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合はたろう、多井、勝又、堀が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東2局1本場は親のたろうと多井の2軒リーチに。たろうが2600オールのアガリで一歩抜け出した。

東2局1本場 たろうの2600オール ©ABEMA

東2局2本場には堀がドラをポンして2000・4000のアガリで追い上げる。

東2局2本場 堀の2000・4000 ©ABEMA

東3局1本場は勝又のドラポン聴牌と堀、多井のリーチで熾烈な3軒聴牌に。重要な1局となったが堀が制して3000・6000のアガリで一歩抜け出した。

東3局1本場 堀の3000・6000 ©ABEMA

東4局もドラポン聴牌の多井と親の勝又のめくりあい。勝又が多いから5800のアガリを決めた。

東4局 勝又の5800 ©ABEMA

苦しい場面が続いた多井だったが、ここから逆襲が始まる。まずは東4局1本場に平和赤1のリーチを一発でツモって2000・4000。

東4局1本場 多井の2000・4000 ©ABEMA

南1局ではたろうのリーチをかわして多井が2000点のアガリ。

南1局 多井の2000 ©ABEMA

南2局ではダブ[南]を暗槓してのリーチ。一発ツモ裏1の3000・6000のアガリを決めて一気にトップ目まで突き抜けた。

南2局 多井の3000・6000 ©ABEMA

南3局ではたろうの七対子ドラドラリーチを受けるも多井が勝又から12000のアガリで更にリードを得た。

南3局 多井の12000 ©ABEMA

南3局1本場は前局放銃にまわった勝又が3面張リーチで2000・4000のアガリを決めてオーラスを迎えた。

南3局1本場 勝又の2000・4000 ©ABEMA

南4局は多井が最初に満貫聴牌。勝又、たろうも追いついたがたろうが平和のアガリを決めて決着。着順はそのままで多井が逆転トップでチーム連勝を勝ち取った。

南4局 たろうの1000 ©ABEMA
第2試合トップの多井 ©ABEMA

第2試合結果
1位 多井(ABEMAS)+60.8
2位 堀(サクラナイツ)+9.6
3位 たろう(ドリブンズ)▲21.9
4位 勝又(風林火山)▲48.5

第2試合詳細データ ©ABEMA

5月11日トータル結果

ABEMAS(日向1着・多井1着)+120.9
サクラナイツ(沢崎3着・堀2着)▲7.8
ドリブンズ(村上2着・たろう3着)▲14.6
風林火山(亜樹4着・勝又4着)▲98.5

5月11日終了時点のチームランキング ©ABEMA

初日連勝を決めた風林火山が連続4着となった。初日では4着3着となったABEMASが連勝で大きく抜け出した。このまま独走を許すと大きく優勝に近づいてしまう、今週木曜、金曜はなんとしてでもABEMASのトップを封じるべき戦いとなるだろう。

5月11日終了時点ファイナル個人成績 ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top