麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【5/11 Mリーグ2020 1戦目結果】ABEMAS・日向が南場で抜け出してチームのリードを広げる1勝!

【5/11 Mリーグ2020 1戦目結果】ABEMAS・日向が南場で抜け出してチームのリードを広げる1勝!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のファイナルシリーズ2日目の対局が5月11日(火)に開催された。

5月11日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋・瀬戸熊・黒沢 ©ABEMA
5月10日終了時点チームランキング ©ABEMA

第1試合

第1試合は村上、日向、亜樹、沢崎の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東2局1本場、沢崎の先制リーチに追いかけた親の亜樹が沢崎から7700のアガリで一歩リード。

東2局1本場 亜樹の7700 ©ABEMA

その後はなかなかアガリがうまれなかったが東4局5本場で日向が仕掛けてアガリきってトップ目に浮上した。

東4局5本場 日向の2000 ©ABEMA

南1局は沢崎がリーチ・ツモ・三暗刻・白の2000・4000のアガリを決めて3着目に浮上した。

南1局 沢崎の2000・4000 ©ABEMA

南2局は村上がピンズが狙い目と見て[②]全見えながらも[②][⑤]待ちを選択。[⑤]ツモの2000・4000を決めて2着目に浮上した。

南2局 村上の2000・4000 ©ABEMA

接戦となったが南3局、日向がフリテン部分を残し、その上でチーテン取らずの門前三色聴牌にたどり着き、4000オールのアガリを決めて一気に抜け出した。

南3局 日向の4000オール ©ABEMA

その後の1本場でも沢崎のリーチをかわして日向が2000オールで更にリードを広げた。

南3局1本場 日向の2000オール ©ABEMA

南4局3本場は沢崎と日向のめくりあいとなったが沢崎が5800のアガリで2着に浮上して連荘。

南4局3本場 沢崎の5800 ©ABEMA

しかし南4局4本場では村上がタンヤオ赤赤の聴牌、亜樹からのアガリで2着を確保する決着。トップは南場で抜け出した日向となった。

南4局4本場 村上の5200 ©ABEMA
第1試合トップの日向 ©ABEMA

第1試合結果
1位 日向(ABEMAS)+60.1
2位 村上(ドリブンズ)+7.3
3位 沢崎(サクラナイツ)▲17.4
4位 亜樹(風林火山)▲50.0

第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合結果はこちら!

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top