麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【チーム連対率】チーム連対率首位はABEMAS!トータルスコアにも繋がる安定感を示す指標!【データから見るMリーグ #13】

【チーム連対率】チーム連対率首位はABEMAS!トータルスコアにも繋がる安定感を示す指標!【データから見るMリーグ #13】

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

Mリーグ2020レギュラーシーズンが3月12日に閉幕。麻雀ウォッチではレギュラーシーズンの各種データを公開します!

過去3シーズンのチーム連対率!

【チームトップ率&4着回避率】4着回避だけでは勝ち切れない!?トップ率、4着回避率とトータルポイントの相関関係に迫る!【データから見るMリーグ #11】

先日チーム別のトップ率、4着回避率のデータを掲載したが、今回は連対率について掲載する。トータルポイントとの親和性も確認していく。

2018レギュラー連対率

2018シーズンは麻雀格闘倶楽部が連対率1位。とはいえこの年は大混戦で連対率最下位のフェニックスでも46.25%という数値で大混戦であったことが見て取れる。

連対率50%のABEMAS、風林火山が大きくポイントをプラスしていることから、連対率単体では大きな優位とは言えない可能性も感じられる。

2019レギュラー連対率

2019シーズンはポイント首位のフェニックスが連対率でも首位となった。見どころとしては、Piratesと麻雀格闘倶楽部の数字。Piratesの方が連対率は若干上だが、トータルポイントでは麻雀格闘倶楽部の方がおよそ400近く上回っている。

2020レギュラー連対率

2020シーズンはチームの好不調が激しいシーズンとなり、ABEMAS、サクラナイツ以外のチームは連対率50%を割り込む結果となった。ドリブンズ、麻雀格闘倶楽部、Piratesの連対率は同じ数字となったが、トータルスコアでは250ポイントほどの差が出る結果となった。

3シーズン合計のチーム別連対率

3シーズン分の連対率を下記にまとめた。

レギュラーシーズントータルチーム連対率ランキング
順位 チーム名 連対率 トータルポイント
1 ABEMAS 56.15% 1113.2
2 サクラナイツ 53.33% 545.7
3 麻雀格闘倶楽部 49.62% 65.7
3 フェニックス 49.62% ▲71.3
5 Pirates 49.23% ▲565.8
6 ドリブンズ 48.85% ▲288.2
7 風林火山 47.69% ▲301.2
8 雷電 46.92% ▲518.1

3年間での合計数値はおおむねトータルポイントとの比例関係であることが確認できた。単年だと大きくトータルポイントには響きづらいが、3年間のトータルだと響いてくるパラメータであるという部分では前回取り扱った4着回避率とかなり酷似した指標であるということがわかった。

 

次回は個人別連対率のデータを確認していく。

※データはすべて2021年3月12日終了時点。全レギュラーシーズンのデータ

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top