麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/13 Mリーグ2021 第2試合結果】松本吉弘が個人3連勝を決めて個人ランキング3位に!堀慎吾は苦しい位置から的確なアガリで2着に食い込む!

【12/13 Mリーグ2021 第2試合結果】松本吉弘が個人3連勝を決めて個人ランキング3位に!堀慎吾は苦しい位置から的確なアガリで2着に食い込む!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」41日目が12月13日(月)に開催された。

12月13日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合は瑞原が個人連勝を決める! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:堀慎吾

南:松本吉弘

西:松ヶ瀬隆弥

北:小林剛

第2試合

東1局、松ヶ瀬の先制リーチを受けながらも小林がタンヤオ・七対子・ドラドラ赤のテンパイ。ツモって3000・6000の好スタート。

東1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東1局 小林 ツモ・タンヤオ・七対子・ドラ2・赤1 3000・6000 ©ABEMA

東2局、松ヶ瀬がドラドラの七対子をテンパイ。小林の仕掛け、堀のリーチに挟まれた松ヶ瀬が[4]を勝負してリーチの堀に放銃。堀の5200のアガリに。

東2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東2局 堀 リーチ・ドラ1・赤1 5200 ©ABEMA
東3局 流局 ©ABEMA

東3局、松本、松ヶ瀬、小林の三人テンパイで流局。

次局は松本が高目一気通貫のテンパイでリーチ。堀が索子のメンホン七対子の一向聴から[九]で放銃し、東4局へ。

東3局 堀の手牌 ©ABEMA
東3局 松本 リーチ・ピンフ・一気通貫 8000 ©ABEMA

親の小林が仕掛けて一気通貫に向かう。すると松本がドラドラのリャンメンリーチ。

東4局 小林の手牌 ©ABEMA

松本の現物[1]待ちの12000テンパイとなった小林。松本の当たり牌[⑦]を切って放銃。松本がトップ目に浮上。

東4局 松本 リーチ・ドラ2 5200 ©ABEMA

南1局、小林が場風の[南]をポンして[6][9]待ち2000点のテンパイ。[6][9]は山に7枚残っており、小林のアガリかと思われたが、親の堀がリーチ。

南1局 堀の手牌 ©ABEMA

テンパイしている小林が一発目にもってきたのは[4]で撤退。

南1局 小林の手牌 ©ABEMA

終盤に松ヶ瀬が堀の当たり牌[一][四]を使い切ってテンパイ。堀と松ヶ瀬の二人テンパイで流局。

南1局 流局 ©ABEMA

南1局1本場、堀が[中]をポンして大三元目前の手牌。そこで松本が[6][9]待ち高目チャンタのリーチ。

南1局1本場 堀の手牌 ©ABEMA

小林がタンピン系の手で[9]を打ちだし放銃。松本が8000のアガリでかなり差をつけたトップ目で親番を迎える。

南1局1本場 小林の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 松本 リーチ・一発・チャンタ・ドラ1 8000 ©ABEMA
南2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

南2局、堀が[8]のポンから仕掛けて[南]の後付け。松ヶ瀬が[五][八]待ちの先制リーチ。松ヶ瀬が切った[九]をポンして堀もテンパイし、[一]ツモ。

1300・2600のツモで2着の小林までは目前。

南2局 堀・南・ドラ1・赤1 1000・2000 ©ABEMA

南3局、松ヶ瀬が好配牌。小林もタンヤオで仕掛けていく。

南3局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

広い一向聴だがテンパイまで遠い松ヶ瀬。堀が[白]をポンして[④][⑦]のテンパイ。

南3局 小林の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬も終盤に[三]を重ねて[⑥][⑨]待ちでリーチとするも、[⑥][⑨]は純カラで堀がラス牌の[⑦]をツモって小林をかわす。

南3局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南3局 堀 白・赤1 500・1000 ©ABEMA

2着争いが熾烈なオーラスへ。

南4局、は堀が索子の伸びをみてカン[三]テンパイを取らず、結果[5][8]待ちのピンフテンパイでヤミテン。

南4局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬はドラドラ赤赤の手牌で手を進めるも、[8]で堀に放銃し、第2試合終了。

南4局 堀 ピンフ・ドラ1 2000 ©ABEMA

点棒を持ってからは下三人が争う絶好のゲーム展開で松本が個人3連勝。個人成績は3位になり、ABEMASはトータル4位になった。

第2試合トップの松本 ©ABEMA

第2試合結果
1位 松本(ABEMAS)+63.4
2位 堀(サクラナイツ)+4.6
3位 小林(Pirates)▲19.0
4位 松ヶ瀬(風林火山)▲49.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月13日トータル結果

ABEMAS(多井3着・松本1着)+45.9
Pirates(瑞原1着・小林3着)+37.9
サクラナイツ(岡田4着・堀2着)▲41.7
風林火山(亜樹2着・松ヶ瀬4着)▲42.1

ABEMAS、Piratesがそれぞれトップ3着でプラスを確保。チーム順位をそれぞれひとつずつあげた。サクラナイツは5位に陥落。しかしまだまだ混戦模様だ。風林火山はプラスポイントが400を切り、麻雀格闘倶楽部との差が大きく縮まってきた。

12月13日終了時点のチームランキング ©ABEMA
12月14日の対局チーム ©ABEMA
12月13日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top