麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
Mリーグ公式PV『プレミアムナイト』が2年ぶり開催 900人が熱狂

Mリーグ公式PV『プレミアムナイト』が2年ぶり開催 900人が熱狂

BULL2021求人ニルウッドカバー

「Mリーグ2021-22プレミアムナイト」が3月31日、六本木のEXシアターにて2020年2月以来、2年ぶりに開催された。

約900人が観戦した会場は、30名の選手が入場すると大きな拍手と歓声で包まれた。

歓声に応える出場チームの選手たち ©Mリーグ

 

会場にはレギュラーシーズンで敗退した雷電とドリブンズの選手も参加。

厳しいシーズンを過ごした雷電の瀬戸熊は、「とにかくファンに支えられた1年だった」と感謝を口にし、来シーズンへのリベンジを誓った。

日吉辰哉と土田浩翔がいつも通りの掛け合いで会場を盛り上げた ©Mリーグ
物販スペースで対応する日向藍子 ©Mリーグ

 

選手4名による豪華なプレイヤー解説

ABEMAS、フェニックス、サクラナイツ、麻雀格闘倶楽部の選手が試合会場に向かうと、残ったチームで先発予想などのトークコーナーへ。

1試合目が始まると、瀬戸熊、丸山、勝又、瑞原によるプレイヤー解説が行われた。

会場の先発予想通りに出場したサクラナイツの内川が1戦目でトップを取ると、2戦目の堀も続いてサクラナイツが2連勝で首位に立った。

試合がない4チームの選手が会場向けに解説を行った ©Mリーグ

 

22時45分までに試合が終われば、選手がパブリックビューイング会場に戻って来られるというところで、ギリギリの時間に対局が終了。

選手が戻って来た会場では、堀の勝利後のダブルピースに対して白鳥が「どういうつもりでやってるんですか?」と突っ込むと、すかさず岡田も「ちょっといいですか?キミが言う?」と応戦するなど、出場しなかった選手も最後までファンを楽しませた。

サクラナイツが2連勝で首位に躍り出た ©Mリーグ

ファイナル最終日の4月26日(木)にパブリックビューイング開催決定!

「Mリーグ2021-22」ファイナル最終日の4月26日(木)にパブリックビューイング開催決定!

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top