麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【個人トップ率&4着回避率】トップ率1位は内川、4着回避率は小林が首位!トップ率はトータルスコアとの相関関係アリ!【データから見るMリーグ #12】

【個人トップ率&4着回避率】トップ率1位は内川、4着回避率は小林が首位!トップ率はトータルスコアとの相関関係アリ!【データから見るMリーグ #12】

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

Mリーグ2020レギュラーシーズンが3月12日に閉幕。麻雀ウォッチではレギュラーシーズンの各種データを公開します!

過去3シーズンの個人トップ率&4着回避率!

【個人平均順位データ】堀、多井、寿人がトップスリー!トータルポイントとの比例関係は・・・!?【データから見るMリーグ #10】

先日個人別の平均順位データを掲載したが、今回はトップ率&4着回避率について掲載する。トータルポイントとの親和性も確認していく。

2018レギュラートップ率
2018レギュラー4着回避率

2018シーズンは多井がトップ率首位、4着回避率は滝沢が首位となった。ポイントの全体傾向を見てもトップ率の方がトータルスコアに直結しやすいデータであることが見えてくる。

2019レギュラートップ率
2019レギュラー4着回避率

2019シーズンは全体的にトップ率が高い選手が4着回避率でも上位に位置している選手が多めのシーズンとなった。その中でも小林はトップ率は25%前後だったが安定した戦いでトータルポイント200を突破。抜群の安定感を発揮した。

2020レギュラートップ率
2020レギュラー4着回避率

2020シーズンは、調子の良い選手と苦しむ選手の2局化が激しく、トップ率、4着回避率の順位が連動している選手が多くなった。そんな中でもPirates・小林は個性を発揮しトップ率は20%未満ながらも驚異的な4着回避で個人ポイント300以上プラスとした。

3シーズン合計のチーム別トップ率&4着回避率

3シーズン分のトップ率&4着回避率を下記にまとめた。

順位 選手名 トップ率/試合数 通算スコア
1位 内川幸太郎 35.71%/56試合 435.6
2位 白鳥翔 33.80%/71試合 86.1
3位 佐々木寿人 33.33%/96試合 803.1
4位 多井隆晴 32.91%/79試合 922.1
5位 近藤誠一 32.35%/68試合 429.7
6位 堀慎吾 32.14%/28試合 275.6
7位 黒沢咲 30.86%/81試合 460.7
8位 鈴木たろう 29.65%/81試合 -89
9位 村上淳 28.77%/73試合 327.6
10位 日向藍子 27.27%/33試合 56.7
11位 前原雄大 25.00%/68試合 -86.7
12位 茅森早香 24.36%/78試合 -113.1
13位 園田賢 24.42%/86試合 -283.1
14位 沢崎誠 24.19%/62試合 -46.3
15位 魚谷侑未 23.75%/80試合 23
16位 瀬戸熊直樹 23.66%/93試合 -205.5
17位 岡田紗佳 23.53%/34試合 -119.2
17位 和久津晶 23.53%/34試合 -410.9
19位 滝沢和典 22.92%/96試合 128.6
20位 瑞原明奈 22.86%/35試合 -219.7
21位 松本吉弘 22.08%/77試合 48.3
22位 勝又健志 21.74%/92試合 -56.9
23位 小林剛 21.59%/88試合 432.9
24位 藤崎智 20.51%/39試合 -230.3
25位 朝倉康心 20.00%/75試合 -258.6
26位 二階堂亜樹 18.06%/72試合 -372.9
27位 高宮まり 17.54%/57試合 -420.4
28位 萩原聖人 17.44%/86試合 -773.3
29位 石橋伸洋 16.13%/62試合 -520.4
30位 丸山奏子 15.00%/20試合

-243.7

トップ率1位はサクラナイツ・内川幸太郎、上位選手は軒並みトータルスコアもプラスの結果となった。Pirates・小林はトップ率23位ながらもトータルスコアは上位。気になる4着回避率は・・・!?

順位 選手名 4着回避率/試合数 通算スコア
1位 小林剛 90.91%/88試合 432.9
2位 堀慎吾 82.14%/28試合 275.6
3位 滝沢和典 81.25%/96試合 128.6
4位 多井隆晴 81.01%/79試合 922.1
5位 村上淳 80.82%/73試合 327.6
6位 藤崎智 79.49%/39試合 -230.3
7位 佐々木寿人 78.13%/96試合 803.1
8位 近藤誠一 77.94%/68試合 429.7
9位 魚谷侑未 77.50%/80試合 23
10位 内川幸太郎 76.79%/56試合 435.6
11位 黒沢咲 76.54%/81試合 460.7
12位 岡田紗佳 76.47%/34試合 -119.2
13位 二階堂亜樹 76.39%/72試合 -372.9
14位 朝倉康心 76.00%/75試合 -258.6
15位 日向藍子 75.76%/33試合 56.7
16位 茅森早香 74.36%/78試合 -113.1
17位 石橋伸洋 74.19%/62試合 -520.4
18位 松本吉弘 74.03%/77試合 48.3
19位 勝又健志 73.91%/92試合 -56.9
20位 前原雄大 73.53%/68試合 -86.7
21位 瀬戸熊直樹 73.12%/93試合 -205.5
22位 高宮まり 71.93%/57試合 -420.4
23位 沢崎誠 70.97%/62試合 -46.3
24位 白鳥翔 70.42%/71試合 86.1
25位 鈴木たろう 70.37%/81試合 -89
26位 瑞原明奈 68.57%/35試合 -219.7
27位 園田賢 67.44%/86試合 -283.1
28位 萩原聖人 66.28%/86試合 -773.3
29位 丸山奏子 60.00%/20試合 -243.7
30位 和久津晶 58.82%/34試合 -410.9

Pirates・小林が90%を越える圧倒的な4着回避率で1位。88試合でわずか4着8回という驚異的な安定感で3年間を戦い抜いた。長期的にみると4着回避率上位の選手はトータルでもスコアをプラスしている選手が多い。4着回避率が圧倒的に高い選手がチームに一人でもいればチームとして大きく戦いやすくなるだろう。

次回はチームの連対率のデータを確認していく。

※データはすべて2021年3月12日終了時点。全レギュラーシーズンのデータ

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top