麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
Mission「多井の4連勝を阻止せよ」!決勝 第1節 4回戦レポート

Mission「多井の4連勝を阻止せよ」!決勝 第1節 4回戦レポート

CABO求人ニルウッドカバー

11/8(火)17:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDマンスリーリーグ決勝 第1節 4回戦の様子をお届けします。

対局者は、起家から順に

佐々木 寿人(日本プロ麻雀連盟)

多井 隆晴(RMU)

瀬戸熊 直樹(日本プロ麻雀連盟)

藤田 晋(株式会社サイバーエージェント代表取締役社長)

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

2016RTD_決勝1節4回戦_1_R                    

3回戦成績およびトータルポイントはこちら↑

 

2位に200差をつけた多井がこのまま初日4連勝を決めてしまうと、残り4回あるとはいえ、初日の結果をもってほぼ投了となる。

追う3者としては、多井にトップを取られるのだけはまずい。

 

しかし、3者の思惑とは逆に、先制したのは多井だった。

2016RTD_決勝1節4回戦_2_R

瀬戸熊がで5200の放銃となる。

 

追う3者としては、当然このまま多井を逃がすわけにはいかない。

そんな中、ラス目の藤田が意地を見せる。

2016RTD_決勝1節4回戦_3_R

として三色を見つつ、最低でもメンタンピンを確保するのが基本手順だろう。

一方の藤田は、ここから打とする。

これは、ドラ引きの三色か、最低でもでのイーペーコーでマンガン以上を確定させる、超高打点の打牌だ。

すると、藤田の選択がピタリとはまり、を引いてリーチすると、ツモってウラ1の3000・6000。

2016RTD_決勝1節4回戦_4_R

藤田が多井をかわしてトップ目に躍り出た。

 

しかし、次局にはまた多井がオヤでの攻撃。

2016RTD_決勝1節4回戦_5_R

前巡にポンから入ると、次巡にを引き入れテンパイ。

イーシャンテンの瀬戸熊がツモ切りで、多井が大きな7700を加点した。

2016RTD_決勝1節4回戦_6_R

多井がわずか1局で再逆転トップに返り咲く。

 

南3局では、オヤの瀬戸熊がをポンせず、門前テンパイを入れてリーチ。

2016RTD_決勝1節4回戦_7_R

2016RTD_決勝1節4回戦_8_R

これをツモるとウラも乗り、4000オールで勝負を振り出しに戻した。

 

すると、1本場でも瀬戸熊がチートイツに見えにくい河を作ってリーチ。勝負を決めにいく。

2016RTD_決勝1節4回戦_9_R

この時点ではヤマに2枚生きている。

 

2016RTD_決勝1節4回戦_10_R

しかし、誰よりもトップがほしいトータルラス目の佐々木が真っ直ぐ押し返し、終盤にようやく追いつくと、瀬戸熊が一発でを掴んで8000。

2016RTD_決勝1節4回戦_11_R

佐々木がラス目から一気にトップ目まで駆け上がり、佐々木・多井・藤田の三つ巴でオーラスを迎える。

 

アガリトップの佐々木と多井がいるため、スピード勝負となるオーラス。

オヤの藤田は、カンチーから入ると、もポンできてテンパイ1番乗りを果たす。

2016RTD_決勝1節4回戦_12_R

ドラ雀頭の5800で、打点・待ちともに申し分ない。これをアガれば、いったんトップ目に立つことができる。

 

ここに、ポン、チーで瀬戸熊が追いついた。

2016RTD_決勝1節4回戦_13_R

を藤田から直撃すれば逆転3着、多井直撃でも多井を3着に落とすことができるが、それより重要なのは、佐々木から出アガリしてはいけないということ。

佐々木から出アガリしては、多井がトップとなり、トータルでさらに大きな差が開いてしまう。

 

このテンパイ2軒に挟まれては、攻撃的な佐々木とはいえ、いったん回らざるを得ない。

2016RTD_決勝1節4回戦_14_R

のトイツ落としで迂回し、手を組み直す。

 

すると、このに声がかかるのだからたまらない。

2016RTD_決勝1節4回戦_15_R

声の主は西家の多井。

多井は、苦しい形ながらも、をポンして前進することを選んだ。

多井「この局面では着順操作が入るので、自分がアガる以外には自分がトップで終わる方法はない」

すると、多井の意志に、またも牌が応える。

2016RTD_決勝1節4回戦_16_R

すぐにペンを引き入れ、テンパイを果たすと…

2016RTD_決勝1節4回戦_17_R

直後に藤田がを掴み、多井が4連勝を決めた。

2016RTD_決勝1節4回戦_18_R

2016RTD_決勝1節4回戦_19_R

放銃の瞬間、投了にも似た格好でがっくりと肩を落とした藤田が印象的であった。

2016RTD_決勝1節4回戦_20_R

2016RTD_決勝1節4回戦_21_R

初日4連勝という偉業を成し遂げたにもかかわらず、多井の表情はやはり浮かない。

控室に戻ってきても、いつもの高いテンションでの多井節は出ず、そそくさと帰ってしまった。

これから映像を見直して、反省をするのだと言う。自分でも気づく微妙な選択があったのだろう。

どんなに追い風が吹いていようと、地に足の着いた多井の日常は変わらない。

 

この多井を崩すのは誰なのか。

それこそ、多井に連続ラスを引かせるような偉業を成し遂げない限り、逆転は難しいが、それでもやるしかない。

多井が逃げ切るのか!?奇跡の大逆転があるのか!?

11月23日、いよいよ優勝者が決定する。

 

■次回放送(決勝最終節):11月23日(水・祝) 16:00~ AbemaTV麻雀チャンネルにて

 

藤田晋invitationalRTDマンスリーリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、7節28回戦を争う。
優勝者には2016年麻雀最強戦ファイナルへの出場権が与えられる。

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

PC版:http://abema.tv
iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
AbemaTV麻雀ch:https://abema.tv/now-on-air/mahjong
RTDマンスリーリーグ公式サイト:https://rtdmonthly.amebaownd.com/
AbemaTV麻雀ch公式Twitter:https://twitter.com/abema_mahjong
RTDマンスリーリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送):https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top