麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【5/14 Mリーグ2020 2戦目結果】サクラナイツ・内川が痺れる接戦を制してトップ!ABEMASとサクラナイツのポイント差は僅か0.6ポイントに!!

【5/14 Mリーグ2020 2戦目結果】サクラナイツ・内川が痺れる接戦を制してトップ!ABEMASとサクラナイツのポイント差は僅か0.6ポイントに!!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のファイナルシリーズ4日目の対局が5月14日(金)に開催された。

5月14日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は小林・土田 ©ABEMA
5月13日終了時点のチームランキング ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合は園田、多井、滝沢、内川が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東場は細かいアガリと流局が続き、全員は30000点を越えない重苦しい時間が続いた。

東3局1本場 滝沢の300・500 ©ABEMA

ゲームが動き出したのは南1局2本場、多井が平和赤赤高め三色の手をダマテン。安めながらも1300・2600のアガリで一歩リードを得た。

南1局2本場 多井の1300・2600 ©ABEMA

南2局2本場は多井が果敢な3副露に出るも内川が1000・2000のアガリで詰め寄る。

南2局2本場 内川の1000・2000 ©ABEMA

南3局は親の多井がリーチに出たが、仕掛けた内川が多井から2000点のアガリで微差ながらもトップ目に浮上してオーラスを迎えた。

南3局 内川の2000 ©ABEMA

オーラスは満貫ツモでトップになる園田がタンヤオ、ドラ1の嵌[③]待ちリーチ。滝沢も仕掛けて満貫聴牌にたどり着くも、[③]で放銃となり決着。園田は4着から2着に着順浮上、内川はトップ逃げ切りとなった。

南4局 園田の8000 ©ABEMA
第2試合トップの内川 ©ABEMA

第2試合結果
1位 内川(サクラナイツ)+50.1
2位 園田(ドリブンズ)+8.8
3位 多井(ABEMAS)▲15.0
4位 滝沢(風林火山)▲43.9

第2試合詳細データ ©ABEMA

5月14日トータル結果

風林火山(勝又1着・滝沢4着)+10.0
サクラナイツ(堀4着・内川1着)+3.0
ABEMAS(日向2着・多井3着)▲4.2
ドリブンズ(たろう3着・園田2着)▲8.8

5月14日終了時点のチームランキング ©ABEMA

本日はほぼ横ばいの結果となった。これはすなわち上位2チームの優勝確率が上がり、下位2チームの優勝確率が下がったともいえる。風林火山は3勝、ドリブンズは4勝がほぼ必須で更に並びを考えなくてはいけない状況となった。サクラナイツとABEMASは完全に横並び、残り4戦ではお互いの着順を意識しての条件戦となりそうだ。

5月14日終了時点ファイナル個人成績 ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top