麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
調子に乗らない男、多井隆晴の日常!決勝 第1節 3回戦レポート

調子に乗らない男、多井隆晴の日常!決勝 第1節 3回戦レポート

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

11/8(火)17:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDマンスリーリーグ決勝 第1節 3回戦の様子をお届けします。

対局者は、起家から順に

多井 隆晴(RMU)

瀬戸熊 直樹(日本プロ麻雀連盟)

佐々木 寿人(日本プロ麻雀連盟)

藤田 晋(株式会社サイバーエージェント代表取締役社長)

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

2016RTD_決勝1節3回戦_1_R

2回戦および2回戦終了時トータルポイントは↑の通り。

 

多井の連勝で迎えた3回戦。

さすがにこれ以上多井に走られるのはまずい。

すると、そんなことはわかっているとばかりに、3回戦連続で瀬戸熊が開局に先制。

2016RTD_決勝1節3回戦_2_R

高目のをツモって1300・2600。

多井にオヤかぶりさせる。

 

しかし、多井もすぐに反撃。2巡目にこのリーチをかけていく。

2016RTD_決勝1節3回戦_3_R

だが、こういうリーチを一人旅にさせないのが今回の決勝メンバー。

2016RTD_決勝1節3回戦_4_R

今局では、藤田が押し切ってこのリーチまでたどり着くと、安目ながらを引いてウラ1の1000・2000で多井のリーチをかわす。

2016RTD_決勝1節3回戦_5_R

 

その後、なかなか決め手が出ないまま、南1局を迎えると、ここで高打点のテンパイを手にしたのはオヤの多井。

2016RTD_決勝1節3回戦_6_R

絶好のドラ引きでダマテンに構え、誰が掴んでも打ちそうなで18000を狙った。

 

ここに、瀬戸熊がリーチで対抗する。

2016RTD_決勝1節3回戦_7_R

 

すると、多井もをツモ切ってリーチを宣言。

2016RTD_決勝1節3回戦_8_R

 

そして、両者のアガリ牌一発ツモで決着。

2016RTD_決勝1節3回戦_9

ツモったのは多井。

2016RTD_決勝1節3回戦_10_R

これがウラ3となり、望外の6000オールとなる。

多井は言う。

多井「リーチが入っていなかったら単騎に替えていたかもしれなかった」

― 、瀬戸熊さんにアタリですよ。

多井「ほんと?やっぱ、あれなんだ?じゃー放銃だったかも。ちなみに、リーチが入る前だったら、はツモってもアガらずツモ切ろうかなとも思ってたんだよね」

つまり、瀬戸熊のテンパイがこの巡目でなければ、もしくは多井に来たが1巡早ければ、この6000オールは生まれず、高確率で失点していたことになるのだ。

多井のバランス感覚が鋭いのは前提として、多井の選択がことごとく針の穴に糸を通すように高打点で仕上がる。

何やら、非日常的な順風に乗っているように見える。

 

しかし、そんな望外の結果にも浮かれることなく、多井は日常生活を営む。

続く1本場、まずは西家の佐々木がと2つポンしてこのテンパイ。

2016RTD_決勝1節3回戦_11_R

の両面マンガンに受けず、切りでトイトイのハネマンテンパイに受けた。

 

そこに、またしてもやってきたのは多井。

2016RTD_決勝1節3回戦_12_R

強烈な待ちテンパイが入り、ダマテン。

 

2016RTD_決勝1節3回戦_13_R

そして、佐々木がアガリ逃がしとなるをツモ切った直後、これを咎めるかのように多井がツモアガリを決めた。

2016RTD_決勝1節3回戦_14_R

テンパイ即ツモの4000オール。

ところで、「これはリーチではないのか?」と思われた方もいたのではないだろうか。何しろ私もその1人であるため、多井に尋ねてみた。

― あの、リーチしないんですね?

多井「そうだね。ああいうのを調子乗ってリーチすると、絶対どこかでラス引くから。ぼくはああいうのリーチできないんだよ。それに、ヒサトの現物で切る人がいるかもしれないし、ヒサトがトイトイでトイツかもと思ってたからね」

つまり、このダマテンは多井の日常なのだ。

これだけの追い風を受けながら、ただ淡々と日常生活を続ける多井。

普通のプレイヤーならば、その追い風に飛ばされ、地に足がつかなくなるところだが、多井は違う。

実力と順風の区分。

その客観的視点が、多井を支える原点なのかもしれない。

 

これでダントツになると、南3局でも平常運転。

2016RTD_決勝1節3回戦_15_R

ポン、チーでテンパイを果たすと、生牌同士のシャンポンに受けず、1枚切れのペン待ちに受ける。

2016RTD_決勝1節3回戦_16_R

すると、ヤマに3枚残りのを引いて1300・2600。

さらに持ち点を積み上げ、3連勝を決めた。

2016RTD_決勝1節3回戦_17_R

2016RTD_決勝1節3回戦_18_R

とはいえ、やはり「順風が過ぎる」と思っている多井の表情は冴えない。

多井の日常が、非日常の順風さえもコントロールし始めた。

 

■次回放送(決勝最終節):11月23日(水・祝) 16:00~ AbemaTV麻雀チャンネルにて

 

藤田晋invitationalRTDマンスリーリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、7節28回戦を争う。
優勝者には2016年麻雀最強戦ファイナルへの出場権が与えられる。

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

PC版:http://abema.tv
iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
AbemaTV麻雀ch:https://abema.tv/now-on-air/mahjong
RTDマンスリーリーグ公式サイト:https://rtdmonthly.amebaownd.com/
AbemaTV麻雀ch公式Twitter:https://twitter.com/abema_mahjong
RTDマンスリーリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送):https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top