麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
変化球の藤田、直球の白鳥! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第3節 17、18回戦レポート

変化球の藤田、直球の白鳥! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第3節 17、18回戦レポート

CABO求人ニルウッドカバー

3/30(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第3節 17、18回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

16回戦終了時の成績はこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_1_R 

 

17回戦では、ハネマンをツモって先制した滝沢を猿川がまくると、南1局でも猿川が3軒リーチを制してマンガンツモ。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_2_R

これでトップを決め、マイナスを100付近まで減らすことに成功した。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_3_R

 

続く18回戦は、起家から順に

多井 隆晴(RMU)

藤田 晋(株式会社サイバーエージェント代表取締役社長)

白鳥 翔(日本プロ麻雀連盟)

平賀 聡彦(最高位戦日本プロ麻雀協会)

 

私は野球をあまりよく知らないが、投手なら、藤田は球種を多く持つ変化球投手。

手順、押し引きともに、様々なバリエーションであっと驚かせてくれる。

一方、白鳥は直球タイプの投手。

球種としてはほぼ直球のみなのだが、その緩急と制球の鋭さで、相手を抑える選手である。

 

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_4_R

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_5_R

東1局、北家平賀が2つ仕掛けてジュンチャンドラ1をテンパイした場面。

ここで、白鳥にテンパイが入る。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_6_R

ドラを切らないのであれば切りなどもあるが、白鳥はを打ってダマテンに構える。

すると、このが鳴かれないことを確認し、次巡に空切りリーチといった。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_7_R

手順を変えているのではない。

あくまで手順はオーソドックス。とにかくその正着を正確に積み重ねていくスタイルだ。

白鳥が変えているのは、緩急なのである。

いったんダマテンで緩く構えると、スキを見つけてすぐに剛速球に転じる。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_8_R

その速球が、平賀のを一発で捉えた。

 

一方の変化球投手・藤田はというと、オヤ番でこの手牌。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_9_R

2枚切れのを引いたところで、ピンズのカンチャンを外してホンイツイーシャンテンに構える。

ここからがすごかった。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_10_R

白鳥のこのリーチを受け、藤田はなんとリーチ宣言牌をポンしたのである。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_11_R

確かに、をポンすれば、マンズの2~9まで何を引いてもテンパイできる形となるのだが、このにポンの声が出るのがすごい。

このポンについて、ホンイツを得意とする解説の佐々木でさえ、「絶対鳴けない」と驚嘆の声を上げた。

さて、私もこのポンには驚いたのだが、やはりこれは変化球なのだろうか。

他のプレイヤーに聞いてみた。

多井「鳴かない」

村上「鳴かない」

石橋「鳴いた方がいいと思うし、鳴ける自信がある」

ここまでは印象通りだったのだが、次に聞いた小林の回答が非常に興味深かった。

小林「これは、検討すればポンした方が得という結論になるかもしれない。でも、この瞬間にポンの声が出るかと言われると、たぶん声が出ない。イーシャンテンからイーシャンテンへの鳴きは、そもそもあまり想定していないので」

つまり、このポンは、RTDリーグという土俵の上では、藤田の他には石橋ぐらいしか仕掛けない変化球なのである。

では、この変化球の源泉はどこにあるのだろうか。

RTDリーグ出場者以外に話を聞いたとき、その疑問が少し紐解けた。

最高位戦日本プロ麻雀協会Aリーグ・園田賢「鳴く」

天鳳位・独歩「リーチ宣言牌なら鳴く」

最強位・近藤千雄「鳴く」

日本プロ麻雀協会Aリーグ・橘哲也「鳴く」

麻雀の戦術で新旧を語るのはあまり好みではないが、この結果を見たとき、ポンは「現代風」ということになるのだろう。

その感覚を、RTDリーグという最高峰の選手が揃った重い舞台にも自然体で持ち込むことができる。そこが変化球投手・藤田の強さの源泉だと思うのである。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_12_R

ポンの後、無スジを何枚も切り飛ばし、6000オール。

藤田が、会心の手順でトップ目に立つ。

 

しかし、南場のオヤで白鳥が粘り、藤田に迫った。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_13_R

あとひとアガリで藤田まで届くのだが、ここで平賀のリーチが入ってしまい、一発目に何切る?

現物はなので、一発目とあらばに手がかかりそうだが、白鳥は、まっすぐを打ち出す。

平賀のこの打席、白鳥の決断は全球速球で真っ向勝負だった。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_14_R

すると、多井の追いかけリーチに対しても無スジのを切ってピンフリーチ。

ここは絶対に押し切る。

その熱が、観ているほうにまで伝わってくる。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_15_R

そして、その熱が、平賀のを一発で捉えた。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_16_R

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_17_R

対局後も、熱が冷めない白鳥。

それもそうだろう。

その熱、すなわち緩急に対する精度が、この男を支える源泉なのである。

RTDリーグ2017_BLACK_第3節17-18回戦_18_R

 

■次回はWHITE DIVISIONに移り、19、20回戦を4/3(月)21:00~ AbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9XN5tCVv7LMd3m

 

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top