麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【Mリーグ】順子手?七対子?アガリを見据えた小林剛の選択に注目!【12月3週目注目の選択】

【Mリーグ】順子手?七対子?アガリを見据えた小林剛の選択に注目!【12月3週目注目の選択】

BULL2021求人健康マージャン全国会

10月4日に開幕となったMリーグ2021シーズン、12第2週の月、火、木、金の試合終えを各チーム40試合を消化した。

当記事では12月13日の小林剛選手の選択を振り返る。

話題となった選択!12月13日第2試合の小林の順子手との天秤を図り切った跳満ツモ!

ここでは先週の対局から話題になった選択をご紹介します。

12月13日(月)第2試合 東1局 小林選手の順子手と対子手の天秤を図り切った跳満ツモ!

試合結果記事はこちら

出場選手 ©ABEMA
東1局 小林の手牌 ©Mリーグ機構

ドラ赤の手牌、対子が4種で七対子も見込めるが、手牌のほとんどが中張牌で順子のつながりも良く、タンピン形の跳満クラスも見込める手。しかしここで小林は七対子のフィニッシュで優秀な[北][中]を残して[三]切りとした。現状の5ブロックで変化は[六][7]からで充分という判断か。

東1局 小林の聴牌形 ©Mリーグ機構

上家の松ヶ瀬から[赤五]切りのリーチ。同巡でタンヤオ七対子赤ドラドラの跳満聴牌となった小林。[4][八]待ち選択となる。どちらも場1で[4]は危険牌、[八]は手順上やや通りやすい牌と判断できるが現状のアガリやすさでは[八]にかなり分がある。

[4]待ちに取ると、[六][7]の縦引きで[2][5]待ちの両面に変化できるメリットもある。

東4局 小林の聴牌 ©Mリーグ機構

[七][六]と持ってくるが、小林はここでも[八]待ちの聴牌を維持。マンズが場に安くなり、[八]のアガリ率は高まったように感じられた。

東4局 小林のアガリ ©Mリーグ機構

そのまま[八]単騎での跳満ツモを決める結果となった。

変化や放銃しないことを優先すると一旦[4]待ちになり、その後変化して[2][5]待ちとなっていそうだが、[八]自体が充分いい待ちであること、変化する牌が引けるかはわからないことなどを総合的に判断した小林らしい選択と言えるだろう。

週間ハイライト記事

▼週間視聴者数まとめ記事はこちら

【Mリーグ】12月3週目は4日連続100万視聴超え! 日向、内川が勝利を挙げた12月17日は133万視聴!【2021シーズン視聴者数】

▼週間チームスコアまとめ記事はコチラ

【Mリーグ】ドリブンズ、ABEMASが大きくプラス!風林火山が苦戦し全体のポイント差が縮まる!【2021シーズン12月3週目結果】

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top