麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
控えめ藤田の3分間クッキング!RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第1節 3、4回戦レポート

控えめ藤田の3分間クッキング!RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第1節 3、4回戦レポート

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

2/2(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグWHITE DIVISION 第1節 3、4回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

3回戦の対局者は、起家から順に

内川 幸太郎(日本プロ麻雀連盟)

石橋 伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)

藤田 晋(株式会社サイバーエージェント代表取締役社長)

鈴木 たろう(日本プロ麻雀協会)

2回戦終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_1_R                

 

前回、開局6000オールで先制しながらも、3着まで転落してしまった内川が、今回こそはと開局でまたも先制する。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_2_R

内川が、2枚切れの苦しいペンツモで4000オールを決めた。

 

ところが、ここから、コメントではいつも控えめな、あの男がやってくる。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_3_R

開局前、藤田は「まだ初日なんで、平和に終わりたいですね(*´▽`*)」

と控えめに答えた。

しかし、卓につくなり、いけると思えばとことんまでいくのが藤田である。

 

まずは、このテンパイ。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_4_R

リーチにいく打ち手もいるだろうし、リーチという選択もそこそこに成績がまとまりそうな選択ではあると思われる。

しかし、そこそこな成績など求めていない藤田は、ここからを切っていった。

すると、次巡にツモでリーチ。これを高目ツモの3000・6000に仕上げる。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_5_R

 

ところが、オヤ番を迎えた藤田に、内川のリーチが襲い掛かる。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_6_R

打点、待ちともにそこそこという当然のリーチだったが、これが藤田の俎上にのった格好になってしまう。

 

同巡、藤田が追いかけリーチをかけ、内川から一発でを打ち取った。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_7_R

リーチ宣言牌は、ピンフのつくではなく、安全度でを選ぶ繊細ぶりで12000。

 

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_8_R

そして、次局には、またしても内川のリーチを受けるが、をポンして藤田も追いつく。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_9_R

そこに持ってきた4枚目のをどうするか?現状、ハイテイは藤田である。

リーチが入っており、ドラを増やさないためにカンしない選択肢もあるが、藤田はカンを選択。

このままツモ切れば瞬間の放銃率は減るが、「リンシャンは自分だけの1役」なのに対し、「ハイテイは相手の1役」でもある。

そこで、相手のウラドラが増えてしまうリスクは承知で、待ちの強さを武器に、自分が先にアガり切るための選択をしていったというわけだ。

結果的に、リンシャンでツモではなかったが、次巡にツモアガリ。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_10_R

待ちの良さを活かしたバランスの良い押し引き感覚で、わずか数分間で2アガリ。あっという間に対局者を料理してしまった。

 

すると、もう藤田の1人舞台。

南場のオヤ番でも、マンズのホンイツで仕掛けた内川がまだ字牌すら余っていないことを見ると、ピンフをきっちりリーチ。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_11_R

ヤマに残っていそうなピンズをツモってダメ押しを決めた。

 

そして、仕上げは1本場のこの仕掛け。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_12_R

この巡目のカンチーである。

藤田の手牌が見えているこちらからは、何ということのない手牌だ。

しかし、対峙する3者からこの仕掛けはこう見える。

ダントツのオヤが、タンヤオのみの遠い仕掛けをするはずがない。ということは…ドラの絡みか

藤田の思惑通り、そう考えた内川とたろうがオリ。

ドラ単騎で押した石橋のテンパイをあぶり出すと、石橋に対してでオリて流局に持ち込んだ。

バリエーション豊富な藤田が縦横無尽に駆け回り、3者を翻弄。完璧なゲーム回しで大トップを奪取している。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_13_R

 

続く4回戦では、勝又が先行する展開となったが、南3局でオヤ番の村上への放銃もあり、オーラスを迎えて、1700点差に4人がひしめく大混戦!

村上の2フーロ、瀬戸熊のテンパイをかいくぐり、勝又が仕掛けてアガり切ってトップを死守した。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_14_R

勝又としては、辛くも逃げ切り、一安心といったところ。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_15_R

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_16_R

 

大トップでトータル首位に躍り出たのは藤田。

RTDリーグ2017_WHITE_第1節3-4 回戦_17_R

対局後のインタビューでも、控えめに「無欲の勝利」と語ったが、その表情は自信に満ち溢れていた。

 

■次回5、6回戦は2/6(月)21:00~ AbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/8TgSxnUgWVTPfV

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top