麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
リードを広げにかかる瀬戸熊!追い上げる多井!決勝 第1節 2回戦レポート

リードを広げにかかる瀬戸熊!追い上げる多井!決勝 第1節 2回戦レポート

CABO求人ニルウッドカバー

11/8(火)17:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDマンスリーリーグ決勝 第1節 2回戦の様子をお届けします。

対局者は、起家から順に

瀬戸熊 直樹(日本プロ麻雀連盟)

多井 隆晴(RMU)

佐々木 寿人(日本プロ麻雀連盟)

藤田 晋(株式会社サイバーエージェント代表取締役社長)

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

2016RTD_決勝1節2回戦_1_R

1回戦の結果は↑の通り。

 

1回戦と同じように、今回も東1局で瀬戸熊がリードする。

まずは、ホンイツで仕掛けると、高目のをツモって4000オール。

2016RTD_決勝1節2回戦_2_R

 

続いて、1本場では8巡目にチートイツイーシャンテン。

2016RTD_決勝1節2回戦_3_R

この形となっては、ドラのの3枚を残し、切りでチートイツ1本に狙いを定めるのが自然に見える。

しかし、瀬戸熊は切り。佐々木の変則的な切り出しを見て、字牌があてにならないことを加味し、メンツ手の線もギリギリまで残した。

これが大正解。

2016RTD_決勝1節2回戦_4_R

ここからと引いてリーチをかけると、一発でをツモって6000オール。

瀬戸熊が一気にダントツとなる。

 

瀬戸熊を追ったのは藤田。

2016RTD_決勝1節2回戦_5_R

東2局で、リーチツモイッツーを決めるとウラ2。3000・6000でまずは持ち点を原点まで回復する。

 

すると、東4局のオヤ番では、ここからをポンしていく。

2016RTD_決勝1節2回戦_6_R

その後、イーシャンテンからポンでさらに広いイーシャンテンへ。

2016RTD_決勝1節2回戦_7_R

このにはなかなか声が出ない打ち手が多いと思うが、藤田は「2枚目のをポンしておかないと、アガれないんで」と言ってのけた。

 

これに対し、多井がリーチで対抗する。

2016RTD_決勝1節2回戦_8_R

 

藤田も一歩も退かず、カンチー打でようやくテンパイを果たす。

2016RTD_決勝1節2回戦_9_R

は4枚見えているため、残りはのみという苦しい待ちだが、なんとかテンパイまでこぎつけた。

 

この仕掛けの直後、手を止めて長考に入ったのは瀬戸熊。

2016RTD_決勝1節2回戦_10_R

カン待ちのテンパイを組んでいた瀬戸熊、を切ればスーアンコのテンパイ、を切ればサンアンコのテンパイになる。

持ち点の潤沢さを考えれば、でオリていくのがマジョリティだろうか。

2016RTD_決勝1節2回戦_11_R

瀬戸熊の出した答えは、切りリーチ。

2016RTD_決勝1節2回戦_12_R

暴君・瀬戸熊らしく、大トップ目に似つかわしくないドラ切りのスーアンコテンパイを選択し、藤田に12000を献上する。

瀬戸熊は言う、「はほぼアタリだと思ったけど打った」。

点数を持っても、攻めてリードを広げていこうとする。これが瀬戸熊直樹の強さである。

 

これでトップ争いは瀬戸熊と藤田の並びとなったが、南2局にまたしても多井が4000オールでトップ争いに食いこんでくる。

2016RTD_決勝1節2回戦_13_R

 

そして、南3局、逆転を狙う多井は、ここからを鳴かない。

2016RTD_決勝1節2回戦_14_R

2本場と供託1000点があるのだが、この手牌ならトップへの決め手になるかもしれないため、門前を維持した。

しかし、13巡目ともなれば、話は違う。

2016RTD_決勝1節2回戦_15_R

ここではバックのテンパイを組んでいくと、終盤にリーチをかけた佐々木がを掴み、多井が見事な2000。

2016RTD_決勝1節2回戦_16_R

多井は、持ち点と手牌の折り合いをつけるのが本当にうまい。

麻雀というゲームの「ギリギリでアガれる最高打点をアガる」という本質を、実にうまく解釈している。

 

これで、オーラスでは3900出アガリか1000・2000ツモ条件となった多井は、7巡目のこのドラ切りテンパイをダマテンに構えた。

2016RTD_決勝1節2回戦_17_R

ならばどうアガってもトップであるため、を見逃してのみアガる腹積もりである。

 

しかし、ここで、少しでも素点を稼ぎたい佐々木からリーチが入った。

2016RTD_決勝1節2回戦_18_R

 

佐々木から供託が出たことにより、リーチしてツモの700・1300でも同点トップとなる多井は、次巡にツモ切りリーチを敢行する。

2016RTD_決勝1節2回戦_19_R

すると、なんと佐々木がを一発で掴み、ウラも乗って8000。

2016RTD_決勝1節2回戦_20_R

これで多井がトップを逆転し、開幕2連勝を飾った。

2016RTD_決勝1節2回戦_21_R

2016RTD_決勝1節2回戦_22_R

開幕2連勝にも、やはり浮かない顔の多井。本人的にはそこまで大差がつく内容ではないということらしい。

残り6回あるとはいえ、連勝者が出たとなると少し状況が変わってくる。

ここから3者が多井を引きずり下ろすのか、はたまた多井が3者の包囲網を破るのか、注目が集まる。

 

■次回放送(決勝最終節):11月23日(水・祝) 16:00~ AbemaTV麻雀チャンネルにて

 

藤田晋invitationalRTDマンスリーリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、7節28回戦を争う。
優勝者には2016年麻雀最強戦ファイナルへの出場権が与えられる。

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

PC版:http://abema.tv
iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
AbemaTV麻雀ch:https://abema.tv/now-on-air/mahjong
RTDマンスリーリーグ公式サイト:https://rtdmonthly.amebaownd.com/
AbemaTV麻雀ch公式Twitter:https://twitter.com/abema_mahjong
RTDマンスリーリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送):https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top